自称ホワイト企業の清掃会社の面接を受けた結果・・・


 

実は先週の金曜日(6/15)にビジネスホテルの客室清掃のバイトの面接に行ってきました。

 

そこはバイトルやindeedにも求人が載っているところで、10時から15時までの5時間で、時給1000円以上、交通費全額支給のところを見つけて、これは行くしかないでしょ!!とすぐにweb応募。

 

応募した日には連絡は来ず、翌日の午前10時前に着信履歴が残っていたので、折り返し電話をして、その翌日の午後1時に面接を受けることになりました。

 

私の家から徒歩と電車で、50分かかるところに勤務地のビジネスホテルがあります。

 

面接の場所も勤務地でしたが、その最寄り駅の出口で待ち合わせることに。

 

待ち合わせ場所に12時半過ぎに到着したので、しばらく待っていると、一人の男性の方がやってきて、その方が面接担当者ですぐに声をかけていただいて、ホテルまで連れて行ってもらいました。

 

そのビジネスホテルは駅近くにあって、今年の4月にオープンした新しいホテルだそうで、建物自体もそうですが、客室がとても綺麗でした。



 

案内された掃除済みの部屋で面接を受けることに。

 

履歴書を渡すと、最初に『学歴が凄いなあ』と圧倒されていました。

中学、高校、大学、大学院と学校名が全て長いので自分でも引いてしまうくらい学歴がびっしり。

学歴を書くだけで腱鞘炎になりかけます。

 

職歴の欄には、約2年半の客室清掃バイトの経験があることを書いておきました。

ファッションホテルの客室清掃になりますが、客室清掃経験としてカウントしてもらえるんじゃないかと思ってね。

 

志望理由にも、同様の内容を書きました。

 

 

ふむふむふむふむ・・・。

 

面接官< 前のバイトって、社会保険に入っていなかったの??

 

私< はい・・・。そうなんです・・・。グレーな企業といいますか・・・。

 

働いていた会社を悪く言うのは控えた方が良いのかと思って曖昧に返事をしていました。

 

面接官< それ超ブラックだよ。ブラック企業。その点うちはホワイトだから安心してください。社会保険はもちろん、交通費も全額支給だし、大切り手当もあるし、昇進したらボーナスも出るし、生理休暇もあります。その他の色んな福利厚生もありますよ。あなたが務めていた会社と全然違います。

 

と、ホワイト企業であることを猛アピールされていました

 

 

今までブラック企業で働いていた自覚はもちろんありますよ。

ただ、『うちはホワイト』『成長途中の会社』と言われると、ブラック会社で働いていただけに違和感を感じるわけですよ。

 

私が変なのかな・・・。

 

そんなに言われるほどブラックだったのかなって考えちゃいました。

自分の会社がブラック企業かという基準は働く側の人間の捉え方にもよりますがね。

 

 

話していくうちに、私が望む給料の関係上、アルバイトよりも社員の方が良いのでは??ということで、急遽同時に募集していた社員の選考に切り替えられました。

 

そして、一般常識問題と適性検査(おそらくYG性格検査)をされました。

 

一般常識は舐めたような問題で楽勝でしたが、適性検査は過去の就活で落ちたことがあるので自信がありません。

 

面接が終わってから、掃除の仕方について少しだけ質問したり、働いている従業員の方に挨拶をしました。

面接官の方はその場で『ほぼ採用』と何度か言っていました。

 

 

結果は1週間程かかるらしく、早く仕事を始めたい私の気持ちを汲んで、なるべく早く結果を知らせるようにすると言ってくださいました。

 

 

いつでも電話を取れるようにしてくださいと。

 

 

しかし、一向に連絡が来ません。

 

 

昨日で1週間が経ちましたが、一切何にも。

金曜日に面接をして、土日を挟んだとしても、既に5日以上経っています。

 

 

こちらが想像する以上に、一人を雇う際の取り決めや手続きに時間がかかるのかもしれませんが・・・。

 

 

それか、月曜日の地震の影響で、選考が遅くなっているのかもしれませんがね。

 

 

まあ、来週の月曜日までに電話がかかってこないようなら、不採用ということでしょう・・・。

 

 

不採用の場合は連絡なしなんて言ってたかな??

いや、言っていないはず。

 

それとも、【返事なし=不採用】ということが暗黙の了解なのか??

 

1週間程度っていう、曖昧な言い方をしていたくせに。

 

 

こちらも1社に絞っていた訳ではありませんが、『ほぼ採用』なんて言われたら、少し期待しちゃうじゃないですか。

その面接官的には採用だったとしてもね。

 

 

未定の場合は、口が滑っても言わないでほしい。

 

 

『ほぼ採用』って言葉は無職にとっては殺し文句だよぉ 涙。

 

面接官が言う『ほぼ採用』は当てにしてはいけないそうで・・・面接でよくあるパターンらしいですが、ショック。

 

その手口がブラックだわ。

 

っていう何もオチのない話です。

 

 

ただ無職でいるのが辛くて書いた記事です、ごめんなさい。

 

ここ数日応募しても連絡なしやブッチだし、面接も落ちていてヤケ書き。

あー、会社名言いたい。

 

 

ホワイト企業って労働基準がホワイトっていう意味なのね。

ホワイトな対応をしてくれるいう意味ではないんですね。

 

 

あちらさんからしたら、採用するかわからない人の面接に時間を割いて、自分の仕事に取り組む時間が減るにしても、こちらも往復1500円以上かけて採用されるかもわからない面接を受けに来ているんだから、いくらなんでも音沙汰なしなんていと悲し。

 

 

メールでいいから、『不採用』の3文字だけでもいいからさ!!

メールを打つ時間もないくらい仕事が詰まっているのか??

 

テンプレートかなんか知らないけど、いちいち型ぐるしい言い回しで【~ご期待に添えない結果となりました。~】など無駄に長文のメールなんていらないから。

 

 

どっちにとってもマイナスな結果なんだから、不採用なのに丁寧な返事をする方がおかしいよぉ。

 

 

まあ、愚痴を言ってても仕方がないので、切り替えて次に行くしかないですね。

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 

愚痴を聞いてくれてありがとぉ・・・。

 

ではでは、ばいなら。

 


スポンサーリンク

コメントを残す