ニキビのせいで不登校になってしまう人の気持ちがわかります

 

 

青春時代をニキビ面で過ごした私はもう一度学生に戻ってやり直したいと思う時があります。

 

できれば、ニキビが出来る前に戻って、スキンケアを徹底的にやり倒して綺麗な肌をキープしながら、中学生らしい・高校生らしいことをやりたかったなあと。

 

一度きりの10代なのに、ニキビを気にして引きこもることが多かったなあ。

 

ニキビがなくて自分に自信があったら、もっといろんなことを経験することが出来たのになあ。

 

とにかくめちゃくちゃ悔いが残る10代を過ごしてきました(これはニキビのせいだけではないですがね)。

 

そんな私もニキビが原因で、不登校になったことがあります。

 

といっても、大学受験に失敗して予備校生活を送っていた時ですがね。

(ちなみに、ニキビが原因ではないですが、中学・高校ともに不登校の経験はあります。)

 

高校卒業後、その4月から予備校に通い始めました。

 

朝9時から夜7時くらいまでの時間割で、日によってはそれよりも早く帰れる日がありましたが、ほぼ毎日通っていました(というか、強制的に通わされました)。

 

私自身、予備校には通わず、家で受験勉強をしたかったのですが、訳あって母親の信頼を失っていたので無理やり予備校に通わせられる羽目になりました。

 

そして、予備校に通い始めてから毎日メイクをするようになりました。

 

あまりにもニキビが酷いので、ファンデーションでニキビを隠していました。

この頃はしっかりニキビを隠していたので、かなり厚塗りメイクでしたね。

 

また、脂性肌ですぐに皮脂でファンデーションが崩れるので、休み時間の度にメイク直しをしていました。

確か1日3、4回くらいメイク直しをしていた記憶があります。

 

こんな状態だったので、当然、受験勉強に身が入るわけがなかったですね。

 

そのせいで急激にニキビが悪化し、ファンデーションを塗り重ねてもニキビやニキビ跡が全く隠れないように・・・。

 

メイクをすることが無駄なように思うようになりました。

 

午前中のみ、午後のみの授業の時はマスクをしていくようにもなりましたが、さすがに夏にマスクをするのは不自然なので、その時は渋々メイクをしていきました。

 

 

そして、センター試験が近づくにつれて、だんだん予備校に通うのが億劫になり、勝手に日数を減らしていき、年明けの1月からは通うのを完全に止めてしまいました。

 

きっかけは1月1~3日の3日間に集中講座。

この3日間は缶詰めになって朝9時~夜9時まで予備校にいなければいけませんでした。

 

まず、私が真っ先に考えたことは、この長い時間、一体メイク直しを何回しなければいけないのだろうかと。

 

12時間みっちりの講座。

 

トイレ休憩といっても、大人数でたった10分の休憩時間なので、当然トイレは混み合うし、混み合う中、人を待たせてメイク直しをするなんて自分でもどうかしてると思います。

 

どう考えてもメイク直しなんて無理。

 

出来ても昼ごはん休憩と夜ごはん休憩の2回のみ。

 

その後は皮脂でドロドロの顔で過ごさなければいけないなんて・・・。

 

9時4時でもメイク直しを4回していたのに・・・。

 

客観的にみればくだらなさすぎることをめちゃくちゃ真剣に悩んでいました。

 

皆が受験勉強で必死の中、私はニキビのことしか考えていませんでした。

 

結局、当日を迎えて予備校の前まで行きましたが、ここまで長い間予備校に拘束されるのにどうしても堪らず、問題の3日間は欠席の電話をかけて、予備校に行ったふりをするためにネットカフェで過ごしていました。

 

以降、予備校に行くことはありませんでした。

担任の先生からの電話も無視。

 

結果、受験は失敗しましたが、なんとか滑り止めの底辺大学には受かりました。

おそらく、この底辺大学は予備校に通わなくても受かるレベルの大学だったので、(学割の効かなかったため)通勤定期代20万円と予備校代120万円を無駄にしてしまいました(これは一生かけて母親に返していくつもりです)。

 

もし、ニキビを気にしていなかったら、

もし、ニキビがなかったら、

私は必死になって受験勉強をしていたのだろうか??

 

 

私は人生の半分をニキビに振り回されています。

 

ニキビのせいで、辛くて苦痛な思いをたくさんしてきたと断言できます。

今でも布団に入ると、今までのことを振り返って涙が出てしまい、泣き疲れて眠りに落ちる日が多々あります。

 

もうニキビから逃れたい、解放されたいと。

いつになったら私の肌からニキビがなくなるのだろうか。

 

 

そして、底辺大学卒業後は大学院に進学したにもかかわらず、色々あって前期で退学して、今は人前に立つことのない裏方のバイトをしながら地味な毎日を過ごしています。

こんなふうに言ったら、私はとても堕落した可哀想な人間に見えるかもしれませんが、まあそれなりに楽しくは過ごしています。

 

ただ、今だから絶対に言えることは、もし私にニキビがなかったら、おそらく今頃この世には生きていないだろうと。

 

正直、私にはニキビを治して綺麗な肌になる以外に、生きる目標がありません。

 

無趣味で、何事も心から楽しいと思ったことがないので、ニキビを治すことが今の私の中での生きがいになっています(ニキビのない肌の自分の立場で何がしたいかなんて考えられない)。

 

 

改めて思うことは

 

ニキビがない自分は今よりも良い人生を送ることが出来たのか??

 

ニキビがない自分にはなりたいけど、ニキビがなくなった後はどうやって生きていけば良いのだろうか??

 

それとも、ニキビがあるから、今の人生になってしまったのだろうか??

 

 

今まで書いてきた記事の中で、何度も同じことを言っていたらすみません。

 

毎日、自問自答の日々にもかかわらず、一向に解決策が思い浮かびません。

 

ニキビで精神を病んでしまったのは確実ですがね。

 

自分の話ばかりになってしまってごめんなさい。

 

 

最後に、中学生・高校生でニキビが原因で不登校になってしまった方に向けて。

 

こんな私がアドバイスをする立場ではありませんが、経験者としてニキビが原因で不登校になってしまう人の気持ちはほんの少しはわかっているつもりです。

 

不思議なことに、ニキビで悩んでいる人の周りには肌が綺麗な人が多いですよね(実際に私の場合もそうでした)。

 

周りの人の肌を過大評価しているわけではなくて本当に肌が綺麗な人が多かったです。

 

そんな人の周りにいると、自分の肌の汚さが余計に際立ってしまうんですよね。

 

本人にとってとても嫌なことだとだし、辛いことだと思います。

 

なんで自分ばかりこうなんだろうとまで思ってしまいます。

 

肌の綺麗さというのはそれだけ周囲への影響力が大きいのです。

 

小さなニキビが1つあるだけで1日のテンションが操作されてしまうことさえあるのですから。

 

ただ、ニキビに囚われすぎないで。

 

限られた貴重な時間を無駄にしないで。

その時にしか経験できないことを逃さないで。

 

ニキビを気にするだけが自分の人生ではないはず。

 

中学生・高校生はニキビがあっても可愛いと言われる時期です。

たとえ周りにニキビが出来ている人がいなくても、ニキビがあって不思議ではない時期です。

言換えれば、中学生・高校生はニキビが出来ていて当たり前なのです。

 

今はニキビがない人でも、大学生になってからニキビが出来る、社会人になってからニキビが出来る人とこれから先に出会うはずです。

 

私のように慢性タイプのニキビだと苦労することが多いかもしれませんが、高校卒業と同時にニキビも卒業される人もけっこういます。

 

だから、どっちに転がるかはわかりませんが、家にいてもおそらくニキビは治らないと思います。

 

家に引きこもってニキビ治療に専念して順調に治らない場合はひどく落ち込むだろうし、きっとそういう方は周りとの接触を避けてニキビしか考えずに、何の成果も得られない毎日を過ごすでしょう。

 

自分の殻に閉じこもって、周りとの接触を完全になくしてしまったら、相当な勇気がないと、二度と学校や社会に出ていくことは出来ません。

 

なので、一旦、自分のニキビを受け入れて、もう一度学校に通ってみてはどうでしょうか??

これは提案なだけで、決して強制の意味は含んでいません。

 

 

自分の生き方を決めるのは他人ではないですから。

 

そして、学校に行くことが出来たら、自分を褒めてあげてくださいね。

 

以上。

 

私のニキビ履歴 ~高校時代から浪人時代~にも、ニキビで苦労した経験を綴っています。

 

ニキビのせいで不登校になってしまった方にはオススメできない内容になっていますが 笑。

 

こんな私でも、諸事情により高校を中退して、通信制高校に編入し、同学年の人と同じ時期に卒業しましたから。

 

ではでは、ばいなら!!

スポンサードリンク

コメントを残す