ボタニカルピール Level1をやってみた①

ボタニカルピール

過去記事のリライト記事です。

2018年までは散々ニキビに苦しまされてきました。

今では非公開にしましたが、2017年9月~は【ニキビ・ニキビ跡経過記録】という記事を数か月間投稿していて、特にニキビに悪戦苦闘していた時期でした。

その頃に頻繁にやっていたスペシャルケアであり、前記事のニキビ跡改善目的でハーバルピール レベル7を2回受けた時の話①でも少し触れたボタニカルピールについてお話していきたいと思います。

ボタニカルピールって何?

ボタニカルピールとは天然のスポンジア(微細状粒子)と11種類のハーブエキスで作られたハーブ系のピーリングです。

ハーブピーリングといえば、過去に体験したハーバルピールを引き合いに出しながら説明していきますね。

ハーバルピールとボタニカルピールの比較

ボタニカルピールとハーバルピールの共通点と異なる点を勝手に比較してみました。

▽ハーバルピールと似ている点▽

  • ハーブパウダーの匂いや色、導入時のチクチク感が似ている
  • ハーブパウダー導入後の顔の赤みの出方が同じ
  • ハーバルピール同様にレベルがある(レベル1、レベル7)
  • ボタニカルピール レベル7の場合、ハーバルピール レベル7と同様に3~5日目で剥離する
  • タニカルピール レベル7の記載にハーバルピール レベル7と同様と書かれている(購入した当時は表記されていました)

▽ハーバルピールと異なる点▽

  • サロンに行かずに自宅でできること
  • ハーバルピールでは必須のホームケア専用の化粧品が要らない
  • ハーバルピールと比べてハーブパウダーの導入時間が短い(約5分)
  • 翌日から洗顔&メイクOK
  • 1回分の費用がかなり安い(本体価格でレベル1は1000円、レベル7は3300円)

ボタニカルピールを知ったきっかけがハーバルピール

ニキビ跡改善目的でハーバルピールを受けて以来、ハーブピーリングの魅力にハマっていましたが、ハーブピーリング系の施術はお金がかかるとわかり、しばらくは別の方法でスキンケアをやっていました。

ですが、ハーバルピールのように、ノンケミカルの天然ハーブの力で皮膚を剥離させる方法で肌を綺麗にしたいと考えていて、同様のものがないかずっと探し求めていました。

なので、ボタニカルピールの存在は随分後にを知りました。

知って即購入したのが、今回のボタニカルピール レベル1。

しかも、自分の好きな時に自宅できるセルフの本格ハーブピーリング。

レベル7にしようか迷いましたが、試しにレベル1からやってみることにしました、

ボタニカルピール レベル1の手順

2017年12月20日に初めてボタニカルピール レベル1をやりました。

パッケージは招待状のように素敵です。

開くと、使用方法の説明がズラー。

▲左がボタニカルピーリングパウダー0.5gで、右がボタニカルベースジェル2mL

今回使用したレベル1はハーバルピール レベル7のような剥離がないタイプのもので、使用頻度は2週間に1回となっています。

なので、ダウンタイムも必要ないし、ホームケア専用の化粧品も必要ありません。

ボタニカルピールは注意事項や禁止事項がけっこうあるので、ボタニカルピールの公式サイトで必ず確認してから使用することをおすすめします。

説明書通りのやり方を写真付きで紹介していきますね。

①まず、洗顔します。

洗顔後の肌の状態がこちら。

ニキビとニキビ跡だらけで、毎日鏡を見てはニキビを潰して膿を出していました。

②小さなお皿(ラップの上でもOK)に、ボタニカルベースジェルとボタニカルピーリングパウダーを出して、ペースト状になるまで混ぜます

▲左がボタニカルベースジェル2mLで、右がボタニカルピーリングパウダー0.5g

金属のスプーンだと滑りが悪い上にジャリジャリと耳障りの音が鳴って、さらにダマが出来やすいので、プラスチックのスプーンか、すり棒の方が良いかもしれないです。それか、プラスチックのお皿の上で混ぜると良いかもしれません。

③ ②のペーストを肌に塗って、5分間擦り込むようにマッサージします。

ボタニカルベースジェルはとろ~っとサラサラしていて肌にのせると少しスースーします。

ボタニカルピーリングパウダーは臭いと感じるくらいのハーブの臭いなので、この臭いが苦手な方は顔にのせるのはちょっと辛いかも。息しないでやってください 笑。

ペーストを顔に塗って、薬指を使って優しく擦り込むと徐々にチクチク感が増してきました。

自分の指なので、痛かったらすぐに指圧を加減出来るのが良いですね。

ハーバルピール レベル7の時のような導入時の痛みはなかったのですが、これはレベル1なので、あまり刺激がなかったのかもしれません。

普通に耐えられるほどの痛みとチクチク感でした。

私はこめかみや鼻の部分には少し時間をかけて押し込むようにマッサージしました。

なので、説明書通りにやるつもりが、擦り込むのに戸惑って10分程かけてしまい、その後5分ほど放置してしまいました。

このペーストは顔全体にたっぷり塗っても余るくらい、量が多かったです。

放置したので、クレイパックのように少し固まってしまいました。

④軽く洗い流して、保湿します。

ハーバルピールの施術だとハーブパウダーを擦り込んだ後に鎮静パックをしてしばらく時間を置きますが、ボタニカルピールは時間を置かずにすぐに洗い流します(私は置いてしまいました)。

ボタニカルベースジェルには鎮静効果のあるパンテノールが入っているので、鎮静パックをこれで賄っているのかなと感じました。

ペーストを洗い流す時、特に小鼻や毛穴の凹凸にペーストが溜まって洗い流しにくいと思いますが、指で優しくクルクルと擦ると簡単に洗い流すことができますよ。

洗い流しながら手でペーストを押さえ込むと、少し吸収されたように感じました。

そして、ペーストを洗い流した後の肌の状態がこちら。

ボタニカルピール前よりも顔全体に赤みが出ていますが、肌の表面が柔らかくて、ツルツルになりました。

洗顔後の保湿には当時愛用していたジェルを使いました。

▲グラント・イーワンズのウォーターサイエンスジェルパック

ジェルを塗っている最中に再びチクチク感が増してきて、必要以上に肌に触りたくない気分でした。

それに、肌がツッパッて、重ね塗りしてもすぐにジェルが吸収される感じがしました。

ボタニカルピール後の肌を鎮静させるために、ボタニカルピールからボタニカルカーミングセラムが販売されています。

今回は使わなかったですが、サンプル(or試作品)を使ったことがあります。

▲パンテノール

パンテノールと書かれていて、おそらくボタニカルカーミングセラムの未発売商品がセットに同封されていました。油のようにどろっとしたテクスチャーで、肌に塗ってすぐにスースーして、チクチク感が一気になくなりました。

別にボタニカルカーミングセラムでなくても、手持ちの保湿ジェルや鎮静パックでしっかり保湿すれば十分ですよ。

ボタニカルピール レベル1後の経過はボタニカルピール Level1をやってみた②に続きます。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました