私のニキビ履歴 総まとめ ~随時更新~


 

私のニキビ履歴 ~中学校時代~
私のニキビ履歴 ~高校時代から浪人時代~
私のニキビ履歴 ~大学時代①~
私のニキビ履歴 ~大学時代②~

 

大学時代の話がとても長くなりそうなのと、上手くまとめられるかわからないので、先にこの記事でまとめてから書いていこうと思います。

 

以下は私がニキビを治すためにやってきたことの年表形式の総まとめです。

 

2006年

これ以前に頬に赤い発疹が出来たため、近所のA皮膚科に受診

4月 中学校入学・中学1年生

↓ 顔の皮膚が徐々に脂っぽくなり始めた
↓ おでこにニキビが出来始めた(思春期ニキビ)

9月 初経が来た←この前後で急激におでこニキビが悪化⇒近所のB皮膚科に受診

↓ 処方されたコラージュ A脂性肌用石鹸と塗り薬のアクアチムローション1%(orクリーム)が効いておでこニキビが治った
↓ しかし、今度は頬にニキビが出来てしまい、なかなか治らなかった
↓ 当時、不潔だった私は洗顔やお風呂に入ることが嫌でサボっていた

12月

↓ ティーン雑誌ニコラのおかげで、不潔な自分から脱出!!
↓ 洗顔もお風呂もちゃんとするようになった

 

2007年

1月

↓ 雑誌の影響を受けて、自分でスキンケアを模索するようになった
↓ ドラッグストアに売っている手頃な価格で売られているニキビ化粧品を使っていた

↓ しかし、一向にニキビが治る気配はなく、とうとう顔全体にまで広がってしまった
↓ 確かこの頃から駅前のC皮膚科に2週間に1回通い始めた
↓ この間、処方されていた薬は内服の抗生物質(バナン、フロモックス、クラリス)と塗り薬(アクアチムローション1%やダラシンTゲル1%)

4月 中学2年生

↓ よく髪の毛で不自然にニキビを隠していた
↓ 友達と割り勘でアレッポ石鹸を買ったりしていた

9月

↓ アクネスの薬用UV ティントミルク 肌色タイプを塗ってニキビとニキビ跡を隠していた

 

2008年

4月 中学3年生

↓ 確かこの頃はC皮膚科が嫌で、近くにある他の皮膚科を色々と探していた
↓ 結局、良い皮膚科が見つからず、C皮膚科に戻る
↓ この頃にC皮膚科の古株医師から新株医師に担当を変えてもらい、抗生物質がミノマイシン、塗り薬がイオウカンフルローション、ダラシンTゲル1%に定着した

 

2009年

3月 当初より良くなってきたので、余っている塗り薬で対処することにして、一旦C皮膚科への通院を中断した
4月 高校入学・高校1年生

↓ 顔だけでなく、胸や背中など身体にも頻繁にニキビが出来るようになった
↓ この頃からCMで有名だったプロアクティブを使うように・・・。

9月

↓プロアクティブに含まれている化粧品成分でニキビが一気に悪化⇒以前通っていたC皮膚科に受診⇒プロアクティブを続けるのを断念
↓ これをきっかけに2週間に1回、C皮膚科に通院再開
↓ 処方される薬は抗生物質(ミノマイシン)&塗り薬(イオウカンフルローション、ダラシンTゲル1%)
↓ 皮膚科での治療はニキビに溜まっている膿をレーザーで穴を空けて排出する治療から、ニキビ跡が残りにくくするレーザー治療まで保険内診療で行なっていた

 

2010年

4月 高校2年生

↓ 高校1年生の時から通っているC皮膚科をコンスタントに通院
↓ 担任の先生に私のニキビの酷さを心配され、大学病院に行くことを勧めてもらった

12月

 

2011年

4月 高校3年生
5月
6月 高校中退

↓ この間、一時的にニキビが治って肌が綺麗になった

7月 新しい高校に編入

↓ 初めてメイクをする
↓ この時に使ったファンデーションはオンリーミネラルのお試しセット

8月

↓ 徐々にニキビが悪化

 

2012年

2月

↓ この月を最後にC皮膚科の通院を辞めた??(診察券にはこの月が最後の記載になっていたが、おそらく大学に入学するまでの期間に何度かは通院したはず・・・。)

