背中ニキビと胸ニキビを改善させるスキンケアルーティン

にきびエッセイ

ニキビが出来やすい人の中には、顔だけでなく、身体にもニキビが出来やすかったりする一方で、なぜか身体にだけニキビができる人もいるかと思います。

普段は服で隠れて見えにくい場所とはいえ、ニキビが出来ると気分が下がってしまいますよね。

例えば、胸元の開いた服や、背中の露出が多い水着を着たくても諦めてしまったり・・・自分の身体に自信をもてなくなってしまがち。

身体ニキビは顔のニキビと同様に、一度出来てしまうとなかなか治りにくくて慢性化してしまう場合もあります。

今回の記事では背中と胸に出来る身体ニキビについてのシンプルな対処法をお話させていただきます。

スポンサーリンク

顔以外にも、背中ニキビと胸ニキビで悩まされていた

私の場合、顔だけでなく、背中や胸のニキビが出来やすくて、2016年頃まではとても悩んでいました。

特に2016年は就活を始めた時期だったこともあり、リクルートスーツ用のブラウスが肌に合わず、背中と胸にニキビが頻繁に出来ていました。

就活に集中しなければいけないのに、ニキビが擦れた時に痒みや痛みが出たりして気になって仕方がなかったのを今でも覚えています。

身体のニキビに悩まされるようになったのは高校1年生の頃から。

背中に関しては、いきなり大きな炎症ニキビが出来ていることが多くて、痒いと思って気づくパターンでした。

肩、肩甲骨周辺、背骨に沿って腰あたりまで広範囲にニキビが出来やすかったです。

背中には粉瘤も出来たことがあって、結局跡が残ってしまいました。

▲時期不明

胸に関しては、胸と胸の間に出来ることが多く、背中ニキビよりも小さな炎症ニキビや皮脂の溜まったニキビが頻繁に出来ていました。

ニキビ自体は小さいのに、ニキビの治療薬を塗り続けても、治りがとても遅かったです。

身体ニキビケアに奮闘していた時期

背中ニキビや胸ニキビのケアには、2015年からタカミのスキンピールボディをずっと使っていました。

▲タカミスキンピールボディ

タカミといえば、タカミスキンピール(スポイドの角質美容水)の方が有名かもしれません。

“美的”という雑誌のボディケア特集で取り上げられているのを見て、タカミスキンピールボディを購入。

値段はお高めですが、毎日、入浴後に塗っても半年間もちました。

2個目もリピしましたが、依然としてニキビが出来たり、治ったりの繰り返しの状態でした。

タカミスキンピールボディを使う前から、“身体ニキビは肌の乾燥が原因で出来るから保湿が大切”という情報を知って以来、色んな保湿向けの化粧品を試し続けていました。

私自身、特に乾燥して背中や胸にニキビが出来ているとは全く思わなかったのですが、その情報が正しいと信じ切っていましたね。

タカミスキンピールボディの他にも、明色オーガニックローズ スキンコンディショニングゲルDr.AI アクネスラボ 薬用ボディローションを使っていた時期もありましたが、それでも私の背中ニキビや胸ニキビは相変わずでした。

身体ニキビケアを変えるきっかけとなった本

2016年の3月に「何もつけない」美肌術という本との出会いがきっかけで、身体ニキビのケアを少し変えてみることにしました。

この本に書かれていることを全部実践したわけではないですが、一部を参考にして自己流にスキンケアを行なった結果、以前よりも明らかに背中と胸にニキビが出来にくくなりました。

背中ニキビと胸ニキビを改善させた日常の対策

“「何もつけない」美肌術”を参考程度に、私が日常に取り入れた背中ニキビと胸ニキビを改善させた方法をまとめました。

①固形石鹸を使う

私は身体を洗う時はいつも固形のシャボン玉石けんを使っています。

今までいろんな固形石鹸を試してきましたが、幼い頃からずっと使い続けているシャボン玉石けんが1番身体に合うなあと感じました。

飽きて石鹸を変えても、結局いつも戻ってしまうんですよね。

私の周りではアトピー肌の人はシャボン玉石鹸を使っている人が多いです。

シャボン玉石鹸以外なら、できるだけ余計な成分が入っていなくて、肌に石けんカスが残らないコラージュ A脂性肌用石鹸などの透明な石鹸もオススメですよ。

この石鹸は皮膚科でも処方してもらったことがあって、普通の固形石鹸と比べると値段が高いので、身体に使うのは勿体ないかもしれませんが、洗い上がりがさっぱりして肌がキュッキュッして私はとても好きです。

②綿100%のタオルで身体を洗う

私は何年もナイロンのタオルで洗っていましたが、綿100%のタオルに変えてからゴシゴシ洗っても肌に刺激を感じなくなりました。

ナイロンのタオルでゴシゴシ洗うと、ちゃんと身体洗ったー感がありますが、洗い上がりは肌がヒリヒリしたり、ニキビを潰してしまう可能性もあります。

その反面、綿100%のタオルは身体すっきりーっとした感はあまりないですが、力いっぱい洗っても刺激は感じないので肌に優しい洗い上がりになります。

硬い素材でゴシゴシ洗わないと気が済まない人の肌を見てみると、そばかすのような色素沈着を起こしている肌になっていることが多いので、逆にゴシゴシ洗いたい人こそ綿100%のタオルを使った方が良さそうですね。

