ニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて6ヶ月後の比較


 

去年(2017年)の9月29日からニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて3月29日で6ヶ月が経ちました。

 

5ヶ月時点との比較をしながら、5ヶ月時点での考察と反省について書きたいと思います。

 

まず、記録して5ヶ月後の2月28日(記録153日目)時点と6ヶ月後の3月29日(記録182日目)時点の比較写真を載せます。

 

2月28日が(上)で、が3月29日(下)の写真になります。

 

3月28日から機種変更してカメラの精度が上がったので、3月29日の方の画質が変わっています。

 

 

この前日の記録181日目におでこに炎症しこりニキビが出来ました。

 

顔洗う時に指で触ると痛い。

打撲のような痛みが走る。

治りにくそうなニキビだけど、おでこに出来たしこりニキビは放置していたら勝手に治っていくものが多いので、膿は出さないですね。

 

 

肌の凸凹感が6ヶ月後の方では良くなったように思います。

 

 

さらにアップしてみると・・・

画質が変わってから実際の肌の赤みが写真で鮮明になったので、以前の写真と比較しにくいですが、6ヶ月後の方が毛穴やニキビの状態が良くなったように感じます。

 

5ヶ月後以降は何度か化膿ニキビが出来て膿を出しましたがね。

 


記録170日目

 


記録174日目

 

 

こめかみニキビについては、

 

写真筆は6ヶ月後の方がニキビ跡が薄くなっているような感じがしますが、実際には5ヶ月後とそんなに変わっていないように思います。

画質が変わって私でも比較しにくいです。

 

写真が切れているので、少しわかりにくいですが、記録160日目に出来た眉付近のニキビの跡は

ほとんど残っていないようですね。

 

 

6ヶ月後の方にあるニキビ跡は記録178日目に膿を出した時のニキビですね。

 

膿と共にニキビの芯を取り出せました。

 

 

 

6ヶ月後の方にはニキビは見当たらないし、肌がフラットな状態に見えます。

 

さらにアップにすると・・・

5ヶ月後の方には凸あり炎症ニキビがありますが、6ヶ月後の方にはニキビ跡しか見られません。

 

記録152日目あたりから出来た炎症ニキビが、記録154日目の夜に膿を出してから、

1日で大幅に改善されました。

膿を出したことで早く炎症を抑えることが出来たので、6ヶ月後にはその部分のニキビ跡は綺麗に治っていますね。

 

 

 

鼻先には記録180日目に出来た時のニキビ跡が残っていますが、それ以外の部分では6ヶ月後の方が鼻の頭の赤みが少し引きました。

頬のニキビやニキビ跡も6ヶ月後の方が良くなっている感じがします。

 

 

 

5ヶ月後よりも鼻のニキビ跡はかなり良くなりました。

3月のいつ頃だったか忘れましたが、はっきり薄くなったのを実感しました!!

 

ただ、記録180日目に出来た鼻先のニキビの跡が残ったので早く消えて欲しいなあ。

 

そのニキビが潰れた時の様子がこちら(↓)。

派手に破裂したようですね。

 

 

さらに右側から撮った鼻の写真も載せておきます。

 

 

 

 

5ヶ月後の方にはあごの真ん中に炎症しこりニキビがありますが、6ヶ月後の方にもわかりにくいですが、あご先に同じような炎症しこりニキビがあります。

 

これはおでこのニキビが出来た日(記録181日目)と同じタイミングで出来ていました。

 

生理前だからかな??

それか、気温が上がって、身体に熱がこもり易くなったからニキビが出来たのかもしれませんね。

 

5ヶ月後のあごの炎症しこりニキビの変遷は・・・

 

 

絆創膏で湿潤療法を何度か繰り返して、

記録154日目の夜にニキビの表面が黄色くなっていたので、膿を出すことに。

苦戦しましたが、なんとか膿を出すことに成功しました。

 

そして、記録155日目の朝になると、

ニキビの大きさが小さくなりましたが、まだ膿が溜まっている状態。

しかし、それからは試みたものの、膿は出て来ず。

 

記録156日目には綺麗にしこりの感じは残っているものの、かなり良くなりました。

しかし、それからもあごのニキビの状態が落ち着くことはなく、この1か月間は頻発していましたね。

 

特に記録165日目に出来たこのあごニキビは酷かった(↓)。



最初は小さなしこりタイプのニキビでしたが、わずか3日間でかなり悪化しました。

 

 

こちらも絆創膏の湿潤療法の繰り返しで膿を出していき、記録172日目での膿出しを最後に今ではニキビ跡になって落ち着いています。

 

 

 

 

記録して5ヶ月後と比較すると、化膿ニキビやしこりニキビが頻繁に出来て、一部ニキビ跡が濃く残ってしまったところもありますが、それでも肌の状態は6ヶ月後の方が良くなったように思います。

 

 

記録135日目からベンザックジェルの使用を再開して1ヶ月半以上が経ちましたが、相変わらずニキビは出来るものの、これでも肌の調子は良い方ですね。

 

これからもベンザックジェルを使い続けたいですが、またボタニカルハーブエステジェルも使いたいなあと思い初めてウズウズ・・・。

 

100g(左)の方はまだ新品なので、早く使いたいですね。

でも、ベンザックジェルと併用すると、また肌がとんでもないことになってしまうので止めておきます。

 

本当はボタニカルピールもやりたいんだけどなあ!!

 

いっぱいやりたいことがありすぎる。

 

さて、以前にNOW Foodsのサプリメントを購入したことをNOW Foodsのサプリメントの紹介記事に書きましたが・・・・。

 

そのうちナチュラルベータカロテンは記録164日目から記録171日目まで1日1粒飲んでいましたが、どうも身体に合わなかったみたいで、みぞおちの痛みと腹痛が続いて途中から飲むのを止めることにしました。

 

さらにもう一つ、L-システインもナチュラルベータカロテンと同時進行で飲んでいましたが、こちらもナチュラルベータカロテンと同様にお腹に来るような気がしたので、一旦中断しました。

 

それにL-システインは味がとてもマズくて飲む気が失せてしまったのもあります・・・。

 

ナチュラルベータカロテンを飲めないので、また別のサプリメントを探していたら、乳酸菌に辿り着きました。

 

なぜ、乳酸菌に行き着いたのかというと、このナチュラルベータカロテンによる腹痛のことを考えていたら突然頭の中で乳酸菌というワードが出て来ました。

 

そして乳酸菌を調べているうちに、ニキビやニキビ跡の改善が期待される乳酸菌があることを知って、このニチニチ製薬のチサフェルナチサホワイトに出会いました。

 

チサホワイト→記録177日目から飲み始めて、チサフェルナと飲む際は1日1包

チサフェルナ→記録179日目から1日2包飲み始めた

 

この乳酸菌についてはLFK(乳酸菌FK-23菌抽出物)含有のチサフェルナとチサホワイトで便秘改善で詳しく書いています。

 

 

今のところ、飲んでいてすこぶるお腹の調子は良いですね!!

 

まだ、ニキビに効果があるかはわかりませんが。。。

 

次の更新は1ヶ月後、7ヶ月後との比較になりますね。

 

もうニキビ・ニキビ跡経過記録をつけて半年も経つなんて全然実感がないです。

 

半年そこらでニキビを完治させるとか、ニキビ跡を薄くしたいとか、願わない方が良いですね。

 

 

早くニキビを治したい気持ちでいっぱいですが、年単位のスパンで考えてニキビ治療を続けていった方が、心にゆとりが持てるかもなあと今更ながらやっと思い知りました。

 

 

ではでは、ばいならー!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す