キリンのまつ毛に憧れて・・・まつ育して1ヶ月後

 

 

キリンのようなまつ毛が欲しい、まつ育しますで宣言した通り、2018年2月16日からまつ育を始めました。

 

そして、まつ育を始めてから3月18日で1ヶ月が経ちました。

 

1ヶ月後の結果を報告する前に、今回のまつ育に使用したまつ毛育毛剤を先に紹介しますね。

 

 

今回使用したまつ毛育毛剤は個人輸入代行のオオサカ堂さんで取り寄せたケアプロスト0.03%という商品になります。

 


ケアプロスト0.03% + アプリケータ

内容はケアプロストが3本、アプリケータ(まつ毛に塗る刷毛)が1袋40本入りで6袋(240本)入っています。

 

このセットで私が購入した時点(2018年2月4日)では4188円でした。

 

 

注文してから届くまで1週間以上かかりました。

今までオオサカ堂の商品を頼んだ中で届くのが1番遅かったように思います。

 

 

 

このケアプロストは緑内障の治療に用いられると同時に、睫毛貧毛症の治療にも用いられます。

 

ケアプロストの有効成分はまつ毛育毛剤の中でも有名なルミガンと同じくビマトプロストです。

 

ビマトプロストはまつ毛の成長を促進させるので、まつ毛の長さ・太さ・量を改善します。

 

1本3mLで、開封して30日以内に使い切らなくてはいけないです。

3本購入したので、3ヶ月分の分量になります。

 

1日1回寝る前の使用のため、1ヶ月で使い切るには十分な量なのでたっぷり塗っても大丈夫ですよ。

 

使い方は簡単で、ケアプロストをアプリケータに数滴垂らして上まつ毛の生え際にアイラインをひくように塗ります

 

液は透明で、とろみがなく、サラッとしています。

アプリケータのブラシに液を浸み込ませる時は1滴ずつ垂らさないと、滴が落ちてしまうから注意が必要ですね。

 

最初は用量がわからず、両目で5滴垂らしていましたが、最低2.5滴で両目にたっぷり塗れることがわかりました。

 

私は規定通りの塗り方ではなく、マスカラを塗る時と同じやり方で塗りました。

万が一、アートメイクのアイラインが化学反応を起こして変色してしまったら嫌なので  ><;;

 

塗布した部分は上まつ毛だけでなく、下まつ毛も伸ばしたかったので、下まつ毛にも塗りました。

下まつ毛に関しては、アイラインをひくように塗っています。

ただし、瞼に液が付いてしまうと、色素沈着してシミになってしまうので慎重に塗っていき、瞼に液が付いたら急いで拭き取るようにしています。

 

また、緑内障の方は点眼して使用するので、まつ毛に塗っている最中に液が目に入っても沁みたりしないし、安全ですよ。

 

 

このアプリケータは塗りやすくて使いやすいですよ。

 

実はケアプロストを使ったのは今回で2回目で、去年(2017年)の4月に使っていました。

 

以前は、単品のケアプロスト0.03%のみを購入して、アプリケータの代わりに綿棒で塗っていました。

しかし、綿棒で塗ると、どうしても瞼に液が付いてしまい、最終的に濃いシミになってしまったので、ケアプロストを使うならアプリケータ付きのセットのものを買った方が絶対に良いですよ。

 

いまだに右の下瞼にシミが残っているのでとても後悔しています。

 

 

さて、【ケアプロスト0.03%を使う前のまつ毛】がこちら(↓)。

 

 

それでは、経過写真を載せていきますね!!

 


4日目

 

 


5日目

 

 


8日目

写真ではわかりにくいですが、下まつ毛が少し伸びたような気がしました。

 

 


9日目

 

 


10日目

 

 


11日目

 

 


12日目

横を向いた時に、母にまつ毛が伸びていると指摘されました。

 

 


16日目

 

 


18日目

 

 

20日目】で、目尻側のまつ毛があまり伸びていないように感じたので、この日から目尻側のまつ毛にたっぷり塗るようになりました。

 

 


21日目

写真はないですが、下まつ毛が明らかに伸びたと実感しました。

 

 


22日目

 

 


23日目

 

 


24日目

 

 


25日目

 

 


26日目

 

 

 
28日目

 

 


29日目

※左目にタオルの線維が付いています。目の病気ではないです。

 

 

 
30日目

 

 

 

【ケアプロストを使う前】と【使って1ヶ月後】の比較はこちら(↓)。

 


Before


After

 

 

 
Before

 
After

 

撮る角度を失敗しました。

 

まつ毛の状態を比べるには撮る角度を全統一しないと全然比較が出来ないですね。

 

これでも気をつけてはいましたが、、、難しいなあ 汗。

 

今度からもう少し上から撮らないとまつ毛の長さがわかりにくいですね。

 

結果的には、1ヶ月後の方がまつ毛の長さも太さもあります。

 

その証拠に、私は寝る時はうつ伏せで練る癖がありますが、寝起きはまつ毛がカールするようになりました。

 

まつ育を始める前までは朝起きてまつ毛がカールされているという状態はほぼなかったので、まつ毛が少し伸びた証拠ではないでしょうか??

 

 

それと先に述べておくべきでしたが、ケアプロストにも副作用があることは承知してください。

 

私の場合は初日から塗った部分が一時的に熱くなりました。

それに時々、まつ毛の生え際や瞼の裏が痒くなったり、目がゴロゴロしたりすることがありましたね。

 

決して副作用がない商品ではないので、あまりにも症状が酷い場合は使用を控えてくださいね。

 

もっと目尻側のまつ毛を伸ばしたいので、念入りに目尻部分のまつ毛を塗るようにします。

それにまつ毛の状態がまばらに見えるので、まつ毛の短い部分が長い部分と同じ長さまで伸びるようになって欲しいですね。

 

無茶な願望ですが、3本使い切った時点で最終的にまつ毛の長さが1cmになっていたらいいなあ。なーんて

 

次の更新は2ヶ月後になりますね。

 

ではでは、ばいなら。

スポンサードリンク

コメントを残す