生まれつき一重から一生ものの二重(奥二重)を手に入れる方法

女性にとって顔のパーツの中で最も重要な部位はだと思います。

 

目元の印象が顔全体の雰囲気を醸し出したり、特に『ぱっちりした目』『綺麗な目元』『目力がある』などの周りからの評価を受けやすい部分でもありますよね。

 

また、メイクの中で目が1番自由自在に印象を変えることができるので、そのせいで目に異常な拘りを見せる人もいますよね。

 

 

たいていの女性は『肌はすっぴんでも目だけは!!』と、アイメイクを重視しているように感じますが、誰でも一度は少しでも目を大きく見せようと工夫してメイクをした経験はあるのではないでしょうか??

 

特に一重の人は初めてメイクをするようになってから、『目を大きく見せる(ぱっちりとした目にする)には二重である方が良い』と、段々気づくようになると思います。

 

一重の人は二重の人よりも目の印象が弱いため、雑誌に載っている二重のモデルさんのメイクをマネしても目を大きく見せることは難しいです。

 

そこで、メイクをする時はアイプチやつけまつ毛、メザイクなどありとあらゆる方法で一時的に二重にすると思うんですね。

 

私の意見ですが、メイクをした時とすっぴんの時でギャップを作ることにかなり抵抗を感じます。

 

メイクでぱっちり二重なのに、すっぴんで腫れぼったい一重だったら、いつかすっぴんの自分を受け入れられなくなるのではないかと恐れてしまうからです。

 

メイクをしている時だけ二重よりもすっぴんの時も二重だったら理想ですよね??

 

実際に二重に整形してしまうのも手だと思いますが、整形費用とリスクと周りの目を考えるとなかなか行動に移せないと思います。

 

なので、ただ単に一時的にメイクで二重にするのではなく、整形なしで半永久に二重が持続する方法を紹介したいと思います!!

 

 

前置きが長くなりましたが、

 

一重から二重(奥二重)を半永久に持続させる方法を私の経験談を交えてお話していきます。

 

 

私の目は一重の両親から生まれた生粋の一重まぶたで、かなり薄いまぶたでしたが、周りの人によく『眠いの??』って聞かれるほどいつも眠たそうな目元をしていました。

 

一重の時の写真があまりなくて、幼少期の写真を使うのもあれなので、かなりボケて見づらいですが高校1年生の時の写真の一重まぶたがこちら(↓)

見てのとおり、完全な一重まぶたです。

 

そもそも一重コンプレックス自体はなかったのですが、高校2年生の3月のある日、朝起きると両目とも幅の広い二重まぶたになっていました。

 

この時初めて二重の自分を見て、目がクリクリ、ぱっちりしていて、自分が可愛く見えたのです(今では二重でもそんな風に全く思いません)。

 

学校に行くと、友達に『漫画の目をくっつけたような二重になったね!!』と言われました。

 

その時は少し嬉しかったです。

 

ですが、昼過ぎになるとだんだん二重の幅が狭くなり、元の一重に戻りかけていました。

 

 

せっかくぱっちりとした目になったのに・・・このまま二重がなくなってしまうのは嫌だ!!

 

絶対にこのチャンスを逃すまい!!っと、学校から帰ってきてから、家にあった100均のアイプチの棒で二重の線を何度もなぞって、液でくっつけました。

 

 

寝る前にも二重の線にアイプチを塗って寝ました。

 

次の日になると、前の日よりも二重の幅が狭くなっていましたが、とりあえず二重のままキープされていました。

 

 

それからというもの、寝る前にアイプチを塗るのを1週間ほど続けていたら、アイプチで目が沁みたり、まぶたがかぶれ始めるようになりました。

 

ちょうどその頃、眼科に行く必要があって、目の検査を受けている途中に二重がなくなって、ほぼ一重に戻ってしまったのです。

 

この時めちゃくちゃショックだったのを覚えています。

 

 

とりあえず、また二重に戻すにはアイプチを使う必要があったのですが、目やまぶたの状態が良くなく、その上、アイプチをやり過ぎると皮膚が弛んで伸びてしまうということを聞いたので、アイプチを止めて別の方法で二重にしよう!!とネットで二重の作り方を探すことにしました。

 

その当時、自分のメイクを載せることができるサイトに登録してたんですね。

 

このサイトはメイクが好きな人が集まってメイクのやり方や化粧品の情報を載せているサイトでした(今でもあるかもしれません)。

 

