泡カラー リーゼ プリティアのグロッシーブラウンで染めてみた


 

市販黒染め後→市販カラー復活!!~ル・キアラ~染めた以来、約2ヶ月以上ぶりに髪の毛を染めました。

 

赤味のあるブラウンに染めることが多い私ですが、

 

今回は私の中で定番化している  花王  リーゼ プリティアの グロッシーブラウンを使ってナチュラルブラウン系に染めていこうと思います。

 

 

今までリーゼ プリティアの泡カラー剤で使ったことのあるカラーはジュエルピーチ、ローズティブラウン、ナチュラルモカ、ナチュラルアッシュ、髪色もどしのナチュラルブラウン(詳しい記事はこちら→泡カラー リーゼ プリティアの髪色もどしを使ってみた!)ですね。

 

ほらね、赤味のあるブラウンが多いでしょ??

 

 

今回は気分を変えて、今まであまり試したことのないナチュラルブラウン系の色にしてみようかなっと。

 

事前にリーゼ プリティアのパーソナルカラー診断でも明るめのブラウンやベージュ系のブラウンが似合うと出たので、ナチュラルブラウン系のグロッシーブラウンにしました。

 

グロッシーブラウンは明るさのレベルがやや明るい仕上がりの茶髪になるみたいなので、中高生がビビり染めするにはリスクが高いと思います。

 

ビビり染めって言葉、めっちゃ久しぶりに使った 笑。

 

私の染める前の髪色は暗めの髪とやや明るい髪の間ですが、仕上がりはまあまあ明るめの茶髪になりますね。

 

生理が終わった直後だったので、念のため2日前に二の腕の内側にパッチテストをしました。

髪を染める時は絶対にパッチテストをした方が良いですよ。

特に肌が敏感な方や、何かのアレルギーを持っている方は。

パッチテストで問題が出た方は控えてくださいね。

 

箱の中身はどのヘアカラー剤を使っても差ほど変わりません。

説明書通りに進めていきます。

 

泡放置中。

 

全体に満遍なく塗ってから、軽く揉み込んだ後に35分間放置しました。

髪の長さはミディアムなので、液剤を全部使い切る必要はなかったですが、全部使いました。

 

なぜか頭皮ではなく、顔が少しピリピリしましたが、耐えられるレベルでした。

 

ニキビ治療のためにベンザックジェル2.5%の使用を継続していたので、肌が敏感になっていたせいかもしれませんね。

頭皮も顔の皮膚も皮一枚で繋がっていますから。

 

放置している間は、汚した箇所を拭いたり、使った容器の処理をします。

 

時間になったら、お風呂場へGO。

 

髪を染める時はいつも夜の入浴前なので、ついでにお風呂も入っちゃいます。

付属のトリートメントのおかげで、染めた後にもかかわらず、髪がツヤツヤになりますよ!!

 

 

さてさて、ビフォーアフターはこちら(↓)。

 

 
グロッシーブラウンに染める前

2か月前に黒染め後の初ヘアカラーをしましたが、そこまで明るい髪色にはなりませんでした。

根元の部分が黒髪で、前髪部分は毛先と同じくらい赤味のある茶髪です。

 

 


グロッシーブラウンに染めた翌日

色味がわかりにくくて何も変わっていないように見えますが、実際は赤みが抜けて、黄色みのあるブラウンになりました。

 

 

後頭部の根元近くの黒髪があまり染まらなかったのが残念。

記載されている時間よりも長く置いたし、けっこう揉み込んだのになあ。

 

前髪は比較的染まりやすい部分なので、けっこう明るい色に染まっています。

 

 


グロッシーブラウンに染めた翌々日

太陽に当たってまだまだ明るくなると思いますが、このくらいが私は好きかも。

 

黒髪に近い黄色味のある茶髪になりました。

 

例えるなら、“色素が薄くて元々の地毛が茶髪”みたいな色ですよ。

 

ただ、すぐに髪の色が抜けて汚らしい色になってしまいそうな予感がするので、同じくリーゼ プリティアの髪色サプリを買おうか検討中です。

 

次のヘアカラーを変えるまで維持するためにね。

 

 

 

ではでは、ばいならー!!

 

【追記 2018年3月12日】

 

グロッシーブラウンに染めてから19日後の状態がこちら(↓)。

 

 

室内に光が差すと・・・

 

 

染めた当初よりも髪色がかなり明るくなりました。

 

私的にこれ以上明るくなってほしくないですね。

眉ティントの色と合わなくなってしまうので。

 

が、もうそろそろ色が抜けて来そうな感じがします。

 


スポンサーリンク

コメントを残す