ハーバルピール レベル7を2回受けた時の話②

 

ハーバルピール レベル7を2回受けた時の話①の続きです。

 

ハーバルピール レベル7 施術後は日常生活が少し制限されます。

 

まず、洗顔やメイクが5日間禁止です。

 

 

ハーブパウダーが肌の奥まで浸透するの24~48時間(←曖昧)かかるそうなので、絶対に顔を濡らしてはいけないのです。なので、汗をかいてハーブパウダーが流れてしまう可能性の高い夏の時期にハーバルピールを受けることもあまりオススメできないそうです。

 

 

その間の顔のケアにはハーバルピール レベル7を2回受けた時の話①で紹介したハーバルピール専用のホームケア化粧品(バイタルモイスチャーローション、BBクリーム(BBスキンコントロールカラー)、バイタルモイスチャークリーム)でやり過ごします。

 

 

ホームケアのやり方はコットンにバイタルモイスチャーローションを浸み込ませて、顔を拭き取ります。そして、BBクリームとバイタルモイスチャークリームを1:1の割合で混ぜて塗ります。これを3~4時間おきに繰り返して、最低でも朝と昼と夜の3回はやるように言われました。

 

この作業は多ければ多いほど良いと言われた記憶があるので、確か私は2時間おきにやっていたと思います。

 

 

そして施術後から3、4日目あたりから剥離します。

 

1回目のハーバルピール レベル7の剥離中の様子がこちら(↓)。

わかりにくいかもしれませんが、小さな皮が浮いているように見えると思います。

 

絶賛剥離中ですー!!

 

さらにアップで見てみると・・・

 

この皮は無理やり剥がしてはいけないそうです。

 

コットンに浸みこませたバイタルモイスチャーローションで拭き取る時に一緒に剥がれてくれますよ。

 

1回ふき取るだけで皮がごっそり取れます!!!!

大体5日目になると、剥離の具合が落ち着いて、洗顔可能な6日目になると剥離はほとんどしなくなります。

 

 

後日アフターケアトリートメントを受けに行った後の写真がこちら(↓)。

 

わかりにくいかもしれないので、こちら(↓)も。

 

どうでしょうか・・・。

 

1回目のハーバルピールを受ける直前の写真がないので、ハーバルピールを受ける2ヶ月以上前の写真ですが、どうぞ(↓)。

 

この時よりもニキビはかなりマシになった状態でハーバルピールを受けました。

 

当時は劇ディフェリンゲルを使っていて、ハーバルピールを受ける前の2週間~1ヶ月前に抗生物質の服用やニキビの塗り薬を使うのを辞めました。

 

後で施術担当者に“なぜ禁止事項に抗生物質の服用やニキビの塗り薬を使っている人は施術を受けられないと載せているのか??”を聞いたところ、

 

別にダメではなくて、ハーバルピールの効果が弱まるから”だそうで、施術前中後に抗生物質を服用していても何か悪い影響があるということはないそうです。

 

 

また、ニキビの塗り薬に関しては、

 

劇ディフェリンゲルやベピオゲルのようにピーリング作用があるものがあるので、ハーバルピールを受ける前にはある程度期間を空ける必要があります。

 

それと、アフターケアトリートメントについでですが、強制ではなく、ハーバルピールの効果をさらに上げたい人向けのものですが、強くオススメされたので(笑)受けることにしました。

 

ハーブパウダーを導入する時のような痛みは全くなく、効率良く美容液を浸透させるためのケアになっています。正直なところ、高いお金(約5000円)を払うよりも自分の好きなシートマスクでパックしても良いかなあと思いました。

 

 

アフターケアトリートメントをしてから約1週間後の肌の写真がこちら(↓)。

 

頬の写真のみですが、ニキビ跡はありますが、表面に目立つニキビがありませんね。

 

またまた長くなりそうなので、ハーバルピール レベル7を2回受けた時の話③に続きます。

 

ではでは、ばいならー!!

スポンサードリンク

コメントを残す