ニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて7ヶ月後の比較


 

去年(2017年)の9月29日からニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて4月29日で7ヶ月が経ちました。

 

6ヶ月時点との比較をしながら、7ヶ月時点での考察と反省について書きたいと思います。

 

まず、記録して6ヶ月後の3月29日(記録182日目)時点と7ヶ月後の4月29日(記録213日目)時点の比較写真を載せます。

 

3月29日が(上)で、が4月29日(下)の写真になります。

 

 

 

記録196日目に出来た眉間ニキビの跡は少し残っていますが、

1ヶ月も経てばもっと薄くなると思います。

 

 

7ヶ月後の方がニキビ跡の赤みや色素沈着が薄くなっているものの、広範囲にニキビが出来ているように感じます。

 

記録212日目には眉下にもこもりニキビが出来ました。


▲記録214日目には治っていました。

 

さらにアップしてみると・・・

 


▲記録212日目

この1か月間は右頬に目立ったニキビは出来なかったかも。

 

 

こめかみニキビについては、

 

 

7ヶ月後の方がこめかみニキビにとても手を焼きましたね。

一見、ニキビ跡のように見えますが、記録203日目から赤みの強い部分にしこりニキビが出来ています。

 

 


記録183日目

 


記録196日目

 


記録200日目

 


記録208日目

頬にニキビが出来なかった分、こめかみに頻繁にニキビが出来ました。

 

 

さらに、左こめかみにも・・・

出来にくくかった左こめかみにも、7ヶ月後の方には記録212日目からこもりニキビが出来ていて、皮膚が赤くなっています。

 

 

 

7ヶ月後の方がニキビ跡の赤みが薄くなったように感じます。

 

さらにアップにすると・・・

 


▲記録212日目

 

記録183日目から頬に膿が溜まった炎症ニキビが出来ていましたが、

 

記録185日目に膿を出して・・・

 

翌日には炎症がすっかり治まっていました。

 

 

また、もみあげ付近のニキビ跡の色素沈着を比較すると、

 


記録160日目

うーん、わかりにくいので、変化なしということで。

 

 

 

大きな変化は見られませんが、鼻の頭のニキビ跡などは薄くなりました。

 

 

 

こちらも6ヶ月後と大差なし。

 

 

右側から撮った鼻の写真も載せておきます。

 

7ヶ月後の方が鼻の頭の赤みが薄くなっていますね。

 

 

 

6ヶ月後と比較すると、ニキビ跡の赤みや色素沈着がかなり薄くなりました。

ただ、右側のあごには炎症を伴わないこもりニキビ(↓)が眠っています。

 

記録212日目から出来ていたこもりニキビ。

ただ、2日後の記録214日目には炎症がひいて、しこりだけが残りました。

 

 

それと、記録190日目(↓)には化膿していたニキビの跡が7ヶ月後には残っていますね。

1度しか膿を出していないのに、再び炎症を起こさずに治っていきました。

 

 

また、記録181日目に出来たあご先の巨大炎症しこりニキビは

何度か絆創膏湿潤療法で膿を出して、記録187日目には

これだけ大きなニキビにもかかわらず、全くニキビ跡が残らずに綺麗に治りました。

なので、7ヶ月後の写真にはその跡が残っていません。

 

 

正直、顔のニキビよりも身体ニキビの方が頻繁に出来て気になっていました。

 

記録194日目には、何年かぶりに背中に粉瘤が出来たり、

 

記録203日目には首ニキビが出来たり・・・

 

記録202日目記録211日目には耳に粉瘤が出来たり・・・

 

 

 

 

 

記録して6ヶ月後と比較すると、胸や背中、首、頭皮など広範囲にニキビや粉瘤が出来て悩まされましたが、7ヶ月後の方が全体的にニキビ跡の赤みが薄くなって、以前よりも顔のニキビが出来にくくなったように感じます。

 

 

ニキビが出来にくくなったと感じたのは、LKF(乳酸菌フェカリスFK-23菌抽出物)含有食品であるチサホワイトとチサフェルナを飲み始めてからです。

※チサホワイトとチサフェルナに関しては、LFK(乳酸菌FK-23菌抽出物)含有のチサフェルナとチサホワイトで便秘改善で詳しく説明しています。

 

チサホワイト→記録177日目から飲み始めて、チサフェルナと飲む際は1日1~2包

 

(旧)チサフェルナ→記録179日目から1日2包飲み始めた

 

(新)チサフェルナ→(旧)チサフェルナを1箱飲み終えて、記録199日目から1日1包飲み始めた

 

これらを飲み始めてからいつかの数日間は肌の調子が良くてニキビが出来にくい状態になりました。

 

 

しかし、その矢先に思わぬ誤算が・・・。

 

 

子宮頸がん検診に行った際に、月経困難症治療のために低用量ピル(フリウェル配合錠LD「モチダ」)を勧められ、気乗りしないまま記録195日目から飲むことになりましたが、ニキビの悪化を理由に記録205日目を最後に飲むのを止めました。

 

それから1週間が経ちましたが、

 

ピルの後遺症か、こめかみやあごの輪郭などフェイスラインにニキビが多発。

 

また、ピルを飲んでいた時期には炎症を伴うしこりタイプのニキビが出来ていました。

 

 

フェイスラインに出来るニキビはホルモンバランスの乱れによるものと言いますよね・・・。

ピルを飲んでいた時期も短いし、途中で飲んだのを止めたせいで、ホルモンバランスが乱れているのかもしれません。

 

次の生理が来るまでに、ホルモンバランスが安定して欲しいもんです。

 

低用量ピルを飲まずにいたら、このニキビが出来ることはなかったかもしれないと考えると、ピルを飲んだのをめちゃくちゃ後悔。

あーあああ。

まあ、仕方ないですけどね。

 

 

さて、8ヶ月後の目標でも宣言しておきましょう。

 

とりあえず、ニキビよりもニキビ跡の赤みを軽減したいので、ベンザックジェルを塗る頻度を徐々に減らしていこうと思います。

 

なので、多少ニキビが出来ても気にしないことにします。

 

ニキビの塗り薬による肌の炎症をなくしたいので、この先の1か月間は肌の赤みを引かすことに専念しますね。

 

Saikiと共に保湿で使っているウォーターサイエンスジェルパックがもうすぐ底が見えてきそう。

去年(2017年)の9月30日から断続的に使ってきましたが、かなり長持ちしますよ。

 

使い心地の良いジェルなのですが、もう廃盤になってリニューアルされているので同じものが手に入らないんですよね。。。

リニューアル後は洗い流して使うタイプになるので面倒くさい。

 

これがなくなったら、Saikiのみで保湿するか、別の保湿剤を買おうか迷っています。

ニキビ跡が薄くなるような保湿剤でも探そうかな??

 

ではでは、ばいならー!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す