思春期にできるおでこニキビの対処法と治し方

 

 

思春期になって真っ先にニキビが出来る場所といえば、おでこではないでしょうか??

 

私のニキビ履歴 ~中学時代~に書いていますが、私も思春期に入って1番最初にニキビが出来たのはおでこでした。

 

中学1年生の頃。

 

初めて生理が始まる前後でおでこにニキビが出来ました。

 

瞬く間におでこニキビが広がり、

 

細かいブツブツした白ニキビから真っ赤に炎症を起こした赤ニキビ、化膿した黄色ニキビまで、おでこ中がニキビの聖地となってしまいました。

 

前髪を下した状態だと、毛先がニキビに刺さって痒いので掻いてしまい、さらに悪化するというサイクルでニキビが増え続けましたね。

 

この当時、私はお洒落にも自分自身にも非常に無頓着だったので、おでこ中にニキビが出来ていても焦ることはなく、何かするわけでもなくアホ面でぼけーっと過ごしていました。

 

また、洗顔が大嫌いだったというのもあり、ニキビが出来たからといって顔を洗うことはなかったです。

 

非常に不潔な中学生でした。

 

そんな私を見かねた母が皮膚科に連れていきました。

 

そこで処方してもらった石鹸塗り薬でおでこニキビを完全に治すことが出来ました。

 

その石鹸と塗り薬はコラージュ A脂性肌用石鹸とアクアチムローション1%(orクリーム)でした。

 

洗顔は朝と夜の2回で、この石鹸を使っていました。

 

洗顔し終わってからは、化粧水などは使わず、ニキビの部分に塗り薬をつけていました。

これだけですぐに良くなりましたね。

 

塗り薬よりもこのコラージュ A脂性肌用石鹸がとても良かったように思います。

泡立ちも良いし、洗い上がりもさっぱりしていて肌がキュッキュします。

 

かなり脂性肌の人向きの石鹸ですが、敏感肌寄りの人でも使えると思います。

また、透明な石鹸なので、石鹸カスが肌に残りにくいようになっています。

 

これら以外にもおでこニキビの対処法として、

 

☆家にいる時は髪の毛をピンやヘアバンドで上げておく

痒くてもニキビを掻かない(なるべく触らない)

☆皮脂や汗で不潔な状態のまま放置しない(洗顔推奨)

★お風呂の時、洗顔はシャンプーが終わってからにする(頭→顔→身体or頭→身体→顔)

 

 

思春期ニキビは乾燥のせいで引き起こされるというよりもホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されることで出来るので、乾燥させないように保湿するのではなく、過剰に分泌された皮脂を取り除くために洗顔することをオススメします。

 

 

決して皮脂や汗でベタベタした状態の肌のまま、長時間放置してはいけません。

1日の洗顔回数が多くなっても、洗顔するべきです。

 

 

思春期ニキビに関しては、どうしても乾燥して肌がヒリヒリして痛いんだ!!!という場合以外は保湿しなくて良いです。

 

 

私の場合、おでこニキビはすんなり治りましたが、当然治りにくいおでこニキビもあると思うので、中学生や高校生の人でおでこニキビに悩んでいる人は決して自己解決しないで、すぐにニキビを専門に扱ってくれる皮膚科を受診するようにした方が無難ですよ。

 

 

また、私がここで書いていることが100%と正しいということはありませんので、ご了承ください。

 

ではでは、ばいならー!!

スポンサードリンク

コメントを残す