その中に一重を二重にするメイク法が載っていて、見てみると絆創膏を使ったやり方で二重にしていました。

 

絆創膏で二重に出来るなんてお手頃だなあ!!と思ったのと同時に、これだったら自分もできるかも!!っと思ってすぐに実践しました。

 

今では絆創膏で二重にすることはyoutubeでもよく紹介されている方法だと思います。

 

要するに、絆創膏で二重テープを作るということです。

 

用意するものは100均の絆創膏(透明でも肌色でもOK)とはさみと二重プッシャー。

 

目が悪い人は透明の絆創膏よりも肌色タイプの絆創膏の方が扱いやすくてオススメです。

 

まず、自分が希望する二重の線を二重プッシャー(綿棒でもアメピンでもOK)でなぞります。

 

この時、あまり二重幅を欲張らずに、自然な二重の位置やプッシャーを押して二重になりやすい位置、元々二重の線がついている位置での二重の線をなぞってください。

 

欲張って二重の幅を広く作ってしまうと永遠に二重にはなりません。

 

これで絆創膏を貼る前の準備は完了。

 

次に絆創膏を使った二重テープの作り方について。

 

初めて二重テープを使って二重にする人は絆創膏の幅を太く、長く切った方が二重になりやすいです。

 

 

また、まぶたが厚い一重の人やすぐに一重に戻ってしまう人絆創膏の幅を太めにして、希望する二重の線の長さまで切ってください。

 

 

ある程度二重の線がついている人や目を見開くと二重になる人は絆創膏の幅は希望する二重幅より細くしても良いし、長さも短くて大丈夫です。

 

 

そして、伏目にして、作った絆創膏を二重の線のすぐ下に貼ります。

 

一旦目を閉じてから開けると、二重になります。

 

直後に二重にならなくも、寝る前に貼って朝起きると二重になっている時もあります。

 

私は二重の状態を安定させるためにしばらくは昼間でも貼っていました。

細く短く切っていたので、そのまますっぴんで貼っても誰にも気づかれなかったです。

だんだん二重が安定してきたら、寝る前だけ貼っていましたね。

 

私のまぶたには絆創膏を使った時点ですでに二重の線がついていたし、元々まぶたが薄かったせいか、比較的二重にはなりやすい状態ではあったと思います。

 

そんなに時間はかからずに二重になったと思いますが、やはり右目と左目で二重になりやすい・なりにくいということがありました。

 

私の場合、左目の方が早く二重が定着しましたが、右目が二重になりにくく、時間がかかりました。

 

右目に二重の線がたくさんついていたので、起きると毎回違う二重の線で二重になっていたので、毎回違う目になっていましたね。

 

右目に関しては完全に定着するまで約2、3ヶ月はかかったように思います。

 

また、二重を完全に定着させるには、二重の線や位置を癖づけする以外にも目の開き方の癖をつける必要があります。

 

 

アイプチでもアイテープでも二重を作る時は目に力を入れて、見開いた感じで二重にしませんか??

 

 

あの感じを意識してください。

 

最初は目に力を入れて無理して見開く感じで、常に二重を意識します。

指で二重になっているか確かめても良いです。

 

これはけっこう目が疲れて肩が凝ったり、頭が痛くなるので、日常生活に支障が出ると感じる人は無理しないでくださいね。

 

すると、目の開き方に癖がついて二重になります。

 

ただ絆創膏でまぶたの脂肪を上げて二重を作るだけでは二重は定着しません。

 

常にまぶたの筋肉を意識してください。

 

これがなかなか難しい人は高速でまばたきをすると良いですよ。

まばたきをすることでまぶたの筋肉が鍛えられます。

 

ちなみに、まぶたをこすることやまぶたをマッサージすることは目や目の周りの皮膚を刺激して良くないと思うので、オススメしません。

 

目の周りの皮膚は薄いので安易にマッサージをしてしまうと、将来シワになるのは怖いですから・・・。

 

このやり方でかれこれ6年以上二重がなくなることはありません。

 

残念ながら、左右対称の二重にはなっていませんし、幅は狭く線も薄いですが、一応、右目が二重で、左目が奥二重です。

 

 

 

自分で言うのもあれですが、一重の頃の面影は全くないですね。

今では一重には戻りませんが、念のため寝る前に絆創膏を貼って寝ています。

 

貼っている意味があるのかないのかわからないぐらいの絆創膏を貼っているので、もう貼る必要はないと思いますが、万が一、一重に戻ってしまったら嫌なんでね。。。

 