ちなみに、ニキビを予防するためにも、身体を洗う順番は1番最後が良いかと(頭→顔→身体)。

③綿100%素材の服を着る

ポリエステル100%の服は汗を吸い取らない上に通気性が悪いので、私は普段から絶対に着ません。

家にいる時は必ず綿100%の服を着るようにしています。

通気性も抜群で汗をかいてもちゃんと吸収してくれるし、何より肌に触れても痒くならないのでストレスが溜まらないです。

服を買う時はいつも素材を見て買うようにしていますよ。

上品な服や可愛くてお洒落に見える服、安い服は素材がポリエステル100%のものが多いのであえて綿素材の服を選ぶのに抵抗があると思いますが、直接肌に触れる下着を綿素材のものに変えてはどうでしょうか。

グンゼの下着は綿100%素材のものがたくさんあります。

肌が敏感な人や身体ニキビに悩まされている人にはとても肌心地がとても良い下着だと思いますよ。

グンゼストア グンゼ公式通販

④身体を拭く時は擦って拭かない

私は入浴後も洗顔後も、拭く時はタオルでそっと押さえるように、チョンチョン拭きをしています。

ゴシゴシこすって拭いてしまうと、ニキビを潰して炎症を起こしてしまう可能性があるので拭き方には注意する必要があります。

特に背中は見えないのでゴシゴシと雑に拭いてしまいがちなので気をつけてくださいね。

⑤洗濯洗剤を変える

私は先ほどの本の中でオススメされているトップ クリアリキッド という洗濯洗剤を使っています。

トップクリアリキッドは肌への刺激が少ない界面活性剤(AE系界面活性剤)が使われていて、洗濯後の服に洗剤の成分が残りにくいので、肌が弱い人には最適らしい。

この洗剤に変えてからは、背中が服で擦れても痒いということはなくなりました。

買ったばかりの服を着る時は一度洗濯をしてから着るようにしています。

けっこう香りが強い洗剤なので、使い始めの頃は本当に肌への刺激がないのか心配になりましたが問題なかったです。

ただ困るのは、本体も詰め替え用もドラッグストアで置いてあるところが少ないのが難点。

⑥性欲を抑える

男女限らず、みんな性欲は当然あります。

女性の場合、女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位になってしまうと性欲が強くなるそう。

“性欲が強くなるとニキビが出来る”という都市伝説にありそうな噂を聞いたことがありますが、本当は上記のホルモンバランスによって性欲が強くなったり、ニキビが出来やすくなったりします。

極端な話ですが、カップルで仲良くする頻度が多いほど、シーツによる肌への摩擦が多くなるので、背中ニキビや胸ニキビが出来やすくなるのもあり得る話で・・・。

経験上(←?!)の話ですので、可能性としてお話しました (汗

⑦髪を乾かす時は肩にタオルをのせる

私は髪の長さにかかわらず、髪の毛についた水分が背中や胸に落ちないように肩にタオルを広げるようにのせています。

濡れた髪の毛って、水分を含んだ分重くなって背中や胸にピタッと張り付きますよね

私はこの張り付いた感じが不快だし、ニキビに刺激を与えるんじゃないかと考えてしまいます。

また、洗い流さないトリートメントを塗っている人は髪の毛が肌に触れると痒くなってしまう可能性もあるので、髪の毛を乾かすまでは肩にのせたタオルの上に髪の毛を広げる方が良いかと思います(ちなみに、洗い流さないトリートメントはオススメできない)。

それに、ドライヤーの風で髪の毛先がパラパラして背中に触れるとチクチクと刺激を感じてしまうので、大きめのタオルで背中を覆っておくと髪の毛が直接触れずにすむので、ゆっくり乾かすことができますよ。

⑧保湿をしない

以前はお風呂上がりに化粧水やジェルで保湿をしていましたが、ふと止めてみました。

すると、ニキビが出来なくなりました。

実はこれが1番効果があったのかもしれません。

①~⑦のことを実践していても、完全にニキビをなくすことは難しかったですが、最後に保湿を止めると、ほぼニキビが出来なくなりました。

“身体ニキビは肌の乾燥が原因で出来るから保湿が大切”という情報はデマなのだろうか。それとも、私には合わなかっただけなのかな⁇

まとめ

以上が自己流の背中ニキビと胸ニキビの対処法でした。

私は上記の方法で慢性的な背中ニキビと胸ニキビの負のスパイラルから逃れることが出来ましたよ。

もちろん、体調の変化などでニキビが出来てしまう時はあるので、絶対的な効果ではありません。

薬や化粧品に頼らなくても、身体ニキビはある程度改善できることをお伝えしたかったのです。

すぐに日常に取り入れやすいことばかりなので、背中ニキビと胸ニキビで悩んでいる人は一度試してみてはどうでしょうか。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました