ファッションホテルに面接に来る人の特徴


 

ファッションホテルに関しての記事を今まで2記事書いてきました。

 

ファッションホテルの客室清掃バイトの苦労話
従業員はミタ。お忍びデート向けファッションホテルに来る珍客達

 

2記事を読んでくださればわかることですが、私はファッションホテルの清掃バイト(昼メイク)をやっています。

 

需要があるのかわかりませんが、

 

今回はファッションホテルに面接に来る人の特徴について書いていきたいと思います。

 

私は一応、今月の20日で今働いているところ辞める予定でいて、現在無料の求人サイトに私の勤務先の募集が出ています。

“一応”と書いているのは、今日から3日間、1人目の新人研修が始まるので、この人(or後々の人)が上手くいかない限り私がすんなり辞められるかは微妙な状況なんですよね。

 

実は私が昼メイクの常勤の中で2番目の古株で、シフトの都合上、私がいないと仕事が回らない事態になっています。

 

ここで働いて2年目の私が2番目の古株なんておかしな話じゃないですか・・・笑えないくらいとても離職率が高い職場なんですよねぇ 汗。

 

これには仕事内容もそうですが、人間関係や各人の家庭の事情が複雑に入り混じっているのが原因ですがね。

 

まあ、この話は置いといて・・・。

 

 

さて、ファッションホテルに面接に来る人ってどんな人か気になりませんか??

 

まあ、私のような普通すぎてつまらない人間がファッションホテルで働いているのはけっこう珍しい方かもしれません。

 

大学まで卒業して、わざわざそこで働いている人なんて私くらいじゃないですかね・・・。

 

一緒の働く方達はけっこう自己主張が強くて個性的な方が大半で、波乱万丈な人生を歩まれている方が多いような気がします。。。

 

平凡な人生を歩んできた私からすれば、その方達の話はとても面白くて楽しいですがね。

 

 

それと、男女関係なく喫煙者が多いですね。

 

見た目でいえば、私のところは派手な人が多いかも。

 

従業員はフロント、昼メイク、夜メイク(深夜メイク含む)で構成されていて、男女比でいえば、3対7で女性が多く、どちらかといえば女性の意見が通りやすい職場ではありますね。

 

基本的に昼メイクの募集には女性が、夜メイクの募集には男性の方が面接に来ることが多いです。

 

昼メイクは家事の片手間で来る主婦の方や私のようなフリーターが多く、夜メイクは学校終わりの学生や本職との掛け持ちの方が多いですね。

もっとも、私が働いているファッションホテルのように時給が最低賃金だとWワークのフリーターの方も来ます。

 

前働いていたところもそうでしたが、ファッションホテルって自分の働きたい時間帯の融通ってけっこう利いてくれますよ。

 

それに派手髪・ネイル・タトゥーがOKなので、夜職の18歳や20歳そこそこの若い方も面接に来ます。

 

以前、18歳の男の子が面接にスーツを着て来たことに驚きました。

TPOをわきまえての判断なのか・・・??

スーツを着てくるなら、派手髪をちゃんとしてきた方が良いんじゃないかな??と思っちゃったり・・・(チクリ)

 

また、買い物袋を提げて面接に来たおばさんもいました。

当然、買い物をしたついでに面接に寄ったのかなと思われますよね・・・。

この方は研修3日後に連絡なしで飛んだ某芸能人と同姓同名の方でした。

 

 

今まで見てる限り、面接に来る方の中で多かったパターンは面接での第一印象は良かったのに、研修当日には連絡なしでブッチする方ですね。

 

新人が入るたびに、研修当日に来てくれるか不安でドキドキしながら待ったりなんてことも、常でした。

これから一緒に働く人の気持ちをくみ取れない方々が多かったように思います。

 

ファッションホテルの清掃の求人って、『働きたい時間に働ける』『週1~、短時間労働OK』『家事の延長』『WワークOK』などが書かれているので、自分の都合良いように解釈されて面接に来る方がほとんどのように感じます。

 

実際は想像以上に肉体労働でハードだし、ギリギリの人数でシフトを回している職場だと休み希望はそれほど通りにくいですよね。

 

研修がハードですぎて、最短で2時間でお辞めになった方もいらっしゃいます。

 

どの職種でも言えますが、清掃といっても楽な仕事と思って面接に来ない方が良いですよ。

 

最後の締めの言葉になりますが、ファッションホテルの仕事だからといって、決してナめらずにある程度の覚悟をもって面接に来てください。

 

では、ばいなら。

 


スポンサーリンク

コメントを残す