ニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて9ヶ月後の比較


 

去年(2017年)の9月29日からニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて6月29日で9ヶ月が経ちました。

 

8ヶ月時点との比較をしながら、8ヶ月時点での考察と反省について書きたいと思います。

 

まず、記録して8ヶ月後の5月29日(記録243日目)時点と9ヶ月後の6月29日(記録274日目)時点の比較写真を載せます。

 

5月29日が(上)で、6月29日が(下)の写真になります。

 

 

この1か月間はニキビが出来にくいおでこにも、ニキビが出来てしまいました。

 


▲記録264日目


▲記録268日目

私の場合、おでこニキビはストレスが溜まっている時や忙しい時に出来やすいですが、おそらく前者の理由でしょうね、

 

 

9ヶ月後の方が、8ヶ月後よりも肌が凸凹して見えますよね。

 

 

さらにアップしてみると・・・

 

 

 

小さな皮脂の溜まったニキビがプツプツ出来て目立っています。

 


▲記録247日目

 


▲記録265日目

 


▲記録272日目

ここ1ヶ月の間で皮脂の溜まったニキビが何度も出来て、その度に中の皮脂を出していました。

 


▲記録271日目

最近では、皮脂の溜まったニキビが密集して炎症を起こしていましたが、中の皮脂を出すと、徐々に炎症が治まっていきました。

 

 

こめかみニキビについては、

 

 

 

左右のこめかみ共に、この1か月間にニキビが出来た記憶はないですね。

右のこめかみはまだニキビ跡が残っていますが、少しずつ薄くはなっているように感じます。

 

 

 

8ヶ月後と比較してそれほど変化はないように感じますが・・・。

 

さらにアップにすると・・・

 

 

 

ここ1か月間であまりニキビが出来ない左頬にも、炎症ニキビやこもりニキビが出来ました。

 


▲記録252日目


▲記録269日目

9ヶ月後の今では、回復したので左頬に気になるニキビはありません。

8ヶ月後の時と同じ良好な状態に戻っています。

 

 

また、もみあげ付近のニキビ跡の色素沈着を比較すると、

 

 


▲記録242日目

9ヶ月後の方には点状の濃いニキビ跡が残っています。

 

おそらく、記録245日目に出来たニキビの跡ですね。


▲記録245日目

 

 

ここ1か月間は鼻にニキビが多発しました。

 

毎日のように鼻のニキビの膿出しをしていましたね。

 

先月の5月は寝てる間に勝手にニキビが潰れて血が出ていることが多かったのですが、今度は毎朝のように鼻に皮脂の溜まったニキビが出来ていました。

 


▲記録257日目

 


▲記録262日目

 


▲記録263日目

 


▲記録264日目

 


▲記録266日目

鼻のニキビは膿は出しやすいけど、ニキビ跡が残りやすくて困ります 汗。

膿を出した後でも、なかなか赤みが引いてくれませんしね。

 

 

お次は鼻の写真。

 

 

9ヶ月後の方が、鼻にニキビがよく出来ていたので肌が汚い。

光の加減かもしれませんが、8ヶ月後よりも小鼻の毛穴が目立ちます。

 

記録261日目には小鼻にもニキビが出来ましたしね。


▲記録261日目

 

 

右側から撮った鼻の写真も載せておきます。

 

この角度から見ると、8ヶ月後と9ヶ月後で差がないように見えますが、実際は9ヶ月後の方が肌の状態が悪いです。

それに肌が毛羽立って見えますね。

 

 

 

8ヶ月後と違って、久しぶりにあごニキビも手を焼かされました。

朝起きると、皮脂の溜まったニキビが多発しているし、変化のなかったこもりニキビが急激に悪化したり。

5月に落ち着いていたあごニキビが活発になりました。

 

皮脂の溜まったニキビ達。


▲記録260日目

 


▲記録264日目

 


▲記録265日目

ほぼ毎日、必ず1個は出来ています。

どうも皮脂のバランスが悪い状態のようで・・・。

 

また、記録253日目にはこもりニキビが出来て、


▲記録253日目

 

数日間は何の変化もなかったのですが、記録268日目に痛み始めて腫れだし、記録270日目の夜に絆創膏で湿潤療法を行なって、


▲記録270日目

 

翌日の記録271日目の朝には膿を出すことに成功。


▲記録271日目

 

膿を出した後もまだ膿が溜まっている状態でしたが、


▲記録271日目

 

記録272日目の夜にハーブピーリングのボタニカルピール レベル1をやってから、こもりニキビがかなり小さくなりました。


▲記録273日目

また、唇近くにも膿の溜まったニキビが出来て、何度か膿を出して治まりました。


▲記録269日目

膿を出しても、すぐに溜まってけっこうしぶといニキビでした。

 

