ニキビ跡の色素沈着改善目的で乳酸菌サプリメントを試した結果

にきびエッセイ

ニキビ真っ盛り中の2016年6月頃からニキビ改善に大きく貢献するのではないかと密かに期待していたのが“乳酸菌”。

その根拠として、あるサプリメントと共に乳酸菌を摂取すれば、ニキビの原因でもある皮脂の分泌を抑制できるという情報を知ったから。

▲乳酸菌革命

そこで、私が最初に試したのが“乳酸菌革命”というサプリメント。

乳酸菌革命は知る人ぞ知る、有名なアイテムかと思いますが、

その流れで乳酸菌について追求するうちに、勝手ながらニキビやニキビ跡の改善が期待できそうなサプリメントと出会うことができたので、今回は後者のサプリメントについてお話していきますね。

※サプリメント健康食品は医薬品ではありません。

※この記事で述べている感想等はすべて個人の意見です。ご了承ください。

スポンサーリンク

乳酸菌FK-23菌抽出物含有の乳酸菌サプリメント

乳酸菌革命を飲み終えた後に、2018年3月からチサフェルナとチサホワイトを飲み始めました。

▲チサホワイトと(旧)チサフェルナ

写真は左からチサホワイト、(旧)チサフェルナ。

チサフェルナとチサホワイトはニチニチ製薬株式会社さんが販売しているチサシリーズのLFK含有食品(乳酸菌加工食品)です。

*

LFKとは乳酸菌FK-23菌抽出物のことで、エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌を特殊処理したものだそう。※エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌は私達の腸内に存在する乳酸菌で、いわゆる善玉菌に値します。

*

LFKには花粉症などのアレルギー症状の改善や酒さ(赤ら顔)や皮膚の色素沈着の改善などの働きがあります。

*

この中で期待している効果は皮膚の色素沈着の改善。

つまり、私の場合はニキビ跡の色素沈着の改善が目的です。

さらにLFKについて調べていると、“ニキビへの効果に対する可能性”に関する記述も見つけましたが、ニキビ跡が少しでも薄くなったらいいと思って飲み始めたのがきっかけでした。

チサフェルナ

まずは、チサフェルナから。

▲(旧)チサフェルナ

本体価格は8000円で1箱に30包入っています。

こちらの商品は既に販売が終了していて、おそらく在庫処分で40%のオフの価格で購入したような気がします(記憶が曖昧)

▲(旧)チサフェルナ

1包あたり、ベージュ色のソフト顆粒が2g入っていて、量が多く見えますが、水と一緒に飲めばスルッと流し込めるので飲みやすい。

サプリメントではなく一応食品扱いなので、飲み物なしで食べることが出来ますが、水で流し込んだ方がむせずに飲み込めますね。

味は、蒲焼きのタレorお焦げのような香ばしい味がして、ギリギリ美味しく食べられる。

チサホワイトよりも舌の上に味が残りますが、飲んでいるうちに慣れますよ。

(旧)チサフェルナはリニューアルされて、ビタミンB群のビオチンが配合されてより美容効果の高いものになりました(↓)。

▲チサフェルナ

本体価格は9000円で、1箱に30包入り。

▲チサフェルナ

1包で2兆個のLFKとビオチン250µgが摂取でき、LFK(乳酸菌FK-23菌抽出物)の量はチサホワイト1包の約3倍。

ビオチンも皮膚を健康に保つ上で欠かせないビタミンの一つなので、ニキビが出来やすい私にとっては有り難い。

味は(旧)チサフェルナよりも香ばしくなく、甘味が増しているので飲みやすくなっています。

チサホワイトと併用して1日1~2包飲んでいました。

チサホワイト

お次はチサホワイト

▲チサホワイト

本体価格は4500円で、チサフェルナの半額で1箱30包入り。

▲チサホワイト

1包あたり、チサフェルナと同じような顆粒が1g入ってあります。

1包につき、6500億個相当のLFKが存在、ヨーグルトだと65L分に相当。

さらに、コラーゲンやヒアルロン酸なども含まれています。

舌の上にのせると一瞬で溶けて、カルピスやラムネのような味がしてとても美味しいので、水なしでも食べられます。

チサフェルナが苦手な人はチサホワイトが飲みやすいのでオススメですよ。

チサフェルナと併用の場合は1日1包、単体なら1日2~3包飲んでいました。

チサフェルナ3箱とチサホワイト8箱飲んだ結果

2018年3月末から10月頃まで、少なくとも半年間はがっつり飲んでいました。

飲み始めて1週間後の変化

そもそも飲み始めたきっかけはニキビとニキビ跡を改善する目的でした。

が、意外なところで効果が出ました。

*

飲み始めて1週間、とっても快便になったんです。

*

私の場合、バイトがある日は便秘になりがちで、休みの日に下剤を飲んで一気に出すという習慣になっていましたが、これのおかげで下剤が必要なくなりました。

それでも、朝時間がなくてバタバタしてトイレに行くタイミングを逃してしまうと、後でお腹が便を出したいと訴えているのがよくわかります。

なので、チサホワイトとチサフェルナは私の便秘にはとても良い働きをしてくれました。

*

ニキビを治すことしか頭になかった私には驚きの変化でした。

誰にでも便通が良くなるかは保証できませんが、お腹の調子を整えたいと考えている人には試してみる価値は十分あります。

私の母も便秘がちで下剤常用者ですが、チサホワイト1日1包飲み始めて3、4日目からは便臭がなくなったと喜んでいました(それでも下剤は止めれなかった)。

飲む量は日によって調整

箱に記載されている飲み方は、チサホワイトは1日1~3包、チサフェルナは1日2~3包を水などで飲むようにとなっています。

飲む量が多いと1日中お腹がゴロゴロして困った時もあったので、お腹の調子が悪い日は量を減らしたり、控えたほうが良いかもしれません。

私はチサフェルナとチサホワイトを組み合わせて飲んでいました。

ニキビやニキビ跡への変化

理想としては、ニキビができる頻度が減って徐々にニキビ跡も薄くなる、という流れが良かったのですが、半年間飲み続けた結果として理想通りの結果にはならなかった。

▲チサフェルナ&チサホワイト飲む前(2018年3月24日)

ただ、半年で飲むのを止めてしまったきっかけは、ニキビを本格的に治したくて途中からロアキュテイン治療を始めたからです。

ニキビ歴13年の私がロアキュテインを服用までの経緯と心構え
ニキビに悩まされ続けて13年目を迎えた私は2018年8月24日に難治性ニキビ治療の最後の切り札と呼ばれているロアキュテイン治療を開始しました。*長年のニキビとの闘いを終わらせる旅に出ることにしました。*ずっと躊躇していたニキビ治療をついに始

食品の扱いなのでロアキュテインと併用して飲むのは問題はないかと思い、自己判断で最後の8箱目を飲んでいました。

ロアキュテインを飲み始めた頃からはチサホワイトを1日1包しか飲んでいなかったかも。

*

今回の記事を更新したのは、もう一度チサホワイトを飲みたいと考えていたので、過去に投稿した記事をリライトしてまとめてみることにしました。

*

最後に、チサフェルナとチサホワイトを毎回注文していたのはニチニチ製薬株式会社が優良店だと認定しているキュアマート(Cure Mart)。

キュアマート

↑のマークが重要。

ニチニチ製薬さんが販売している商品を購入するならキュアマートがとても安心ですよ。

チサホワイトを購入すると、いつもおまけのチサホワイトが13包ついてきました(お得)。

▲おまけのチサホワイト

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました