3回目のボタニカルピール Level1


 

2回目のボタニカルピール Level1をしてから2週間以上経ったので、

 

3回目のボタニカルピール Level1をやりました!!

 

 

3回目のボタニカルピール レベル1をやる前の肌の状態】がこちら(↓)。

私のニキビ奮闘記であるニキビ・ニキビ跡経過記録118日目にも書きましたが、実は肌の赤みと乾燥が酷く、肌の状態があまり良くなかったので、ボタニカルピールを諦めようかと思いましたが、この日を逃してしまうとやれずじまいになりそうだったので、無理してやることにしました。

 

今回は1回目・2回目と違って、これ(↓)を5滴落としてボタニカルベースジェルとボタニカルピーリングパウダーと一緒に混ぜてみました。

確か、サンプルでもらったパンテノール(主成分)だと思います。

 

これ(↑)のサンプルだったように思いますが、勘違いしてたら申し訳ないです。

肌の炎症を鎮静してくれるので、肌が荒れている日には最適かなと思い、使ってみることにしました。

 

 

ハーブパウダーを導入中~!!

今回は説明書通りの時間でやってみました。

肌が敏感になっているので、2回目の時よりもチクチク感があったように思いました。

 

ハーブパウダーを洗い流す時は、顔全体を水で濡らしてから、指でくるくるするとすぐに洗い落とせますよ。

 

洗い流した後の写真】がこちら(↓)。

洗顔後はやはり顔全体がチクチクしていました。

 

今回はミボー軟膏を使わず、いつものスキンケアで使っているグラント・イーワンズのウォーターサイエンスジェルパックに先ほどのパンテノールを1滴垂らしてから塗りました。

 

このパンテノールは油のようにどろっとしたテクスチャーで、ジェルと混ぜたら水のようにとろーんとして、肌に塗ってすぐにスースーして、チクチク感が一気になくなりました。

 

パンテノールって実感できるほどの鎮静効果があるんだと感動しましたね。

 

 

ボタニカルピールをした後の保湿後の赤みは毎回同じですね。

 

 

それでは、経過写真を載せていきます。

変化を細かく見たい方は私のニキビ奮闘記であるニキビ・ニキビ跡経過記録の方に載せています。

 

 

2日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録119日目}}

 

朝起きてからのツッパリ感・乾燥はありましたが、チクチク感はありませんでした。

朝の洗顔中も、2回目の時よりもチクチク感を感じなかったですが、パフでファンデーションを塗っている時やマスクをした時は少しチクチクしました。

とにかく肌に触れると、チクチク感がありました。

 

が、バイトから帰ってからメイクを落とした際はチクチク感に加えて、ピリピリ感まで出て来て痛かったです。

 

また、お風呂上がりは最強にツッパリました。

皮膚が引っ張られている感じで、口の周りを動かすたびに不自然なシワが出来て嫌になりましたよぉ。

こんな肌の状態ほど、保湿するとすぐに吸収??蒸発??して何度もジェルを塗り重ねました。

 

 

3日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録120日目}}

 

朝の洗顔時ではまだチクチクしていました。

しっかり保湿した後にメイクをして、その上にマスクをしてもメイク崩れしなかったです。

私のメイク崩れの原因は過剰な皮脂なので、多少の乾燥ではメイクは崩れない(私にとって乾燥は好都合)ですね。

 

ちなみに、ボタニカルピール後の肌の赤みはファンデーションである程度隠せますが、乾燥が酷い時は時間が経つと、ファンデーションが剥げている時があります。

特に鼻の頭の赤みは目立つかもしれません 汗。

 

そして、徐々にニキビが出来始めました。

 

 

4日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録121日目}}

 

チクチク感は完全になくなりましたが、乾燥感やツッパリ感はありました。

ニキビが出来てきたこともあり、2回目の時と同様にこの日の夜からイオウカンフルローションの使用を再開しましたが、今思えばこの判断は間違っていたのかもしれないです。

 

 

5日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録122日目}}

 

大きなニキビが出来て来て、だんだん肌が汚くなってきました。

肌の表面がザラザラしていたので、もしメイクをしたら(この日はバイト休み)、絶対にメイクのノリが悪いなと思いました。

 

 

6日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録123日目}}

 

顔がとにかく痒くて、特にあごの裏が痒かったです。

写真でわかると思いますが、5日目よりも肌全体の赤みが悪化していますね。

朝に塗ったイオウカンフルローションのせいで、顔の痒みが酷かったので、夜は保湿のみにしましたが、この日の夜中中、顔(特に耳の周り)を掻きむしってしまいました。

 

 

撮り忘れ

7日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録124日目}}

 

朝起きたら、顔全体が少しヒリヒリして、特に口の周りが乾燥していました。

 

メイク落とし後の肌がとにかく痒くて、、ボタニカルピールをしてから1週間はイオウカンフルローションを控えた方が良かったのかもしれません。

 

 

あまりに肌の赤みと乾燥とヒリヒリ感が酷かったので、この日のバイト帰りにSaikiという保水治療ローションを買いました。

これを塗った後に、いつもの保湿をしました。

 

Saiki(保水治療ローション)を使用した感想について詳しく知りたい方はニキビ・ニキビ跡経過記録124日目Saikiは過剰なスキンケアによる肌の赤みを改善する救世主に書いてあります。

 

 

8日目⇒{{ニキビ・ニキビ跡記録125日目}}

 

Saiki(保水治療ローション)のおかげで、ヒリヒリ感と乾燥が少しはマシになりましたが、まだまだ肌が荒れている状態です。

 

 

さて、3回目のボタニカルピールの結果はと言いますと、今回に限ってはやらなかったら良かったなあと後悔しました。

 

ボタニカルピール当日の肌の状態も良くなかった時点で、延期すれば良かったなあと。

 

そのせいかもしれませんが、今回のボタニカルピールでは、肌が柔らかくなった感じなどのプラスの効果がみられなかったです。

 

また、イオウカンフルローションについて、2回目の時と同様にボタニカルピール4日目の夜から使用していますが、その時にはここまで酷い乾燥や痒みは出ていなかったように思います。

 

ですが、イオウカンフルローションを始めて使用したのは2回目のボタニカルピール後4日目の夜で、それ以前は使用していませんでしたが、今回はボタニカルピールをやる前日までイオウカンフルローションを使っていました。

 

そのため、当日の肌の状態がとても敏感になっていたんだと思います。

 

ボタニカルピールを含めて、肌をピーリングする時の前後には必ず注意事項があります。

 

ピーリングはたいてい、肌に刺激を与える行為は2週間~1か月(場合によっては3ヶ月~半年)前の時点で控えるようにとなっています(ボタニカルピールの注意事項にも書いてあります)。

 

ニキビ治療の塗り薬も肌に刺激を与える行為の一種です。

 

私はこの注意事項を守らず、ボタニカルピールをやるギリギリまでニキビの塗り薬(イオウカンフルローション)を使っていたので、この独断でやっていたことが今回の失敗を招いたんだと思います。

 

何事もそうですが、このくらい大丈夫だろうという根拠のない過信を持ってはいけないということですね。

 

それと、以前から気にはなっていましたが、顔の炎症(赤み)が酷いため、本来の肌の色である首の色とに差がかなりあります。

 

この赤みはニキビのせいでもありますが、私がニキビを治すために色々と肌に負担をかけて起きてしまった炎症でもあるので、この炎症がある程度ひくまでボタニカルピールは止めておこうと思います。

 

とりあえず、今の状態から抜け出さないといけませんね!!

 

ニキビ治療も含めて、一旦肌を休ませることにします。

 

ではでは、ばいならー!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す