ファッションホテルの客室に潜む危険


 

ファッションホテルの実態について語るのは、もう何記事目でしょうか??

 

ファッションホテルの客室清掃バイトの苦労話
従業員はミタ。お忍びデート向けファッションホテルに来る珍客達
ファッションホテルに面接に来る人の特徴

 

あ、まだ4記事目のようですね(そんなに書いていなかった)。

まだまだ話したいことが沢山あります!!

ファッションホテルの記事を書く方がメインのニキビ関連記事を書くよりも、正直捗りますね。

自分の経験談を書くのって楽しすぎる。

 

さて、今回の記事は初めてファッションホテルに行く方はもちろん、行き慣れている方にもぜひ知っておいた方が良い内容になります。

 

客室清掃しているメイク側の私から見て、『お客さんって客室の使い方が無防備だな』と感じることが多々あります。

何が無防備かっていうのは読み進めていくとわかると思います。

 

今から言うことは掃除する側の私にとってはマイナス。

 

本当は秘密にしておいた方が良いことなのですが、注意喚起の意を込めてあえてお伝えします。

 

 

知らぬが仏ではマズいです。

 

 

ファッションホテルの客室内の使用に関して気をつけておいた方が良い点は以下のとおりになります。

 

 

必ずしも備品が清潔とは限りません

 

ベッドの頭側の棚にマッサージ機のような大人のおもちゃを置いているホテルがほとんどではないでしょうか??

どんなにルーム料金が安くても、たいていの所は見かけますよね。

 

大人のおもちゃはヘッドの部分に袋を被せて置いてあります。

その袋に消毒済と書かれている場合もありますが、私の所はどっかの業者のロゴだったかな??

前働いていたファッションホテルでは消毒済みの袋でした。

 

この消毒済と書かれた袋、信用してはいけません。

はっきりと書くのは辞めておきますが、前の所も今の所も棚や机を拭く一緒のタオルでサッ・・・とね。

 

ファッションホテルで働かないと知らないことですよね・・・。

 

なので、大人のおもちゃを使う前にはウェットティッシュで拭いてから使うか、避○具を被せて使った方が良いですよ。

 

それを知ってから、私は先述した後者の方法で使用しています。

メイク泣かせの使い方ではありますが、一推しです。

 

 

備品のシャンプーやコンディショナーは不衛生かも

 

たまに備品のシャンプーやコンディショナーの中身を持ち帰る人、居ませんか??

 

自分の持ってきた容器に詰めたりして・・・。

心当たりがある人がいるはず!!

 

あれは辞めておいた方が良いですよ。

 

古いシャンプーの上に新しいシャンプーをどんどん足していっていますから衛生面は良くないです。

 

特に古いコンディショナーだと、塊のようなものが出てきたりします。

それに気づかずに持って帰って使って、後から肌にトラブルが出ても知りませんよ 汗。

 

 

また、お客さんのいたずらで水が入っている時もあります。

本当に辞めて頂きたいです。

 

たいていは掃除中に気づきますが、客が混み合う忙しい時間帯だと、備品の補充は後回しになるので確認できずにそのままのこともあります。

 

これに関しては申し訳ございません・・・。

 

 

お風呂の浴槽はシャワーで一度流してから

 

潔癖症の人と限定するわけではないですが、お風呂の浴槽のザラつきが気になる人っていると思うんですよね。

 

私もどちらかといえば気になる方です。

特にこの仕事をしてから、気になるようになりましたね。

 

意外と人間の垢や入浴剤のカスって力を入れて洗わない限り取れにくいんですよ。

 

ザラザラの原因は掃除が不十分な場合もあれば、浴槽の素材がザラザラor塗装が剥げてザラザラの場合もあります。

 

私のやり方ですが、浴槽がザラザラだと感じた時は熱湯で流してから使うようにしています

熱湯消毒的なね。

 

こうすると、気持ち的に安心して使えますよ。

 

 

包布は剥ぎ取らない方が良い

 

お客さんの中では、なぜか掛け布団のシーツカバーを剥ぎ取って使う方がいらっしゃいます。

 

ツルツルとして、ひんやりとした素材の布団を使用しているので、肌心地が良くて剥ぎ取るんだと思いますが・・・。

 

本当に辞めておいた方が良いです。

 

そもそも、掛け布団なんて頻繁に洗いませんから。

 

掛け布団は1日数組のカップルの身体に接触していて、汗や体臭、下手したら体液を含んでいます。

 

そして、そのうちの一部のお客さんが掛け布団を体液でビショビショにした時や生理で血だらけにして汚した時だけ、お湯で軽く汚れを落としてから乾燥機に放り込む程度ですからね・・・。

 

ぜひ、包布は剥ぎ取らず、そのまま使用してください。

毎回2人がかりで包布を替えているんですから、私達の労力を無駄にしないで・・・。

 

 

もしかしたらアレの取引が行なわれた後の部屋かもしれません

 

ホテルの立地にもよりますが、裏取引の穴場として使われやすいホテルってあるんですよね。

 

私が働いている所のホテルがまさにそうなのですが、トイレに注射器が詰まっていたり、机の上に薬が散らばっていたり、洗面台のゴミ箱に針が入っていたり・・・と何度かそういう経験がありました。

また、部屋に入った瞬間から充満している臭いでわかる時もありましたね。

 

一見、カップルに見えても、そこで行われるはずの行為はなく、綺麗なまま部屋を後にしている方達もいらっしゃいます。

 

ここで一般のお客さんに注意してほしいのは、むやみに部屋のあちこちを探らないこと。

 

特にベッドの隙間、トイレの後ろ、生理用ナプキン入れ、桟(さん)の所に手は入れない方が良いです。

場合によっては危ない物が見つかったり、針が刺さったりします。

 

掃除する私達も特掃以外ではあまり触らないようにしているエリアです。

 

自分の身を守りたければ変に好奇心を起こすことは辞めておきましょう。

 

 

無料の避○具に穴があいていないか確認

 

これを最後に持ってきた理由として、少し物申させて欲しい。

 

私は以前、『清掃の人は避○具に穴をあけていたずらしている』という都市伝説的な噂を聞いたことがありました。

 

実際に、掃除する立場の人間として、そんなくだらないことは一切したことはありません。

 

いちいち穴を開けてる暇なんてないわって言いたくなりました。

 

ただ、言いたかったのはそれだけです、しょーもなくてすいません。

 

ですが、万が一、お客さんのいたずらで穴が開けられていることはあるかもしれません

 

いちいち、入れ替えるものではないので、使っていなかったら、そのまま次のお客さんが使うことになります。

 

実際にそういうケースに遭遇したことはないですが、念のため穴が開いていないか確認して損はないですよ。

 

以上になりますかね。

 

 

ファッションホテルは一般の方のみならず、裏社会の人間との関わりを持ちやすい場所でもありますが、人間の欲や好奇心が色濃く反映された場所なので、普段は真面目な人でもいたずら心が芽生えたりすることもあるんですよね。

 

 

 

この記事を読んでファッションホテルについて少しは理解していただけたのではないでしょうか??

 

くれぐれも羽目を外し過ぎずに、大切な人と愛を深め合ってお過ごしください。

 

ではでは、ばいなら。

 


スポンサーリンク

コメントを残す