3月 高校卒業
4月 浪人生活スタート

↓ 皮膚科に行った記憶があまりない
↓ 毎日意味のないメイクをして予備校に通っていた
↓ この頃はトイレ休憩の度にメイク直しを1日3~4回していた
↓ 予備校に持って行っていた昼ごはんや夜ごはんはコンビニの菓子パンor栄養価の低いおにぎりで栄養状態も悪かった



 

2013年

4月 大学入学・大学1回生

↓ 大学まで片道1時間半以上かかるため、毎朝5時に起きて通っていた⇒当然、睡眠時間が短くなった
↓ 相変わらず、メイク直しは1日3~4回以上していた

6月

↓ あまりにニキビが酷かったので、母の勧めで今までの皮膚科ではなく遠く離れたD皮膚科へ

↓ とりあえず、ニキビの炎症が治まるまで1日3回抗生物質(ミノマイシン)を処方された
↓ 正しい洗顔指導を受けた
↓ 生活習慣の改善を徹底した(毎食野菜を食べる、12時までに寝る、お菓子を控える…など)

7月

↓ 抗生物質から漢方薬に変え、ツムラの漢方薬(荊芥連翹湯)でニキビの体質改善を始めた

8月
9月

↓ 抗生物質である程度ニキビの炎症を抑えてから、劇ディフェリンゲル治療開始
↓ 1日1回、夜に塗る

 

2014年

2月

↓ ニキビが悪化

3月

↓ 劇ディフェリンゲルではニキビ跡を治すことが出来ないと思い、他の方法を探していく中で以前から知っていたハーバルピールを見つけた
↓ ハーバルピールを受けるために劇ディフェリンゲルの使用を中断

4月 大学2回生

↓ 春休み中にハーバルピール レベル7(1回目)

5月

↓ ゴールデンウィーク中にハーバルピール レベル7(2回目)

↓ 5月末からトレンチノインに興味をもち、トレンチノインクリームを個人輸入代行オオサカ堂で購入
↓ 肌の状態を見ながら、トレンチノインクリームを断続的に使用
↓ 化粧水にトレンチノインクリームを溶かしながら使ったりもしていた

8月

↓ Jewel Rain(リプロスキンと同じ会社であり、リプロスキンも一時期使っていたが、いつ使っていたのか記憶がないが、Jewel Rainよりも前であるはず)

11月

↓ 再び、劇ディフェリンゲル治療を開始

 

2015年

1月

↓ D皮膚科でツムラの桂枝茯苓丸加に似た苡仁エキス顆粒を処方され、数ヶ月飲んだ結果、効果なし
↓ イオンスチーマーをクレンジングを開始⇒面倒くさくなって途中から使うのを止めた

2月

↓ ニキビが急激に悪化

4月 大学3回生
↓ 過剰な皮脂をコントロールするためにコンフィアンイオンローションを3回購入

↓ 女性ホルモンのバランスを整えるマカに注目し、プレミアムマカ・モラーダを1週間飲み続けた

8月

↓ オーガニックプレミアムパウダー(1回目&2回目)

9月

↓ オーガニックプレミアムパウダー(3回目)

10月
↓ ニキビ体質を改善したくて山本ヨクイニン末 400gを購入したが、結局飲まず

↓ 某鍼灸院でニキビ治療の一環でAS療法開始

↓ この鍼灸院で使っていたプルソワン化粧品を使い始めた

※当時の写真ではないけれど、左からプルソワン化粧品2つ、コンフィアンスイオンローション、クロロフィル美顔教室の化粧品

↓ 鍼灸院の先生の勧めで、毎日納豆を食べることと、甘いものを控えるように言われ実践

 

2016年

1月

↓ プルソワン化粧品のSX6000 水溶性ビタミンC誘導体配合のクリーミィパックを毎日夜のスキンケアで使用⇒いつからかしなくなった

2月

↓ 日本酒に含まれる美白効果のあるコウジ酸に注目して、“純米清酒 美肌”を化粧水代わりに使用⇒1本使い切るまで

3月

↓ 就活中のニキビの様子

 

4月 大学4回生

↓ 金銭面の問題で、鍼灸院でのAS療法終了(計10回) ※当時の頃の記事はこちら⇒鍼灸院でニキビ治療を受けて10万円損した時の話

↓ クロロフィル美顔教室に1度だけ通ったことがあった

6月

↓ セルフでダーマローラー(数回)

