ニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて10ヶ月後の比較


 

去年(2017年)の9月29日からニキビ・ニキビ跡経過記録を始めて7月29日で10ヶ月が経ちました。

 

9ヶ月時点との比較をしながら、10ヶ月時点での考察と反省について書きたいと思います。

 

まず、記録して9ヶ月後の6月29日(記録274日目)時点と10ヶ月後の7月29日(記録304日目)時点の比較写真を載せます。

 

6月29日が(上)で、7月29日が(下)の写真になります。

 

 

眉間に何度かニキビは出来ましたが、跡形残らず消えてくれたので10ヶ月後の方が綺麗ですね。

 


▲記録275日目


▲記録290日目

ニキビ跡を残さないようにするには、炎症を長引かせず、早い段階で膿を出すことが大事だと思います。

 

 

 

 

9ヶ月後にあった小さなブツブツニキビが落ち着いて、10ヶ月後の方が肌の状態が良くなったように見えます。

 

 

さらにアップしてみると・・・

 

 

 

9ヶ月後よりも、肌の状態が落ち着いていますね。

 

 

それでも、皮脂が溜まって盛り上がったニキビがよく出来ていました。


▲記録275日目

 


▲記録276日目

 


▲記録296日目

この時の疲れ切った肌の状態がもう悲惨で、泣きたくなった。

 


▲記録299日目

 

右頬に関しては、皮脂の溜まったニキビが何度も出来てかなり手を焼きました。

 

 

 

こめかみニキビについては、

 

 

右のこめかみは新たなニキビが出来なくなったので、ニキビ跡がかなり薄くなりました。

 

 

左のこめかみに関しては、

 

いきなり出来て、1日で消えたこもりニキビと遭遇。


▲記録279日目

 

 

 

 

9ヶ月後と比較すると、ニキビ跡が薄くなっているかは微妙。

 

 

さらにアップにすると・・・

 

 

断言はできませんが、毛穴が目立ちにくくなったような・・・。

 

 

あまりニキビが出来にくい左頬ではありますが、


▲記録286日目

何度か膿出しをしました。

 

 

また、もみあげ付近のニキビ跡の色素沈着を比較すると、

 

 

光の加減かもしれませんが、10ヶ月後の方がニキビ跡は残っているものの、肌の状態が落ち着いているように思います。

 

しかし、記録して10ヶ月を迎える数日前までは、


▲記録298日目

写真のように、もみあげに小さなブツブツニキビがたくさん出来た日が続いて困っていましたが、ボタニカルハーブエステジェルやボタニカルピール レベル1のおかげで、かなり綺麗になりました。

 

それと、


▲記録295日目

謎に存在感のある耳たぶニキビが出来たりしました。

 

 

 

9ヶ月後の方が、鼻の頭にニキビが多発して膿を出すことが多かったのを考えると、10ヶ月後は鼻ニキビに悩まされることはありませんでした。

 

ここ1ヶ月で、鼻の頭に出来たニキビといえば、小さなものを除くとこれだけかな??


▲記録283日目

面疔と書いていますが、面疔ではなくニキビです。

確か、小さなニキビの膿出しをした時に刺激で大きくなったものですね。

 

けっこう大きめのニキビでしたが、2日後には炎症が治まって意外と早く治りました。

 

7月は鼻の表面よりも、鼻の中にニキビが出来たのが印象的。

鼻くそと勘違いされたら嫌で、めっちゃ気になりました。

 


▲記録298日目

何度か綿棒で潰して膿を出しましたが、わりとしぶとかった。

 

 

お次は鼻の写真。

 

 

 

9ヶ月後のニキビが10ヶ月後には綺麗になくなっていますが、色素沈着が残っています。

 

 

 

右側から撮った鼻の写真も載せておきます。

 

 

10ヶ月後の方が、凸凹毛穴の状態や黒ずみが少し改善されたように見えるのは気のせいでしょうか・・・。

 

 

しかし、この間、小鼻の膿出しも。


▲記録278日目

 

 

 

9ヶ月後は皮脂の溜まったニキビがけっこう見られますが、10ヶ月後はそれがないものの、こもりニキビがある状態で、決して肌の状態が良いわけではありません。

 

ここ1ヶ月の皮脂の溜まったニキビ達のギャラリー。

 


▲記録285日目

 


▲記録287日目

 

それと、口の周りにも。


▲記録293日目

口の周りに出来たニキビの膿出しは痛くて涙が滲みます。。。

 

炎症が治まったかと思えば、再燃したり・・・。


▲記録301日目

 

