目力が欲しい!!整形なしですっぴんの目元を濃くするには


 

 

メイクで劇的に変わる部分は何といっても目だと思います。

 

 

目はメイクで自由自在に印象を変えることが出来るので、メイクのプロセスの中でも自分の拘りをふんだんに盛り込める反面、すっぴん時の目力のなさに幻滅してしまう女性も多いのではないでしょうか。

 

 

私はいつもアイメイクの濃い女性を見て、いつしかノーアイメイクの自分を受け入れられない日が来るのではないかと余計なお世話ですが、勝手に心配してしまいます。

 

幸いにも、私は元々メイクが好きではないので、アイメイクも薄めですっぴんの時とそんなに変わらないので自分自身はそこまで心配していませんがね(塗りたくった顔で1日中過ごすのが苦痛で仕方がないんです・・・。)。

 

 

整形なしでと書いていますが、要するにローリスクで薄いすっぴんの目元を濃くする(=目力を出す)方法をここでは提案していきますね。

 

 

まず、すっぴんの目元を濃くするメリットには、すっぴんの目元が濃くなれば当然アイメイクは薄くなる⇒さらにアイメイクによる肌の負担が減せるということもありますが、薄いすっぴんの目元が嫌だった方にとっては目元が濃くなることで自分の目元を好きになったり、自信をもつことができるかもしれません(脱・コンプレックス)。

 

 

薄い目元を濃い目元にする具体的な方法は次の通りです。

 

 

リスクが低い順に書いていきました。

 

①一重まぶたの場合は二重まぶたにする

 

一重まぶたよりも二重まぶたの方が目力があるのは事実です。

 

一重まぶたは瞼の構造上、目の開きが良くない分、目力は二重まぶたには到底敵いません。

 

なので、目元を二重にするだけかなり目力が出ますが、二重ラインの食い込みが深いほど目元が濃く見えます。

 

例えば、幅の広い二重でも食い込みが浅かったら、目力は意外と出ません。

 

それだったら、幅が狭い二重で、二重ラインの食い込みが深い方が目ヂカラがありますよ。

 

一重まぶたから二重まぶたにする方法について、私の実体験ですが、生まれつき一重から一生ものの二重(奥二重)を手に入れる方法2に載せてあります。

 

 

②地まつ毛を長く、太く、濃くする

 

これはいわゆる、まつ育を推奨しています!!><

 

実は私自身、2月16日からまつ育をしているんですよね。

 

キリンのようなまつ毛が欲しい、まつ育しますでも宣言していたとおり、ちゃんと行動に移していますよ。

 

ちなみに、まつ育しよう!!という気持ちに奮い立たせたきっかけはオーストラリアの赤ちゃんの写真でした。

 


(※これはイメージです)

 

外国の赤ちゃんなので、日本人の赤ちゃんよりもまつ毛が長くて太くて濃いのは当然かもしれませんが、あまりにも存在感のあるまつ毛で驚きました。

 

当たり前ですが、赤ちゃんってすっぴんじゃないですか??

 

マスカラを塗っていないのに地まつ毛でこんなに目力があるとは・・・。

 

そのまつ毛の美しさに圧倒されてしまいましたね。

 

こんなにフサフサで長いまつ毛にマスカラを塗ったら、どれほどの目ヂカラが出るんだろうか??

 

そればかりが頭の中でぐるぐるしてしまい、衝動的にオオサカ堂さんでまつ毛育毛剤を購入してしまいました。

 

購入したのはこちら(↓)の商品です。


ケアプロスト0.03% + アプリケータ

 

3か月を目安に続けてみようと思います。

 

また、それについては別の記事(↓)で経過報告が出来ればと考えています。

キリンのまつ毛に憧れて・・・まつ育して1ヶ月後
キリンのまつ毛に憧れて・・・まつ育して2ヶ月後
キリンのまつ毛に憧れて・・・まつ育中断して1ヶ月後

 

③まつエクをつける

 

個人的にはあまりオススメしませんが、まつエクをつけている方を見ると、確かにすっぴんの目では出せない目ヂカラがあって羨ましく思う時がありますね。

 

手っ取り早く目元を濃くするにはマツエクが最適ですよ。

 

 

④アイライン部分にアートメイクを施す

 

手軽さも、ノーリスクでもありませんが、アートメイクのアイラインは目力が出ますよ。

 

私は去年(2017年)の11月までアイライン(上)を5回やりました。

 


アートメイク前

 


5回目のアートメイク後
※アートメイクについて詳しく知りたい方は→メディカルアートメイクの病院探し、予約~施術まで

 

アートメイクは落ちないメイクと呼ばれるだけあって、アートメイク前の目元よりも濃くなったのがわかりますよね。

 

残念ながら、アートメイクではアイライナーのようなはっきりとした発色は出せませんが、薄いメイクをされている方なら、アートメイクのアイラインでも十分、満足できると思います。

 

個人的にはこの中でもアートメイクが一押しです。

 

時間もコストもかかりますが、自然な目力を出してくれますよ。

 

アイメイクにかかる時間も大幅に短縮できますしね。
(アートメイクのアイラインが活かせるメイク方法をこちらの記事で紹介しています)

 

 

これらの方法はすっぴんの目元への対策で、自分のすっぴんに自信をもつための方法として捉えてくださいね

 

決して薄い目元がマイナスとか、悪印象という意味ではありませんが、はっきりとした目元を好む(目力が欲しい)方が多いと思うので、このように提案させていただきました。

 

逆に目力があり過ぎて困る&濃いすっぴんの目元が嫌だという方にはオススメできない方法なので、ご了承ください。

 

ではでは、ばいなら。


スポンサードリンク

コメントを残す