市販黒染め後、明るくしたくて市販カラー復活!!~ル・キアラ~


 

久しぶりに市販のカラー剤を使って髪を染めました。

 

市販のカラー剤を使うのは泡カラー リーゼ プリティアの髪色もどし ナチュラルブラウンを使ってみた!の記事を更新して以来。

 

だから、髪を染めるのは約3ヶ月ぶりじゃないかな??

 

今回使った市販のカラー剤はLE KIARA(ル・キアラ)のガーネットブラウン

 

このカラー剤自体を使うのは今回で2回目ですね!!

市販で売っているカラー剤の中でかなり安い部類のカラー剤になります。

セールで売っていたら500円しないくらいだったかな。

 

黒染め後の初めてのカラーとなります!!

ちゃんと染まってくれるかな??

 

箱の中身は写真のとおり。

説明書、1剤、2剤、使い捨て手袋。

これにプラスして、汚れないように首に巻くタオルと床に敷く新聞紙を用意します。

 

残念ながら、カラー後のトリートメントはついていないです。

 

これは泡カラー剤ではなく、コーム型のカラー剤なので、不器用な私には少々扱いづらいですね。

 

泡カラーの方が断トツで染めやすいし、色ムラにもなりにくいので今度染める時は絶対に泡カラーにします。

 

私は黒髪なので、染めた後は1番左端の色味になると思いますが、黒染めの髪にはどのくらい色が染まるかわかりません。

 

1度美容師の方のブログで、市販の黒染めと美容院での黒染めの違いの記事を見ましたが、市販の黒染めの方が美容院よりもブリーチしても色が抜けにくいため、カラーが入りにくいようでした。

 

なので、市販の黒染め後の髪がチャート通りに染まるかはわからなかったので、少し明るくなったら良いかなっという気持ちで期待しないで染めました。

 

カラー剤の匂いはリーゼ プリティア同様に刺激臭ではなく比較的良い匂いです。

 

ただ、液が指につくと、さかむけ部分がかなり沁みて痛いです(リーゼは痛くない)。

 

このカラーをする前に、実は10月の中旬から11月の初めまでヘナを使っていました。

 

私のニキビ奮闘記であるニキビ・ニキビ跡経過記録20日目にも載せていますが、その時の様子がこちら(↓)。

 

 

本来、ヘナはトリートメント効果を期待して使うものだと思いますが、ヘナの自然の色で髪を染めることもできますよー!!

 

なので、後者を期待して少し赤味を出すために週1のペースで4回ほどやっていました。

 

実際、黒染めをしているにもかかわらず1回目で赤味がほんの少し出て、髪自体もサラサラになりました。

 

ヘナなので、頭皮に刺激を感じず、肌に優しい感じで頭皮が荒れることは一切なかったです。

 

使い続けているうちに少しずつ髪色が明るくなりましたが、これ以上明るくすることは限界のような気がしたので、今回の市販カラー剤を使うことにしました。

 

本当はこの数日前に染めたかったのですが、頭皮が痒いのに耐えきれず、この日(11/26)に染めました。

 

できるだけ根元につかないようにしたかったけど、無理でした 汗。

 

ショートカットなので、1本も使い切らなかったです。

 

塗ってから30分以上置いて、シャンプー2回、コンディショナーして終わり。

 

洗い上がりは髪が全然ギシギシにならなくて良かったのですが、少し頭皮がムズっと。。

 

 

さて、ル・キアラのガーネットブラウンに染める前後の比較はこちら(↓)。

 


染める前

黒染めしてから約3ヶ月後の状態です。

ほんのり赤みが出ている感じはヘナによるものですが、黒染めは色もちがかなり良いことに驚きました。

 

 

 
染めた翌日

 

地毛の黒髪に染めた時よりも全然色が入らなかったですが、なんとなく髪色が明るくなりました。

 

それでも、染まりやすい前髪部分にはちゃんと色が入りましたよ。

染めた後の髪が痛んで見えないところも良かったです。

 

太陽に当たるとまだまだ明るくなると思うので、期待しています。

 

ではでは、ばいならー!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す