皮脂の溜まったニキビは出来る度に綿棒で膿を出しています。

本当に毎日これの繰り返し。

1日でも、皮脂の溜まったニキビが出来なかったことはないですね。

 

 

また、10ヶ月を迎える直前で、


▲記録302日目

こもりニキビが多発。

 

 

さて、4月の終わり頃から悩まされていたフェイスラインのニキビですが、

 

 

 

 

3ヶ月後の7月終わりには以前よりもニキビが出来にくくなりましたが、ニキビ跡がしっかり濃く残った状態に。

 

 


▲記録287日目

 


▲記録295日目

 

頬の場合は、右側にニキビが出来やすいですが、フェイスラインに関しては、左右どちらとも均等にニキビが出来ますね。

 

 

あごの裏は・・・

 

 

フェイスラインに出来るニキビと同じで、あごの裏も以前に比べれば、ニキビは出来にくくなりました。

しかし、ニキビ跡がまだまだたくさん残っている状態。

 

 

中には、新たに出来たこもりニキビもありましたが、


▲記録285日目

あまり気にしないように過ごしていたので、気が付くといつの間にか治っていました。

 

 

記録して9ヶ月後と比較すると、10ヶ月後は9ヶ月後に見られたニキビが治まりましたが、10ヶ月後の目標として挙げていたニキビ跡については、あまり薄くなったようには感じません。

 

 

ニキビ跡のケアとしてやっていたことは、6月から再開したボタニカルピール レベル1ですが、7月に入ってからは2週間に1度のペースで2回やりました。

 

 

記録287日目の夜に5回目のボタニカルピール Level1を。

 

この時の記事に、初めて使ったアイテムのボタニカルカーミングマスクの感想も書いていますよ。

 

そして、2週間後の記録302日目の夜に6回目のボタニカルピール Level1を。

 

次の2週間後のボタニカルピールのつなぎとして、ボタニカルハーブエステジェルを塗ったり。

 

ボタニカルピールのおかげで、9ヶ月後よりもニキビが改善されていたのかな??

 

この1か月間はニキビの塗り薬に頼る必要があるほどの酷いニキビが出来なかった気がします。

 

 

それとも、7月に転職して、職場環境が変わったせいでニキビが落ち着いたのかも(普通は環境が変わったら肌が荒れやすいのにね)。

職種自体は変えていないので、何とも言えませんが(相変わらず肉体労働)。

 

 

また、記録281日目からは、再びハイドロキノン入りの石鹸(メディソープ HQ+)を使い始めました。

ボタニカルピール中やボタニカルハーブエステジェルを使う時は低刺激の石鹸(シャボン玉石けん)を使い、それ以外はこの石鹸で洗顔していました。

※ハイドロキノンについては、あごのニキビ跡をハイドロキノン入り石鹸で洗い続けて2週間でちょろっと説明しています。

 

 

内側のケアについては、記録177日目から飲み始めたチサホワイトと共に、

記録295日目からビタミン剤の代わりに一挙千菜を1日1杯(100mL)飲み始めました。

病院食としても栄養補給の目的で使用されていて、鉄臭いジュースではありますが、毎日飲んでもそんなに苦にはなりません。

 

飲むタイミングはたいてい朝ですが、これからも続けていけそうです。

 

チサホワイトに関しては、今飲んでいるので6箱になりますが、相変わらず快便。

LFK(乳酸菌FK-23菌抽出物)含有のチサフェルナとチサホワイトで便秘改善

 

 

さて、ニキビ・ニキビ跡経過記録を残して10ヶ月という、数字としてはキリが良いですが、期間としては中途半端ですよね。

 

出来れば最低でも1年続けたかったのですが、毎日写真を撮ったり、撮った写真を編集してブログにアップする作業が仕事を始めてからはとても負担に感じるようになって、ブログを更新することが辛くなりました。

 

仕事自体忙しくはないのですが、正直なところ、体力のない私には仕事終わりにブログを更新する気力がありません。

 

手抜きの記事になってしまうのが自分の中でとても嫌だったので、この記事を最後に10ヶ月続いたニキビ・ニキビ跡経過記録を終了することにしました。

 

ですが、インスタ(@cowowoaka)には時々、ニキビの写真をアップするので、もし見てくださる方がいましたら、いいね!を押していただけると、とても励みになります。

 

ニキビやニキビ跡に悩んでいる方にとって、私の記事が少しでも支えになる存在になれたらと思います。

 

今まで陰ながら見てくださった方々、ありがとうございました。

 

いっぱい汚い肌を晒してごめんなさい。

 

ではでは、ばいならー!!

 


スポンサーリンク

コメントを残す