7月

↓ この時期から断続的にNOW Foodsのパントテン酸を1日2~3粒飲んでいた

9月

↓ トレンチノインクリームよりも肌に浸透しやすいトレンチノインジェルを断続的に使い始めた

10月

↓ 硬紫根で化粧水を作り、使用開始(顔だけでなく、背中にも使っていた)

11月

↓ スキンケア後のベタつきを防ぐために、美容液成分が含まれるセラ コスメティクスのユウラ ストレーテストパウダーを使い始めた⇒約2ヶ月間

12月

↓ ニキビが悪化した為、再びD皮膚科に受診し、劇ディフェリンゲルとクリンダマイシンリン酸エステルゲル1%を処方された
↓ オオサカ堂で購入したヒトプラセンタジェルを使用
↓ トレンチノインジェルとともにハイドロキノンクリームも使い始めた
↓ 膿をもつニキビが出来やすい人向けということで、クラシエ漢方の十味敗毒湯エキス顆粒を飲み始めた

 

2017年

2月

↓ 粉瘤に効果があると知って、白龍 蓬乳酸菌液(ホウロンポウ)を購入⇒化粧水と混ぜてしばらく使っていたが結局止めた

↓ 家庭用のイオン導入器を購入
↓ ビタミンC誘導体10%の化粧水をイオン導入

3月

↓ プラシージェルをイオン導入開始
↓ 潤プラセンタを1日2粒飲み始めた⇒5月下旬まで
↓ AHAアクアジェルでピーリング(結局2、3週間で止めた)

4月 大学院入学

↓ ベピオゲルのジェネリック医薬品であるベンザックジェル2.5%を使用開始

↓ NOW FoodsのC-1000(ビタミンC&ローズヒップパウダー)を1日2粒飲み始めた

5月

↓ プラシージェルをイオン導入&超音波開始⇒いつからか止めた
↓ 某美容皮膚科でピーリングを受けるためのカウンセリングに行ったが、違う治療法を勧められ断念

6月

↓ 皮脂抑制のために、Now Foodsのパントテン酸2粒と乳酸菌革命1粒を同時摂取し始める

7月 大学院退学

↓ アルバイト三昧

8月

↓ バイトで12時間労働が10月まで数回
↓ 一気にニキビが悪化
↓ IPSコンディショニングバーを使い始めた⇒副反応のせいか、ニキビが急増した

9月

↓ IPSコンディショニングバーの副反応が治まり始めた
↓ ニキビを枯らす効果があるということで、ウォーターサイエンスジェルパックを購入

 

10月

↓ バイトを昼シフトから夜シフトにしたせいか、ニキビが悪化し、抗生物質を処方してもらうためにD皮膚科に受診、抗生物質(フロモックス)とデュアック配合ゲルを処方された
↓ ボタニカルハーブエステジェルの使用開始

11月

↓ 天然の抗生物質と呼ばれるプロポリスを1日1粒飲み始めた

12月

↓ ボタニカルピール レベル1(1回目) ※その時の記事はこちら→

1月

↓ ボタニカルピール レベル1(2回目)

↓ ボタニカルピール レベル1(3回目)

6月

↓ ボタニカルピール レベル1(4回目)

7月

↓ ボタニカルピール レベル1(5回目)

↓ ビタミン補給のために一挙千菜を1日1杯100mL飲み始めた

↓ ボタニカルピール レベル1(6回目)

8月

↓ ボタニカルピール レベル1(7回目)

↓ 重症ニキビ対象の内服薬『ロアキュテイン』を1日1錠服用開始

 

 

★どの時期にやっていたか忘れたニキビ治療

→皮脂を抑制する効果があると言われている黒烏龍茶を毎日飲んでいた
→一時期、ローズヒップシェルを食べていた
→メデルマ

 

 

こうやって時系列的に書き並べて見ると、絶えずニキビに対してアプローチし続けていたにもかかわらず、いまだにニキビを完治出来ていないのは相当ヤバいなあと思いました。

 

私のやり方が間違っているのか、それとも既存の方法では私のニキビが治らないのか・・・。

 

それにしても、どれもこれも全然長続きしていないなあ・・・。

 

色んなことに手を出し過ぎてしまいましたね!!

 

ニキビを治すためにあらゆることを色々やってきた結果が今の汚肌です 涙。

 

 

ではでは、ばいならー!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す