台風24号でお世話になった非常食【レスキューライス】のレビュー


 

台風24号の被害に見舞われた方々はご無事でしょうか・・・??(他人事のように聞こえたらごめんなさい)

 

台風当日は仕事でしたが、幸いにも私の職場は宿泊施設なので、電車が運休しても会社が泊まる部屋を確保してくれたので特に問題ありませんでした。

それを見越してお泊りグッズやら食料を持ってきたしね。

 

部屋のテレビをつけると、私の住んでいる地域の上空映像が何度も放送されていて、不安になりながら翌日の仕事を終えてから帰ってきました。

 

私の実家は被害はゼロでしたが、近隣の住宅の屋根には修復業者の方達がいたので、全く被害がなかったというわけではないですね。。。

 

さて、話が変わりますが、母が『非常食の味見してみ??』ということでこんなものを持たしてくれました。

 

 

インスタ(@cowowoaka)にも更新したレスキューライス。

名前のまんま、緊急の時に食べてみろと。

 

せっかくなので、今回はこのレスキューライスについて、味の感想やらを書きますよぉい。

 

 

写真の2食はドライカレーとピラフです。

 

水でもお湯でも作れますぞというごはん。

 

温かいごはんが食べたかったし、お湯も沸かせたので、お湯で作りました。

お湯の場合は15分と当たり前ですが、水で作る(60分)よりも早く出来上がります。

 

お湯を入れる前の写真を撮るのを忘れましたが、パッサパッサで軽いお米たちが入っていました。

パッと見、美味しそうに見えなかったのですが、非常時にはそんなこと言ってられないです。

 

スプーンと脱酸素剤を取り除いてから、線の所までお湯や水を注いで、スプーンでしっかり混ぜてから時間まで待つ。

 


▲ピラフ

 

15分後の状態がこちら。

 


▲ピラフ

 


▲ドライカレー

 

規定の時間きっちりで、しっかりお米が戻っています。

これはお湯で作ったver.なので、水で作った場合はどうなるかはわかりません。

 

味はどちらも薄味でしたが、まあまあ美味しかったし、これだけで十分お腹がいっぱいになりますね。

 

この量のお米を普段の1食の食事で摂らないので、私的にはけっこうキツかったです。

具に関しては小さいながらも、満遍なくお米と混じっていました。

 

塩コショウをかけると、味付けは完璧。

ただ、普通のお米よりは米粒が小さくてパサパサしているので、飲み物や汁物が欲しくなりますね。

 

まだ、家に白米とわかめ御飯があるので、次の台風25号で帰宅困難になった時にでも食べてみようかな。

 

1食300円程とそこまで安くはないかもしれませんが、家に何食かストックして置いて水さえあれば確実に食べることが出来るので、コンビニやスーパーでの食糧調達し損なった時にでも食べそびれることのない食事ではありますね。

 

こういう非常時に限ってコンビニやスーパーが機能していません(不満ではなく事実)。

従業員の安全確保が第一ですよ。

 

実際に、このレスキューライスだけでは足りないだろうっと思って、ホテル近くのコンビニやスーパーを探していたら、何軒か臨時休業していました。

ちなみにこの時が台風のピークでした 汗。

 

なんでこのタイミングで外に出たんだろうと激しく後悔 涙。

 

彷徨いながら、真逆の方向にあるコンビニに向かいましたね。

 

さてさて・・・

 

 

以上が、レスキューライスについてのレビューでした。

 

ではでは、ばいなら。

 


スポンサーリンク

コメントを残す