常にこんな感じ(↓)に絆創膏をストックして100均で買った缶に入れています。

 

 

前日の夜に泣きすぎてしまうと、次の日の半日は目が腫れて一時的に一重に戻ることはありますが、この時は自然に二重に戻るまで待ちます。

こんな時はシャワーを浴びたり、まぶたに氷を当てると早く二重に戻りやすいです。

(※なので、二重を定着させるまではできるだけ目を腫らす行為は控えるようにしてください。)

 

二重が定着すれば、例えアートメイクの施術で腫れてしまっても、半日経てばすぐに戻りますよ。

 



こんな感じにね。

 

一重から二重になって良かったことは一重の時よりも目がぱっちりしたことでしょうか。。

 

 

元々目力がないので、二重になってもそんなに変わらなかったように思いますが、(いまだに垢ぬけてはいないけど)芋臭い感じはなくなったかなという感じですかね。

 

二重になってからは母に一重の時よりも目元の印象が優しく見えると言われました。

 

 

高校生や大学生になるとわかりますが、周りが一重よりも奥二重を含む二重の人が圧倒的に多いと感じました。

 

メイクで二重にしている人も多いと思いますが、日本人のほとんどが一重と言われていた昔ほど今では一重が多いとは考えにくいです。

 

実際に中学生の時も一重よりも奥二重や二重の子が多かったですもん。

 

特に私が通っていた学校は校則が物凄く厳しかったので、メイクはもちろん、まゆ毛を剃ることもダメで、目をいじくっている子はほとんどいなかったです。

 

経験上、二重の人が多い環境で一重の人が過ごすと、一重の自分に劣等感が生まれやすいのではないかと考えられます。

 

特に思春期真っ盛りは自分と他人の容姿の優劣を比較してしまいがちなので、一重である自分にコンプレックスを抱きやすく、二重まぶたへの憧れをもちやすいです。

 

また、SNSや雑誌、テレビに出ていてよく目にするモデルや芸能人の多くは二重まぶたで綺麗な人ですよね。

 

二重まぶたは目がぱっちりして愛嬌のある目元に見えるので、一重まぶたのデメリットである目つきが悪い・地味に見える・華がないなどの逆で、愛嬌がある・派手に見える・華があるので魅力的に見えます。

 

そうすると、二重の方が良い・二重の人が美人&美男・二重の人が優れていると思い込んでしまいますが・・・

 

一重には一重の良さがあり、二重には二重の良さがあるということをお忘れなく。。

 

一重でも綺麗な人、可愛い人、かっこいい人はもちろんいます。

 

二重まぶたの人以上に魅力的な一重まぶたを持つ人も絶対にいます。

(大学生の時に同じクラスの子が一重まぶたの美人さんでしたが、一重特有の優しげで穏やかな目元で、とても素敵な人でした。)

 

実際に二重まぶたを崇拝する人や一重まぶたを軽蔑する人はいますが、自分を良く見せるために、絶対に二重まぶたが良いということはありません。

 

 

なぜなら、自分の外見的良さを二重まぶたで潰してしまう可能性もあるからです。

二重まぶたにすることで、一重の時にとれてた顔のバランスが崩れてしまうかもしれないですよ。

 

 

この記事では二重まぶたにする方法を紹介していますが、一重まぶたに対して劣等感をもつ必要は全くありません。

 

私は一重であること自体にコンプレックスを感じたことはなかったのですが、私にとって自力で二重まぶたになれたことはやって良かったことだと思うし、唯一の成功体験だと思っています。

 

一重まぶたで悩んでいる人の少しでも参考になれたら良いなあと思ったので、記事にしてみました。

(※このやり方で全員が確実に二重になるという根拠はありません。二重にするやり方の一つであるということをご了承ください。)

 

ではでは、ばいならー!!

 

【追記 2017年12月28日】

 

5回目のアートメイクを受けてから、この絆創膏を一切使わなくなりました。

 

理由はアートメイクのアイラインが薄くなってしまったら嫌だからです。

 

アイラインを太くしてもらってから、絆創膏の貼る位置がちょうどアートメイクのアイラインと重なっちゃうんですよね。

 

いや、別に絆創膏を貼ったり剥がしたりを繰り返しても、アートメイクのアイラインが剥げることはおそらくないと思いますよ??

 

でも、万が一、それが原因で色が薄くなったり、剥げてしまったら嫌なんでね・・・。

 

それに絆創膏を貼らなくても、相変わらず二重(奥二重)はキープしていますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す