初めてのアッシュカラー。リーゼ プリティアの透け感カラー ニューヨークアッシュに染めてみた


 

またまた久しぶりの更新。

 

今年も残すところ1ヶ月を切って着実に時が流れているのを感じて地味に焦っています。

もうすぐ2018年が終わるんだなあ・・・っと。

 

全然ブログ更新してないや。

 

気持ち的には書きたいので山々なんですが、いざパソコンの前に座るとyoutubeばかり見てしまうという。。。

そして、youtubeを見ながら過食に奔る毎日を送っています。。。

 

ということで、今日から砂糖断ちを始めることにしましたが、これに関しては後々記事にまとめるつもりなので省略しますね。

 

さて、もう8月のことになりますが、

 

初のアッシュ系のヘアカラーに手を出したので、その時のお話を書いていきたいと思います。

 

相変わらず、リーゼ プリティアが大好き。

 

実はアッシュ系のヘアカラーが似合わないと勝手に思っていたので敬遠していましたが、一通り自分の好きなヘアカラーを試した感があったので今まで染めてこなかった色に敢えて挑戦してみました。

 

 

アッシュ系のブラウンって色白肌の方が似合いそうなイメージ。

肌が健康的な肌色に近い私にはどうかなー??っと不安になりながら、せっせと染めていくことに。

 

それに、言い方が悪いかもしれませんが、くすんだ茶色は肌が汚いと余計に不潔っぽい雰囲気が出るような気がするので、ニキビ肌の私にはどんな風に映えるのかも不安要素でした。

 

 

ぜひ、私をこなれアッシュに導いてくれ~~。

 

リーゼ プリティアの中身はいつもこんな感じ(↓)。

1液と2液を混ぜて振って泡が完成(詳しいやり方は省きます)。

 

髪全体に泡を馴染ませてから、最長の30分間放置。

黒染め以降のカラーだったので、放置時間を長めにとりました。

 

放置中、疲れ目だったのか、目がショボショボと沁みたのと、首と耳の周りの皮膚が少しピリピリした感じがしましたが、それ以外は特に問題ありませんでした。

目の染みる感じが玉ねぎを切っている時と同じだった 笑。

 

 

それでは、ビフォーアフターに参りましょう。

 

 

染める前の髪色がこちら(↓)。

6月の就活に備えて黒染め用のナチュラルブラウンに染めて以来。

それから2ヶ月が経って黒染めが落ちて赤味が出てきた状態ですね。

 

 

ニューヨークアッシュに染めた後がこちら(↓)。

一見すると、過去に染めたことのあるプロヴァンスロゼ(※)と似てるな色味だなあと思いました。

セルフで憧れの透け感カラーを。リーゼ プリティア プロヴァンスロゼで染めてみた

 

光に当てるとなおさら赤味が目立つので、うーん、想像していたのと全然違うなあっと少しがっかりしましたが、

 

室内の明かりでは予想通りのアッシュ系ブラウンにちゃんとなっていました。

ただし、けっこう暗めのアッシュ系ブラウンです。

 

 

さらに染めた翌々日には、

外出して日に当たったので、前日よりは明るくなりましたが、明るいアッシュ系ブラウンを希望される方には物足りない明るさではありますね。

もっと明るくなることを期待していましたが、これ以上は明るくなりませんでした。

 

かなり長めに放置したのになあ。

 

黒染めの影響が残っているのか、私の髪質的にアッシュ系のカラーに染まりにくいのか。

 

それと、アッシュ系のヘアカラーってすぐに色落ちしてしまうイメージがありましたが、そうでもなかったです。

 

 

私的にはこの次に染めたブリティッシュアッシュの方が好みでした。

 

ニューヨークアッシュに染めてから3ヶ月近くが経った頃に、さすがにプリン状態になったので、同じ透け感シリーズのブリティッシュアッシュに染めました。

ニューヨークアッシュよりも、こちらの方が明るい色味になります。

 

今で2週間以上が経った状態ですが、室内でもかなり明るめのアッシュ系ブラウン

シンプルなヘアアレンジでも、このくらい髪色が明るかったらなんとなーく洗練されたように見えますよ。

かなり気に入っています。

 

今まで赤味系のブラウンが好きで染めていましたが、私にはアッシュ系のブラウンの方が似合っていることに気づかされました。

 

普通、赤味系のブラウンは肌の白さを際立たせると言われていますが、私にはアッシュ系のブラウンの方が肌が白く見えるような気がします。

 

新たな発見が出来て嬉しく思いましたね!!><

 

ではでは、ばいなら。

 


スポンサーリンク

コメントを残す