ニキビ跡改善目的でハーバルピール レベル7を2回受けた時の話①

ハーバルピール

ニキビ跡を綺麗にしたくて受けたハーバルピールについて、私の経験から語れることをまとめてみました。

合計で2回、ハーバルピール レベル7を受けましたよー。

これからハーバルピールを受けたいと考えている方、ハーバルピールに興味がある方向けの記事です。

※この記事に書かれている内容は2014年の4月~5月当時のことです。現在の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

ハーバルピールって何?

ハーバルピールとはハーブピーリングのこと。

ハーブピーリングパウダーを肌の奥まで浸透させることによって肌のターンオーバーを促進して肌を綺麗に再生させる施術なので、

毛穴やシミ、ニキビ、ニキビ跡、脂性肌などの肌トラブルに悩まされている人にとっては効果が高いとされています。

ハーブピーリングの特徴はなんといっても、剥離じゃないでしょうか。

極端な言い方をすると、顔の皮がペロっと剥けちゃいます。

このため、ハーブピーリングにはダウンタイムやホームケア化粧品が必要なことが多く、ハーバルピールも同様です。

もっと知りたい方は“ハーバルピール(HERBAL PEEL)”と検索してみてね。

ハーバルピールにはレベル分けがあり、特にMAXのレベル7は1回の施術でエステを10回受けた分の効果があると言われています。

私は20歳になってすぐにハーバルピールを受けに行きました。

ハーバルピールと出会うまでの経緯

中学の時からずっとニキビに悩まされていた私は当時、皮膚科で処方された劇ディフェリンゲル0.1%のおかげでニキビ自体は良くなってきましたが、今度は残ったニキビ跡が気になっていました。

ニキビ跡の治療法を調べていたら、ハーバルピールの存在を知りました。

その時目に入ったハーバルピールのビフォーアフター写真に衝撃を受けました!!

顔の皮がベロンっと剥がれて、剥がれた後にはつるんっとした綺麗な皮膚が見えた写真が!!

それからはハーバルピールについて調べまくって、どうやらハーバルピールを受けられるのはエステサロンとわかりました。

親に相談すると絶対に反対されるとわかっていたので(笑)、親の同意書が要らない20歳になったら絶対にやろうと決めていました(この時は19歳でした)。

ハーバルピールの公式サイトにはハーバルピールのメニューがあるエステサロンが載っているので、その中から良さそうな所を選んでメールで予約しました。

ハーバルピールの料金は調べた限り、どのエステサロンも初回はお得な料金設定がされていて、一律同じ料金で提供されていたので、どこで受けても差はありませんでした。

ハーバルピールを受ける前に禁止事項として、顔の剃毛をしない、肌のピーリングをしない、抗生物質の服用やニキビの塗り薬を使わない・・・など守らないといけないことがけっこうたくさんあります!!

なので、ハーバルピールの公式サイトやエステサロンのホームページで必ず確認しから施術を受けることをおすすめします。

ハーバルピール施術当日

施術の方自身の肌もハーバルピールでケアをされていて、ツルんっとした剥きたてのゆで卵のような肌だったので、つい見とれてしまいました。

美味しいハーブティーをいただきながら、まずはカウンセリング。

カウンセリング用紙を渡されて記入した後、それを基にカウンセリングされます。

今の肌の状態や悩み、いつものスキンケアの方法など、聞かれたことに答えるだけ。

ハーバルピールのレベル分け

最初に少し触れましたが、ハーバルピールにはレベルがあります。

センシティブ→レベル1→レベル4→レベル7の順に、

レベルが上がるにつれて、料金、ダウンタイムの期間、ホームケアの期間の長さや必要性、洗顔の制限やメイクの制限、剥離の具合、施術を受ける間隔が違ってきます。

レベルが上がるにつれて、導入するハーブパウダーの量が多く、効果が高いです。

私の場合、ちょうど大学の春休み終盤に差し掛かっていたので、ダウンタイム期間を考慮してレベル4の施術をお願いする予定でした。

レベル7だと、

施術後最低5日間の洗顔とメイクができない

and

その間のホームケアが必要ということなので、最初は躊躇していました。

が、初回限定で料金的にも1番お得なレベル7の方が良いと勧められたので、結局レベル7を受けることになりました。

レベル7の施術で初回約15000円と、通常の半額くらいでした。

ハーバルピール レベル7の施術の流れ

施術の流れは施術着に着替えてから、

蒸気でクレンジング

↓トリプル洗顔(ミルククレンジング→泡洗顔→ジェルクレンジング)

↓鎖骨付近のリンパマッサージ

↓ 蒸しタオル

↓ハーブパウダー導入

↓シートマスクで鎮静パック

↓顔の表面に余ったハーブパウダーを取り除く

↓ハーバルピール専用の化粧品(化粧水→BBクリーム→モイスチャークリーム→UVクリーム)で仕上げて、終了

所要時間は約1時間半。

ハーバルピールの施術は機械を使わないオールハンドなので、施術者の腕で結果が左右されます。

ハーバルピールの効果を最大限に引き出すには施術者選びは慎重にされた方が良いでしょう。

施術を受けた感想

施術自体は一般的なエステと同じ内容ですが、ハーブパウダーを導入している時が涙が出るくらい痛かったです 涙。

両手で圧を入れながらのマッサージで導入していくのですが、その時が猛烈にチクチクチクチクして堪りませんでした。

顔の上にガラスの破片でも転がされている感覚。

我慢できる限界の痛みかな。

それでも鎮静パックのおかげでチクチク感が引いて、いつの間にか寝ちゃいましたけどね。

施術が終わった後に、最低限必要なホームケア用の商品(バイタルモイスチャーローション、BBクリーム、バイタルモイスチャークリームの3点)を購入して、施術代(15000円)を含めて合計で約33000円もかかりました。

最後の仕上げ中にホームケアの期間とやり方を教えてもらったので、詳しくはハーバルピール レベル7を2回受けた時の話②で説明しています。

ハーバルピール後のアフターケアトリートメント

そして、後日受けるアフターケアトリートメントの予約をして帰りました。

アフターケアトリートメントはハーバルピールの効果をさらに高めるための施術で、エステサロンによっては異なりますが、追加で5000円程かかります。

これはホームケア終了後から5~14日間の間で受けるように勧められ、この期間に良質な美容液を浸透させるのがとても良いみたいです。

ハーバルピール レベル7施術直後の肌

あいにく、1回目の施術後の写真を撮っていなかったので、2回目の施術後当日の写真を載せておきますね。

施術直後は肌の赤みが強く出て、顔全体が火照る感じとチクチク感があって少し痛かったです。

顔を触るとチクチク感が倍増してかなり痛かったことを覚えています。

ですが、痛みに反して施術前にあったニキビが何個か枯れていました。

仕上げにBBクリームとバイタルモイスチャークリームを塗っているので、肌がベタベタしていてすぐに洗顔したくなる衝動に駆られましたけどね。

ハーバルピールのダウンタイム&ホームケアについては、続きのハーバルピール レベル7を2回受けた時の話②で詳しく書いています。

ではでは。

追記<2018年5月21日&2020年3月5日

ハーバルピール レベル7相当の施術を自宅で再現

ハーバルピールよりも、もっとお得に、もっと手軽に、同様の効果を得られるハーブピーリングがないかと探していた矢先に出会ったのが、ボタニカルピール。

ボタニカルピールはハーバルピールとは無関係で、別のハーブピーリングとなります。

が、かなりの低価格and自宅でできる本格ハーブピーリングという・・・。

ボタニカルピールについてはボタニカルピール Level1をやってみた①ボタニカルピール Level7をやってみたで紹介しています。

ボタニカルピール楽天市場店

ハーバルピールの施術を受けに行くことを考えると、費用もかなり抑えられるし、自分で簡単にハーブピーリングが出来るなんて・・・すごく良い。

こんな商品、待ってました。見つけた時、めちゃくちゃ感動しました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました