ニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて2ヶ月後の比較

 

今年(2017年)の9月29日からニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて11月29日で2ヶ月が経ちました。

 

スタート時点&1ヶ月時点との比較をしながら、2ヶ月時点での考察と反省について書きたいと思います。

 

まず、記録して1ヶ月後の10月30日(記録32日目)時点と2ヶ月後の11月29日(記録62日目)時点の比較写真を載せます。

 

10月30日が(上)で、11月29日が(下)の写真になります。

 

10月30日の眉間には10月10日から出来ていた面疔の跡があり、2ヶ月時点でもまだ残っています。

酷かった時は10月15日のようにこんなに(↓)酷かったですが、

この頃と比べると本当にかなりマシになったので、後は跡を治すのみです。

 

 

頬の赤みが1ヶ月時点よりも2ヶ月時点の方が薄くなりましたね!!

こめかみの色素沈着がまだまだ残っていますが、2ヶ月後の方が少し薄くなったように思います。

 

 

左こめかみ近くのニキビ跡も1ヶ月時点と変わらず濃く残っています。

が、2ヶ月後の方が頬の赤みが全体的に薄くなりました。

 

鼻の左側に大きなニキビは10月25日から出来て28日に破裂し、10月30日の1ヶ月時点にはまだまだ炎症ニキビがある状態ですね。

 

10月30日の鼻ニキビの拡大画像がなかったので、11月3日(記録36日目)(上)と比較すると・・・

11月29日の2ヶ月時点にはニキビの凹凸がほとんどなくなって、後はニキビ跡のみになりました。

 

 

2ヶ月時点の方がニキビ跡の色素沈着が目立ちますが、全体的に肌の赤みは減ったように思います。

しこりはまだ残っていますが、以前よりもしこりの大きさは小さくなったように感じます。

 

11月24日(記録57日目)をピークにあごニキビが減ってきました。


(ピーク時はこんな感じです。)

この時のニキビ跡が濃く残っていますが、炎症を起こしている時よりはかなりマシに見えますね。

こもりニキビの数も少しずつ減り、ニキビの凹凸もなくなりました。

 

 

記録して1ヶ月後と比較すると、今回は2ヶ月後の方が肌の状態が良くなっているように思います。

 

この1ヶ月間で大きく変わった点は・・・

 

完全に夜型サイクルから昼型サイクルに生活リズムを戻すことが出来たことですね。

 

就寝時間についても、自分が寝たい時に眠ることができるので、これだけで健康的な生活を送っている感じがします。

 

また、11月13日(記録46日目)からボタニカルハーブエステジェルを連続使用してから、毛穴の奥にこもっているしこりニキビがどんどん表面に出てきたおかげで、あごのこもりニキビの数がかなり減ったように思います。

表面に出てきた膿をもつニキビの場合は綿棒で潰して中の膿をできる限り出しています。

こうすることでニキビの治りが早くなりました。

 

そして、このボタニカルハーブエステジェルを使用してから、抗生物質の塗り薬やデュアック配合ゲルを使う頻度が格段と減りましたね。

 

今後もボタニカルハーブエステジェルを使い続けていきたいと思っています。

 

このボタニカルハーブエステジェルはボタニカルピールのシリーズですが、これ以上にピーリング効果が期待できるボタニカルピールLevel1(↓)を購入することにしました。


ボタニカルピーリングパウダー&ベースジェルLevel1

まだ使っていないので効果はわかりませんが、肌に合えばボタニカルハーブエステジェルを使いながら2週間に1回使ってみたいと考えています。

 

あと残り1ヶ月でどこまで肌を綺麗にすることができるのか不安な反面、こうやって対策を練るのはワクワクしますね♪

 

3ヶ月時点には劇的ビフォーアフターのように変化があって欲しいですが、この2か月間だけでも伝わっていると思いますが、そう上手くはいかないですよね。。。

 

ニキビに対する11年間分の思いが残り1ヶ月で解消できるとは思えないので・・・。

 

できる限りのことは精一杯やってみるつもりです。

 

考えていることの一つとして、少しサプリメントも変えてみようかと検討中です。

せっかくプロポリスを飲み始めたところですが、一旦中断しようかなと・・・。

まだ考え中なので、それまではプロポリスを飲み続けます。

 

次は1ヶ月後の更新になりますが、3ヶ月時点ではもっと肌が良くなっていますように・・・。

 

ではでは、ばいならー!!

スポンサードリンク

コメントを残す