胸ニキビにベンザックジェル2.5%を塗り続けた結果・・・


最近、胸ニキビが頻発して困っていたので、ニキビ治療薬のベンザックジェル2.5%を使うことにしました。


※ベンザックジェルはベピオゲルのジェネリック医薬品です。

※ベンザックジェルについての詳しい説明は劇ディフェリンゲルとベピオゲル(ベンザックジェル)について ~私の体験談~で。

私は顔のニキビには気になってアレコレやりますが、他人から見えない胸ニキビや背中ニキビには酷い場合を除いて、あまりニキビ治療薬を使いません。

身体の広範囲に塗るのが勿体ないというのも理由の一つですが、気持ちの余裕的にここまで気にしてはいられないんですよね。

顔ニキビ優先、余力があれば身体ニキビも治すといった感じで、身体ニキビに対しては、基本出来ていても見ないふりをしています。。

背中ニキビと胸ニキビを改善するには化粧品も薬もいらないで紹介したやり方を実践している以上、それでも出来てしまうニキビに対しては見逃して、気づいた時にはいつの間にかなくなっているなあーっという感じでやり過ごしています。



さてさて、本題に入りましょう。

ベンザックジェル2.5%使用前の胸ニキビがこちら(↓)。

Tシャツでも隠れない位置にニキビが出来ています。

凸のある炎症ニキビで、痛みはありませんが、小さいにもかかわらず存在感があります。

この日の夜から1日1回、夜のお風呂上がりにベンザックジェルを塗ります。

水分多めの白いクリームのようで、香りは全くありません(追記 2018.02.24 私のニキビ奮闘記でもあるニキビ・ニキビ跡経過記録139日目にも書きましたが、最近になって臭いが気になるようになりました。よ~く嗅ぐと、牛乳のような臭いがする気がします…。)

伸びはそこまで良くないですが、少量で顔全体に塗ることが出来ます。

塗ってすぐに肌に浸透するので、乾かすのに時間がかからないですよ。

写真のように手の甲にとった場合は、そのままにしておくとピーリング作用で痒くなったり、赤みが出たりするので、後でしっかり洗い流してくださいね。

多めに塗らず、適量をニキビに塗ります。

この後、保湿は一切していません。

 

 

ここからは経過写真を載せていきますね。

▲1日目

塗った日の翌日なので、塗る前よりもニキビが赤くなっていますね。

特に痒みはありません。

▲2日目

日中は何も変化はなかったですが、入浴中は血行が良くなって痒くなりました。

▲3日目

2日目よりもニキビが枯れて少し小さくなりました。

▲4日目

ニキビの凸感がなくなって、ニキビ跡になりました。

▲5日目

写真には写っていませんが、新しいニキビがこれより下に出来てしまいました。

▲6日目

変化なし。

ふとした時に無性に痒くなります。

▲7日目

変化なし。

7日間の記録は以上になりますね。

ベンザックジェルを塗り始めて、4日目でニキビのブツブツ感がなくなりました。

見てわかると思いますが、ピーリング作用の強いベンザックジェルといえども即効性はありません。

このニキビ跡が消えるまで試しにベンザックジェルを使い続けてみようと思います。

なので、ニキビ跡が消えた時点で追記としてその後の様子を書きますね。

ところで・・・

ベンザックジェルはベピオゲルのジェネリック医薬品でありますが、ベンザックジェルを塗り続けてニキビ跡が消えるということは今までなかったように思います。

私がベピオゲルについて調べている時に『ベピオゲルには漂泊作用があるため、ニキビ跡が薄くなる』という記述をよく見かけましたが、実際のところはどうなんでしょうか??

ベンザックジェルはベピオゲルと同一有効成分を含み、効果が同等のものなので、ベピオゲルと同じ作用があるとすれば、私はベンザックジェルないしベピオゲルもニキビ跡には効果はないのではないのかなと推測します。

去年(2017年)の10月頃にベンザックジェルを胸ニキビに使った時は

(↑)写真のように赤みが出て、日中も痒くて堪らなかったのを覚えていますが、今回は全くそんなふうにはならなかったですね。

広範囲に使うよりも、ピンポイントでニキビに使うことをオススメします。

※胸ニキビとは関係ないですが、ベンザックジェルを顔全体に塗っていた時にはなぜか塗っていない耳まで痒くなってしまったことがあります。おそらく、塗った所と近い場所にまで薬の成分が浸透してしまって痒みが出てしまうのだと思います。

今回は胸ニキビにベンザックジェルを使いましたが、また顔ニキビにも使ってみたいですね。

今はハーブ系ピーリングのボタニカルピールにハマっているので、それが一旦落ち着いたら、またベンザックジェルに戻してみようかな??

去年(2017年)の4月3日から使っていますが、断続的な使用なので、まだまだたっぷり残っています。

今年の4月3日までには全部使い切りたいですね。

また、ベンザックジェルは2.5%よりも高い濃度の5%のものもあります。

ではでは、ばいならー!!

追記<2018年2月7日

▲1日目
▲12日目
▲16日目

ベンザックジェルを塗り続けて2週間以上経ちましたが、ニキビ跡が残ったままです。

追記<2018年3月12日

▲25日目
▲30日目
▲37日目
▲43日目

まだニキビ跡として残っています。

↑の部分だけでなく、広範囲に胸ニキビが出来るようになりました。

▲7日目
▲19日目

これらのニキビも3月12日現在ではニキビ跡になっています。

追記<2018年4月2日

▲51日目

この辺りから確実にニキビ跡が薄くなってきました。

▲65日目

この頃からベンザックジェルは毎日塗らず、たまに塗るようになりました。

▲68日目

さすがに2ヶ月以上経つと、皮膚が新しく入れ替わっているので、ニキビ跡が薄くなっているのがわかります。

 

 

追記<2018年5月21日

 

 

▲73日目 ニキビ・ニキビ跡経過記録189日目

一時的に胸ニキビが悪化しました。

おそらく、4月に入って気温が高くなって汗をかきやすくなったからだと思います。

再び、ベンザックジェルを毎日塗ることに・・・。

▲84日目

ベンザックジェルを塗っても、しばらくは胸全体にニキビが出来やすい状態が続きましたが、さらに数日かけてその状況を打破することが出来ました。

ベンザックジェルを塗り始めて4か月後には・・・

▲1日目

▲112日目

1番最近に撮った写真で、注目していたニキビのニキビ跡はほぼ消えました。

小さな炎症ニキビでも、ニキビ跡が消えるのに3ヶ月もかかるんですから、顔のニキビ跡がなかなか消えないのもわかるような気がします。


スポンサーリンク

コメントを残す