ファッションホテルで実際に起きた怖い話


 

もうすぐ夏になりますね!!

 

夏といえば、涼しさを求めて心霊特番を見たり、興味本位で心霊スポットに行ったり、ホラー映画を見に行ったりしませんか??

 

私はホラー映画や怖い話が好きなので、今からの時期はめちゃくちゃテンションが上がります。

youtuberの方も心霊スポット検証系の動画が多くアップされていますよね。

 

 

ところで、またまたファッションホテルの話になりますが、

 

ファッションホテルの怖い話や怖い噂、都市伝説的な話も含めて一度は聞いたことがあるのではないでしょうか??

 

それで客寄せをしているケースもあるとは思いますが、

 

現に、私が働いているファッションホテルは事故物件のサイトで有名な大島てるで炎マークがつけられています。

 

まあ、事故物件扱いされています 笑。

 

 

そこで、私が働いているファッションホテルで実際に起きた怖い話をちょっくらしていこうかな。

 

 

そもそも、働く前までは働いているホテルが事故物件とは知りませんでした。

 

事故物件と知ったのは去年(2017年)の夏、新しいメイク希望の女性が入ってきた時。

 

その方が、『ここのホテル、大島てるに載っていますよ』と。

 

詳しく書くと特定されてしまうので控えますが、どうやらある一室で撲殺事件があったそう。

その部屋番号を言われた時にとても鳥肌が立ちました。

 

私は霊感は全くありませんが、その部屋に掃除に入った時に部屋の雰囲気??空気??が変わることが何度かあったんです。

 

毎回部屋の明るさが違うような。

昼間なのに、どこか暗い雰囲気になるように感じる時があったので気になっていました。

 

 

一緒に働いている人に聞いても、『そんなことないよ』と言われたり。

しかし、その新しい方が話した途端に、長く働いている方が話してくれました。

 

その撲殺事件があったかは知らないようでしたが、どうたら、その部屋で昔、会社のお偉いさんが自殺したそうです。

それは大島てるには書かれていない内容でした。

 

 

その後はちゃんとお祓いしたそうですが、それ以降しばらくは掃除に入るたびに勝手にテレビがついて、亡くなった方がよく見ていた笑っていいとも!』の番組のチャンネルに変わるということがあったそうです

 

 

私達を怖がらせないように今まで黙っていたそうですが。

 

 

今ではその部屋でテレビが勝手につくという現象に遭遇したことはありません。

 

 

ですが、その部屋ではなくて、勝手にテレビがつく部屋がもう一部屋あったんです。

 

 

ついでに、その部屋についても少し聞いてみました。

 

 

すると、その部屋は自殺未遂があった部屋でした。

 

カップルが喧嘩して、男が『一人になりたい』と言った後に(男が)バスルームで首を吊っていたそうです。

 

当時、バスルームにカーテンをつけていたらしく、そのカーテンの竿にネクタイ??ロープ??をくくりつけて首を吊っていたらしい。

それが問題になって、首吊り防止のために、全室のカーテン竿を取り外したそうです。

 

当時働いていたフロントさんはちょうどその部屋の前がフロントとメイクの休憩室なので、深夜メイクが帰って一人になるのが怖くて、塩をずっと持ち歩いていたそうです。

 

しかし、この話とテレビが勝手につくことに関連があるのかはわかりません。

 

私が働く前に起きた怖い出来事は聞いた限りこれだけですね。

 

 

客室内で起きた怖い話は以上になりますが、実は客室以外にも怖い話を聞きました

 

 

一緒に働いているメイクさん(仮にIさん)から聞いた話です。

 

確か去年(2017年)の1月頃。

 

地下にリネンが置いてある部屋があるのですが、Iさんはその部屋でシーツのセットを組んでいる最中でした。

 

リネン室の隣には昔従業員が使っていた小さな浴室があるんですね。

その浴室の中にリネン業者が持って行く使用済みのシーツが入った袋が置いてあります。

 

基本的に袋を浴室に置くのはフロントさんの仕事で、メイクさんでも気を利かせて置く場合もあります。

 

Iさんは隣の部屋に人がいる気配を感じたそうです。

 

(あ、フロントさん(仮にSさん)が袋を置いているんだな)と。

 

 

Sさん、そこにいるー??』と声をかけてみました。

 

 

返事がなかったので、隣の部屋をちらっと覗くと女性の後ろ姿が見えたので、(あ、やっぱりいるんだね)と思い、リネン室に戻りました。

 

セットを組み終えたので、休憩室に戻ろうと階段を上っていると、Sさんが座っていました。

 

 

『Sさん、さっき地下の浴室にいたでしょ??声かけたのに気づかなかった??』と聞いたところ、

 

 

 

あたし、地下に行ってないよ。ずっとここから動いてないもん』と。

 

 

 

あの時、Iさんが見た女性は一体何だったんでしょうか??

 

Iさんは霊感があるので、もしかしたらIさんには何か見えていたのかもしれません。

 

 

それと、この地下についてですが、今まで一緒に働いてきた方は皆『怖い』『気味が悪い』と口をそろえて言います。

 

確かに薄暗いし、倉庫もあるから汚いけど。

 

私は一度も怖いと感じたことがないので、言われるまで気づきませんでしたが、まあ薄気味悪いですね。

 

本当は地下に従業員のロッカーがあって、そこに貴重品以外の荷物を入れることになっていますが、皆、地下に行くのを嫌がってロッカーを使っていませんでした。

私もそのロッカーは使っていません。

 

まあ、中が汚いし、いざ何かあった時に地下に荷物を置いてたらサッと逃げられないでしょ??笑

 

 

今回、お話しした怖い話以外にも、実はとっておきの話がありますが、なぜか話してはいけないような気がして書くのに躊躇しています。

 

また次回にとっておきましょう。

 

少しは涼んでいただけたでしょうか??

 

あんまり怖くないと思うので、思いっきり夜中に見てくださいね。

 

 

あ、ちなみに、私が働いているホテルの向かいにあるファッションホテルや少し離れた場所にあるファッションホテル何軒かも事故物件でした。

 

ファッションホテルの事故物件は珍しくないですよ。

 

 

ではでは、ばいなら。

 


スポンサーリンク

コメントを残す