誰に対してもイライラしてしまう、きっと原因は私


 

 

 

最近、バイトでも家でもイライラしすぎて疲れました。

 

誰に対しても、どんな些細なことでも怒りが溢れて、なんとかしようと無性にイライラしてしまうんです。

 

このイライラの原因はきっと私の中にあるんだと思います。

 

イライラしてしまったら抑えようがないので、つい言葉で相手を責めてしまい、必ず後から罪悪感が押し寄せて来るんです。

 

 

ああ、可哀想なことをしてしまったなあ・・・。

言い過ぎてしまった・・・。

 

 

どうすればこのイライラがなくなるんだろう・・・。

 

一部のバイトの人に対してもイライラするのですが、特に家族(もっと言えば母親)に対してのイライラが半端なくて、もう家にいるのが辛いです。

 

元々、家族仲はそこまで悪くはないのですが、年齢が上がってくるにつれて、母親との仲が悪くなりました。

 

そして、今ではほとんど母とお出かけに行くこともなくなりました。

 

母親とは私が高校3年生の時に中退してから、急速に仲が悪くなりました。

 

母親は私に対しての信頼がないみたいです。

 

私が知らない間に姉に愚痴をこぼしていました。

 

高校中退、その後に浪人、一浪するも志望大学に合格出来ずに、底辺の大学に進学、そして今では大学院に進学するも中退、定職つかずフリーターという・・・。

 

ここだけ見れば、私って本当にどうしようもない奴だなと思いますが、高校中退の時点では、私はまあまあの優等生だったと思いますよ!!

 

何に対してもそこまで興味が沸くものはなかったけれど、ただとても真面目でした。

 

今でもこの根本的な部分は変わっていないです。

 

母はきっと優等生(っぽく見える)の私が好きだったんですよね。

 

模試で偏差値が良かったり、中間・期末テストで成績が上位に入っていたり、懇談の時に先生から褒められたりしている私がきっと好きだったんだと思います。

 

だって、それ以外に私の良いところは何もなかったんですから。

 

高校中退した時点でもう私にそういうことが一切なくなったから、もう見切りをつけたんだなあ・・・。

 

高校中退っていう時点で私は母の中でダメ人間にされてしまったんだなあ・・・。

 

 

話が逸脱しているように見えますが、私の中では全て繋がっています。

 

私がイライラしている原因は、過去の母親の教育方針だからです。

 

最近、よく振り返ってしまうのです、今までのことを。

 

私もいちいち昔のことを思い返すなんて、自分って余程暇な奴なんだろうと実感していますが、ふとした瞬間に頭の中で何度も過去の出来事が再生されてしまうのです。

 

 

もっとこういう風に子育てしてくれていたら、私はもっとこの社会で生きやすかったのかもしれないって。

 

 

私は中学受験をして中学高校一貫校の進学校に入学しました。

 

進学校と言われるほどのところではなかったですが、勉強ばかりさせられていました。

 

無駄に宿題の量が多くて、自分の好きなことをする時間を確保するのが大変でした。

 

なぜ、宿題の量が多かったのかと言いますと、教師が生徒を信頼していなかったからです。

 

 

あなた達は宿題を出さないと、全然勉強しないでしょう??だから、私達(教師)が大量にやることを与えているの。だって。あなた達はできない人間(頭が良くない)なんだから』って。

 

 

いやいや、なんでそう決めつける??

 

 

私が通っていた学校はわかりやすく言うと、好奇心旺盛で何でも学んで吸収する時期に、軍隊のように厳しい校則で縛り付けて、あれをしてはダメ、これをしてはダメと頭ごなしに怒る教育をする上に、あなたたちはできない人間なんだからと、マインドコントロールされて自信をなくさせてしまうような所でした。

 

 

私は今でもこの学校に通ったことをとても後悔しています。

 

 

ちなみに、学校一怖かった英語教師の名言は『女は顔ぞ。顔が悪い奴は勉強しろ』でした。

 

実は別の名言もあって、それがクラス教訓になっていましたが、あまりに綺麗事すぎるのでここには書きません。(それに覚えていません)

 

 

私は自分という人間を確立する時期にとんでもない所にいたので、いまだに自分自身を知らないし、自分という人間が嫌いです、一切受け入れられないです。

 

