一重から二重」タグアーカイブ

元一重の私の7年以上維持した二重瞼が崩壊の危機に


以前、書いた生まれつき一重から一生ものの二重(奥二重)を手に入れる方法の通り、私は自力で一重から二重or奥二重になることが出来ました。

かれこれ17歳から24歳の今まで、約7年間二重まぶたを維持した実績があります!

そして、5回目のアートメイクを施して以降、二重維持のために寝る前の絆創膏を貼るのを止めてしまいしたが、それでも二重をキープできていました。

しかし、つい最近の出来事になりますが、左目の二重の調子がおかしい日が続いたんです。

今からお話しすることは、元一重である私の7年以上維持した二重瞼が崩壊の危機に陥った時の話になります。

続きを読む

生まれつき一重から一生ものの二重(奥二重)を手に入れる方法


 

私の偏見かもしれませんが、女性にとって、顔のパーツの中でも目が1番重要だと答える人は圧倒的に多いと思います。

なぜなら、目元の印象によって顔全体の雰囲気が左右されるし、メイクするにしても目が1番自由自在に変えやすい部位だからです。

特に一重か、二重かどうかがこの記事の話の中心になります。

↑の写真の彼女は目が大きいこともありますが、二重のおかげで薄化粧にもかかわらずとても目力があって印象的な目元をされていますね。

逆に一重だと、この薄化粧ではなかなか出せない目力です。

一重の人は二重の人よりも余分な線がなく(二重のラインがない)目の印象が弱いため、雑誌に載っている二重のモデルさんのメイクをマネしても目を大きく見せることは難しいです。

モデルさんの目に寄せるために、アイプチやつけまつ毛、メザイクなどで二重を作ってからメイクをされる方もいらっしゃると思いますが、これだけでけっこうメイクに時間がかかっちゃいますよね。。。

さらにアイプチとバレない工夫をしたり、いつ二重が取れちゃうかわからない心配に駆られたり・・・。

こんな煩わしい思いから解放されたいと、昔よりも受けやすくなった二重整形を考える方も中にはいらっしゃると思いますが、費用とリスクと周囲の目を考えるとなかなか行動に移せない方も多いと思います。

世の中には“整形=悪”だと考える方も一定数いるんですよね。

特に身近にそういう方がいるとなると、なおさら・・・。

 

そこで、整形には抵抗があるけど二重を作るのが面倒な方向けに、整形なしで半永久に二重が持続する方法を紹介したいと思います。

続きを読む