さて、4月の終わり頃から悩まされていたフェイスラインのニキビですが、

 

 

撮る角度が違いますが、9ヶ月後の方がニキビ跡が多くなっているのがわかります。

小さなニキビからしこりのあるニキビまで出来ていたので、ニキビ跡が残りやすいフェイスラインにくっきり残ってしまいました。

 

特に記録255日目に出来た新入りのしこりニキビが痛い。


▲記録255日目

粉瘤のようなしこりですが、ニキビです。

 

 

あごの裏は・・・

 


▲記録221日目

9ヶ月後までの1か月間は、ニキビ跡が残るほどの炎症ニキビが出来ることはなかったですね。

 

あごの裏にも皮脂の溜まったニキビが頻繁に出来ていました。


▲記録258日目

あごの裏に出来た皮脂ニキビの膿出しは大変。

 

また、ニキビとは関係ないですが、何度も粉瘤が出来ました。


▲記録261日目

腫れて炎症を起こしては引いての繰り返しで、耳の周辺の皮膚が粉瘤に侵されて、どんどん汚くなっていっています。

 

 

記録して8ヶ月後と比較すると、9ヶ月後に向けての1か月間はニキビが活発になり、皮脂の溜まったニキビやこもりニキビが頻発して部位によってはニキビ跡が濃く残ってしまいました。

 

記録246日目から今までニキビ治療薬として使っていたベンザックジェル2.5%から劇ディフェリンゲル0.1%を使い始めましたが、8ヶ月後に宣言した通り、劇ディフェリンゲルを使う頻度を減らしてボタニカルハーブエステジェルやボタニカルピール レベル1を使うようにしてきました。

 

これで少しはニキビ治療薬から抜け出すことが出来たように思います。

 

しかし、今回、ニキビが頻発した原因として考えられることを挙げていくと・・・

 

①劇ディフェリンゲルの副作用

記録256日目からチサホワイトとチサフェルナの飲む量を減らした

③短期間でスキンケアを変えた

④バイト先の人間関係や就活、地震の影響のストレス

⑤季節の変わり目でゆらぎ肌になった

 

特に濃厚なのが③の短期間でスキンケアを変えた でしょうか。

 

6月は使ったことのない化粧品を試しましたね。

例えば、記録242日目の夜から5日間、セルビックの5Days透明感実感セットを使ったりしていました。

その時のレビュー記事がこちら⇒ニキビ跡で悩む私がEGF・FGFの美容液を5日間試してみた



セルビックの【EGF&FGF】トライアルセット

 

また、記録250日目から記録268日目までの19日間、あごとあごの裏にのみ、強力な美白作用を示すハイドロキノン入りの石鹸を使って洗っていました。

あごとあご裏はニキビ跡が特に酷い部分なので、写真の石鹸を使い切ったらどれほど薄くなるのか検証した記事を作りたかったのです。

それがこちら⇒あごのニキビ跡をハイドロキノン入り石鹸で洗い続けて2週間

 

 

ハイドロキノン入りの石鹸以外にも、新しく使い始めた石鹸があったので、久しぶりに劇ディフェリンゲルを使って肌が不安定な状態にもかかわらず、1ヶ月の間で色んな化粧品を試して肌を弱らせてしまったのかもしれません。

 

 

それと、話は変わりますが。

6月の中旬に更新したずっと脂性肌だと思っていた・・・美肌測定器を使うまではの記事にも書きましたが、美・ル・ルのスキンチェッカーを使って、

長年脂性肌だと思っていた自分の肌質が実はインナードライ肌(乾燥性脂性肌)だと判明してから、スキンケアを見直すことにして、記録271日目からキュレルの皮脂トラブルケアを使い始めることにしました。

まだ使って1週間も経っていませんが、私好みの化粧品でした。

これに関しても、また記事にしますね。

 

 

さて、8ヶ月後に宣言した9ヶ月後の目標を達成することが出来たので、10ヶ月後の目標を掲げます。

 

今あるニキビよりもニキビ跡となっている部分のケアを優先。

 

矛盾していますが、ニキビ跡を残らないようにするためには、本来ならばニキビを出来にくくした方が良いのですが、私の場合、ニキビを出来にくくするのはおそらく不可能だと思うんですよね。

それだったら、ニキビが出来るのは諦めて、今あるニキビ跡を薄くしていったら、新たにニキビが出来ても気にならないんじゃないかと。

 

とにかくニキビ跡が気になるのです・・・。

 

それでも、ニキビ跡が残らないように、今あるニキビのケアも怠らずにやっていくつもりではいますがね。

 

ではでは、ばいならー!!


スポンサーリンク

コメントを残す