 

いまだにマインドコントロール下にあるのか、全てにおいて自信が持てずにいます。

 

 

 

そして、その学校だけではなく、私は今まで母親から有益な何かを得たことがありません。

 

勝手な言い分かも知れませんが、母親が子供のために何かをしてあげるということがあると思うんですよ。

 

 

少なくとも1度くらいは・・・。

 

 

記憶の中では私は母に何かをしてもらったということはないんです。

 

母親として子供にしてあげる必要最低限のボーダーラインすれすれだったのではないでしょうか??(それさえもしてもらっていない子供たちがいるということは置いといて)

 

ただ一つ言うならば、体調が悪かった母親が無理して旅行に連れて行ってくれたことかな。

 

正直、楽しくはなかったですけど。母の青白い顔しか覚えていません。

 

今思えば、少しは有り難いと思うべきことですが・・・。

 

 

本当に1番連れて行って欲しかった中学受験の合格祝いのディズニーランドへの旅行が、占いで母の旅行運が最悪だったのをきっかけに流れてしまいました。

 

 

母のこういうところが嫌い。

 

 

大人になったら、『そういえば、あの時お母さんが言っていたことってこういうことだったんだ』ということがあるはずなんですが、私には全くないんです。

 

↑が夢見がちなことかもしれませんが・・・そういうのが欲しかったなあって。

 

 

昔、母は『教育にだけは力を入れていた』と豪語していましたが、私からしたら『教育にだけお金をかけていた』です。

 

母は娯楽を一切、認めなかった人でした。

 

漫画を買うのに必死で説得した小学5年生の春を覚えています。

 

教育とは違いますが、お金の節約か、美容院に行く手間を省くためか、美容院に行くたびに前髪をとても短く切らされていました。

 

いつも泣きながら美容院から帰って、次の日学校に行くのが嫌でたまりませんでしたね。

 

精神的苦痛でした。

 

 

それと、高校1、2年生の頃にいきなり子育て終了!!と言って、婚活し始めました(母はバツ1)。

 

結婚する気もないのに?? です。

 

その場では良いんじゃない??と反対している姉を横目に言いましたが、こういう盛んな時期に子供のことを考えないで、自分だけ突っ走るのは止めて欲しかったです。

 

 

まとまりはないですが、ここら辺で締めておきます。

 

 

今までの母の言動が私をイライラさせて、今になって私自身にそれがイライラとなってキテいるのかもしれません。

 

イライラの間接的な原因は母の過去の教育方針で、直接的な原因は私自身ですね。

 

 

最後くらい、少しは良いことを書こうかな。

 

私から読んでくださってくれている方に向けて・・・。

 

 

今までの薄い経験から私が学んだことは、

 

学生時代の経験が社会で全て活かせられるとは限らないよ。活かそうと過剰に思ってはいけないです。

 

いつまでも過去のことに縛られてはいけないですよ。もう終わったことですから。ドラえもんがいない限り、残念ながら過去には戻れないです。

 

中学、高校、大学と必要以上に学業で苦しめられている人は勉強は後回しにしても特に問題ありません。大切なのは、ひたむきに何かに打ち込むことだと私は思います。

 

頭が良くない私なので、勉強しろとは言いません。ただ、勉強から学べることも多少はあるかな。

 

私が将来、自分の子供に教えたいことは、人の気持ちに寄り添おうと努力すること、人生の選択を責任をもって自分ですることですね。絶対に他人の期待する人生を歩んではいけないです。それと、ある程度の娯楽も子供には与えたいですね。娯楽を与えなさすぎると、ある時爆発する時が必ず来ます。

 

家族を嫌いだと思うと、自然と自分が憎らしくなります。なので、家族は嫌いだけど(自分の気持ちを認める)、大切な存在だと思うことで自分も救われます。

 

 

目がチカチカする・・・笑。

 

youtubeで見たレインボーケーキ風にしてみました。

 

 

何の解決策にもなっていませんが、私と同じ悩みを抱えている人の参考にしていただけたら嬉しいく思います。

 

書いていて、多少はすっきりしました。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

ではでは、ばいならー!!


スポンサードリンク

コメントを残す