赤ニキビ(炎症ニキビ)がある時は半身浴や全身浴は控えるべき


 

 


▲2017年11月2日撮影した赤ニキビ。だんだん化膿していきました。

 

ニキビの中でこもりニキビやしこりニキビの次に厄介なのが赤ニキビ(炎症ニキビ)ですね。

 

見た目も赤くて突起しているので目立ちやすく、ファンデーションを厚塗りしても隠しにくいです。

 

赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、炎症が治まっても確実に肌にダメージを与えてしまっています。

 

よって適切に対処しないと、色素沈着やクレーターなどのニキビ跡が残ってしまいます。

 

私は医師ではないので、医学的根拠に基づいた的確なアドバイスはできませんが、経験上、赤ニキビの炎症を抑えるには抗生物質が有効だと思います。

 

顔や身体中に炎症を起こした赤ニキビが広がっている場合は抗生物質の内服とニキビ治療用の塗り薬を併用した方が早く治ります。

 

ニキビ治療の際に処方される内服の抗生物質としては、ミノマイシンが有名ではないでしょうか。

朝昼夜の1日3回、3日間飲み続ければ、ニキビの炎症が徐々に治まってきます。

 

それにプラスして、ダラシンTゲルやベピオゲルなどの塗り薬で対処するとニキビの炎症を効率よく抑えてくれます。

 

ただし、これはその場しのぎの対処法です。

 

一生抗生物質を飲み続けることはできないので、皮膚科では炎症を一時的に抑える目的で処方されるのがほとんどだと思います。

 

 

今は皮膚科には通っていないので、赤ニキビが出来てもよっぽどでないと抗生物質の内服はしません。

 

 

赤ニキビが出来た時は、個人輸入代行のオオサカ堂さんで買った抗生物質の塗り薬(ローヤルセンス)を使っています。

 

ローヤルセンスは皮膚科のニキビ治療の際によく処方されるダラシンTゲル1%のジェネリック医薬品です。

 

以前皮膚科でもらった抗生物質の塗り薬(↓)


▲クリンダマイシンリン酸エステルゲル1%「イワキ」

 

こちらもローヤルセンスと同一成分(クリンダマイシン)が含まれているので、購入しました。

 

透明のゲルなので、油分を感じず、脂性肌でも使いやすいです。

 

たまに劇ディフェリンゲル0.1%やベンザックジェル2.5%(ベピオゲルのジェネリック医薬品)を塗って乾かした後に、この抗生物質の塗り薬を塗ります。

 

早く治るかは炎症の程度にもよりますが、いつもより早く治りやすいように感じます。

 

ベンザックジェルの方もオオサカ堂さんで購入しました。

 

皮膚科で処方されているものよりも量が多い(約4倍)ので、皮膚科に何回も通う必要はなく、値段も安くて良いですが、輸入なので注文してから届くまで日数はかかりますよ。

 

基本的にニキビの塗り薬を使うのは夜のスキンケアだけです。

 

1日中家にいる日は朝のスキンケアでも使う時はありますが、外出する日やバイトの日は朝のメイク前に塗ってしまうと化粧が崩れやすくなるので使用を控えています。

 

 

私はニキビができた時にはいつも、今までの生活習慣を振り返ったり、生理周期でどの時期(生理前、生理中、生理後、排卵日前後)に出来やすいかを考えたりして、なぜニキビが出来たかを考察するようにしています。

 

 

例えば、

 

ここ最近何をよく食べていたか、

睡眠時間はどれくらい摂っていたか、

3食きちんとバランスの良い食事を摂っていたか など。

 

 

私の場合、赤ニキビができやすい時は生理前の1週間睡眠不足の時便秘の時ですね。

それと、極端に身体が冷えた時香辛料が入っている食べ物を食べた時お酒を飲んだ日の翌日も赤ニキビが出来やすいように感じます。

 

赤ニキビがある時にお酒を飲むと、一時的に炎症が増したりもします。

 

いつまでも抗生物質を飲み続けるわけにはいかないので、薬だけに頼らず、今の生活習慣を見直すのも大切だと思います。

 

 

特にニキビがある時の入浴について私から言いたいことがあります。

 

 

結論から言うと、炎症を伴うニキビがある時は浴槽に浸かる時間を短くした方が良いと感じました。

 

 

私は以前、『半身浴や全身浴は肌に良い!!新陳代謝が上がって汗で老廃物が出るから肌が綺麗になる』という記事を見かけて、肌が綺麗になることを期待して長時間、半身浴や全身浴に励んでいた時期が半年ほどありました。

 

しかし、私の場合は肌が綺麗になるどころか、ニキビの炎症が増したような気がしました。

 

 

私だけかもしれませんが、半身浴や全身浴を始めてから身体に熱がこもりやすくなったし、汗をかきやすくなりました。

汗をかくことは身体に良いことだと言う人もいるかもしれませんが、必要以上に汗をかき過ぎると汗をエサにしてニキビが悪化してしまいますよ。

 

それに気づいてからは半身浴や全身浴は健康上、良いか悪いかの話は置いといて、ニキビにとってはそれほど良くないのではないかと思うようになりました。

 

 

私からすれば、

 

 

ニキビがある状態で長時間入浴するニキビに熱を与えてニキビの炎症をヒートアップさせるという感じでしょうか??

 

 

例えば、熱がある時は入浴を控えた方が良い説とむしろ入浴して汗をかいた方が良い説がありますよね。

日本では前者を推されると思いますが、聞いた話ではインドネシアでは後者らしいです。

もちろん、国に関係なく、人によっても熱だ出た時の対処法が違うとは思いますがね。

 

『熱がある時は入浴を控えた方が良い』という説と同様に、ニキビがある時も長時間の半身浴や全身浴を控えた方が良いと私は思います。

 

とりあえず、顔や身体にニキビがある時はある程度身体が温まった時点で浴槽から出る方が良いですね。

 

以上がニキビがある時の入浴の注意点でした。

 

 

しかし、どんなにスキンケアや生活習慣を見直してもニキビが出来る時はあります。

 

 

私もニキビが出来たらかなり落ち込む方ですが、これ以上見直しようがないなら、

 

こんなにやっているんだ!!

 

と自分ができる範囲のことはきっちりやって、後はニキビのことを考えないようにしてください。

繰り返しできるニキビや治りにくいニキビで悩んでいる方のメンタルの持ち方参照

 

 

ニキビに悩んでいる人の中にはニキビを治そうと色々生活に制限をかけている人もいると思いますが、自分の欲を制限しすぎる生活はかえってストレスになるので、適度に発散してください。

※1年間、大好きなチョコのお菓子を制限していた時ほどニキビが酷かった時はありません。

 

 

ではでは、ばいなら~。

 


スポンサーリンク

コメントを残す