泡カラー リーゼ プリティアの髪色もどし ナチュラルブラウンを使ってみた!


 

昨日は久しぶりに地元のショッピングセンターに行ってきました。

 

そこに行くときは、いつも寄るドラッグストアがあるのですが、ふとシャンプーが並んでいる棚の奥にある鏡を見ると、

 

髪がパッサパッサで、痛んで見える髪色になっていてびっくり!!

 

店内の光が明るすぎるのもあるけど、この前暗く染めた時よりも色が抜けてかなり明るくなっていました。

 

髪の色が明るすぎると、地味な顔が余計にボケてしまって嫌なんですよね。

 

 

私は髪を染める時は美容院ではなく、いつも市販のカラー剤を使ってセルフで染めています。

 

一時的に髪色を暗くしたい時は、カラー剤よりもカラートリートメントやカラーバターを使いますが、1週間くらいで色落ちしてしまいますよね 汗。

 

 

何度も染めているからか、暗い色に染めても1か月も経たないうちに髪が明るくなってしまうので、

今回はリーゼ プリティア 泡カラー 髪色もどしナチュラルブラウンを使って染めてみました。

 

 

髪色もどしって夏休みの間に染めた中高生や就活前の学生が使っているイメージがありますよね。

 

私はリーゼ プリティアの泡カラー剤を使って染めることが多いです。

 

コームで塗るカラー剤よりも泡カラー剤の方が色ムラになりにくく、満遍なく染めることができるので、セルフカラー初心者にはおすすめ★だと思います。

 

 

髪を染める時はいつも入浴前です。

カラー剤を流すついでに髪の毛を洗えるからね。

箱に入っている内容物は1液、2液、説明書、ポンプ、付属のトリートメントで、説明書の中にゴム手袋が入っています。

それ以外に液が垂れてもいいように床に敷く新聞紙と首に巻くタオルを用意します。

 

染める時の服は首元が開いた服で、脱ぎやすくて汚れても良い服を着た方が良いです。

 

 

それでは説明書通りにやっていきます。

 

他のカラー剤は指のささくれに触れるとめちゃくちゃ沁みますが、プリティアの泡カラー剤は皮膚に付いてもピリピリしないので、安心して染めることができます。

 

それに、カラー剤特有の匂いも全然気にならない点も良いところですが、それでも換気をしながらやった方がいいですね。

 

いつもyoutubeを見ながら、塗布時間を気にせず、マイペースに、適当にやっています。

 

塗り忘れの多い耳の後ろや後頭部は念入りに塗っていきます。

 

頭全体を泡泡にしていきます。

塗り終わったら、少し揉み込んで放置。

 

私の髪質は太くて硬いので、書いてる時間よりもいつも10分くらい長く放置しています。

 

それ以上置くと、頭皮に良くないので止めていますね。

 

 

セルフカラー歴が浅い私ですが、ここで市販のカラー剤で染める時の注意点について言いたいことがあります。

知っている方はスルーしてください。

 

市販のカラー剤で染める時は必ずパッケージや説明書に書かれている使用上の注意事項を読んで理解してから使ってくださいね><;。

 

 

私は注意事項に書いているにもかかわらず、生理中に髪を染めて、頭皮が荒れてしまったことがありました。

 

生理中でも大丈夫だろうと甘く考えていましたが、液を塗っている最中から頭皮がピリピリ痛くていつも染める時と全く違いました。

 

液を流した後もしばらく頭皮が痛かったし、その後数日間、頭皮に刺激を感じていたら、ニキビの様なブツブツが5個くらい出来ました。

 

安易に注意事項は無視できないです。

 

 

セルフカラー初心者の方は私みたいにヤらかさないように注意してくださいね。

 

 

話を戻して、、、

 

時間が来たら、一旦洗い流してから2回シャンプーして、付属のトリートメントをして終わり。

 

この付属のトリートメントのおかげでカラー後でも髪の毛がパサパサしなくてとても良いですよ。

 

 

さて、髪色もどしナチュラルブラウンのビフォーアフターはこちら(↓)。

 


染める前

根元が黒くて、プリン状態。

所々明るい茶色になっています。

 

 


染めた後の翌日

想像していた以上に暗い茶色になりました。

 

暗すぎず、明るすぎない落ち着いた茶色なので、例えば就活なんかで髪を暗くしなければいけない方にはピッタリな色だと思います。

 

これで少しは顔の印象がはっきりしますね!!

ショートヘアーだから顔が少し幼く見えるかもしれませんが;;

 

何日色持ちするかわからないですが、とりあえず染めて良かったです♪

 

使ったカラーはAmazonでも買えます。

 

ではでは、ばいならー!!

 

【追記 2018年1月18日】

 

この時の黒染めは1ヶ月半後にヘナで髪を染める前まで、他人にはわからないくらいの色落ちでした。

 

写真は2回目のヘナをやった時のものです。

市販のカラー剤や美容院のヘアカラーのようにはいきませんが、ヘナでも多少髪色の明るさを変えることができますよ。

 

黒髪戻しをした髪でも、自分にしかわからない程度の色の変化ですが、ヘナで色味を明るくすることが出来ました。

 

 

話は逸れましたが、

私の髪ではこのリーゼ プリティアの髪色もどし(ナチュラルブラウン)は最低1ヶ月、色落ちすることなく保ちました。

 


スポンサーリンク

コメントを残す