口ゴボ女、キレイライン矯正始めたよ

キレイライン矯正

久しぶりの更新で、ブログの書き方忘れちゃった。

*

いきなりですが、2020年8月24日からキレイライン矯正始めました。

*

このブログはニキビの話がメインですが、興味のある方はぜひぜひ。

キレイライン矯正について詳しく知りたい方は、公式サイトをご確認ください。

勝手ながらキレイライン矯正を知っている体で、歯列矯正を始めた経緯から話を進めていきますね。

スポンサーリンク

キレイライン矯正を始めたきっかけ

いつかの記事で歯列矯正についてちょろっと触れていたかもしれませんが。

実はキレイライン矯正を受ける前に、別の矯正歯科のカウンセリングにも行っていました。

確か去年(2019年)の12月頃だったかな⁇

せっかくだからその話からしよう。

表側ワイヤー矯正が高額で断念

私が歯の矯正をしたい理由は、口元を引っ込めたかったから。

いわゆる、口ゴボ、ゴボ口と呼ばれる部類に入ると思う。

誰かに指摘されたわけでもないけど気になって仕方なかった。

*

ただ、歯並び自体はそんなに悪くなくて、どちらかといえば綺麗な部類に入るかも(これはキレイライン矯正を受けたクリニックで言われました)

個人的には、上下の前歯に傾斜があることが気になっていて、これが原因で口元が出ているのではないかと考えるようになりました。

▲歯列矯正カウンセリング時のレントゲン撮影
2019年12月12日

レントゲンでも確認しましたが、上の前歯は少し出ていて、やっぱり傾斜もあった。

それと、それほど気にしてはいなかったが、下の前歯が昔よりもガタガタになっていることもわかった。

*

診断の結果、口元を引っ込めるのは可能と言われ、抜歯ありの表側のワイヤー矯正を勧められました。

この時、口元を何mm下げるかという話は3回目の診察で矯正歯科専門医と決めるということになっていました。

予算の話をしたのは確か2回目の診察の時で、

1回目はカウンセリングとレントゲン撮影とホワイトニングのみだったような・・・。

ホワイトニングに関しては、白いワイヤー矯正を使う予定だったので、歯の黄ばみとワイヤーの色の差が目立たないように治療プランに追加されました。

*

表側ワイヤー矯正は裏側ワイヤー矯正よりも金額が安く設定されていますよね。

表側ワイヤー矯正でも、目立ちにくいワイヤーがあったり(その分、少し金額が上がる)、表側矯正の方が歯が動くのが早いので、裏側矯正よりも早く終わると言われていて、メリットも多めです。

*

そして、見積もってもらった金額は約95万。

考えていた予算は70~80万で、最悪100万。

この数字にさらに再診料やホワイトニング料、場所が遠いので通院代などがかかってくるとして、100万はすぐに超えてしまう。

*

ギリギリだな・・・どうしようか・・・とかなり迷った結果、なぜか今じゃないと思って止めることに(この後にコロナが流行った)。

正直なところ、金額を聞いた瞬間、醒めた。

あんなに何とかしたかった口元に対して一気にどうでも良くなってしまったようで。

この決断に関しては全く後悔はしなかったですね。

前歯だけでも引っ込めたい

それでもやっぱり歯列矯正をやってみたい。

*

ワイヤー矯正のように、歯全体を動かさなくても前歯だけでも整えることが出来たら、口元の印象が変わるのではないだろうか。

*

もう少し低価格で矯正できないか調べていたところ、インスタの広告が目に入った。

*

それが、キレイライン矯正。

*

2万円から受けられるってどういうこと??

前歯に特化した矯正って⁇

そもそもマウスピース矯正って何??

色々と気になって調べた。

症例写真もいくつか見たけど、自分は適応するんじゃないかと。

カウンセリングだけでも行こうと決めて、1か月前の7月21日にキレイライン矯正の提携クリニックに行きました。

キレイライン矯正でのカウンセリング

カウンセリングの一連の流れをざっくりいうと、歯のレントゲンを撮って、歯の型を取って、治療コースを決めて見積もりという感じ。

1時間かかったくらいかな⁇

これは前に行った矯正歯科と変わりなかった。

*

そして2万円から受けられる意味がわかった(笑

もちろん、2万円で矯正治療なんて無理。

金額に釣られてくる人って絶対にいると思う。

来院している患者さんが自分よりも若い人が多かった印象でした・・・。

*

レントゲンを撮った後に、歯の状態を見ながらモニターで治療後の完成形をシミュレーションしてもらえます。

そして、医師から完成形になるためにどのくらいの治療期間がかかるとかの説明を受けますね。

レントゲンでの結果、私の歯はキレイライン矯正に適応していました。

*

キレイライン矯正はソフトとハードの2種類のマウスピースを使用して行う、前歯に特化した矯正治療。

治療コースには、4回、7回、10回コースがあって、回数によって金額や内容が変わってきます。

私は治療期間が約9か月間の7回コースを勧められました。

*

4回コースと少ない回数で短期間(約7ヵ月)で終わらせたいなら、補助装置の拡大床(×2)を使う必要があってその分金額が上がります。

口腔内が小さいと言われましたが、私の場合だと拡大床を使わなくてもマウスピースを使う回数を増やすことで少しずつ広げることが出来るそうなので、拡大床なしの7回コースに決めることに。

それに4回コースだと、治療終了後に使用する歯の後戻り防止のリテーナーがコース料金に含まれていないそう。

*

7回コースだとホワイトニングジェルが2本付いて、リテーナー込みで253000円(税込)。

治療コースにしない場合は、都度払いで1回4万円(税抜)。

都度払いで7回受けるよりも、約5万円安く受けることが出来るのでコースで契約した方がお得ですね。

考えていた予算が50万円以下だったので、この金額はとっても嬉しかったし安心した。

低コストで歯を矯正しながらホワイトニングも出来るのが1番メリットかな。

*

そして、キレイライン矯正は自分で治療の終わりを決めることが出来るのを売りにしているようです。

治療していく中で、自分の理想に近づいたならその時点で止めてしまっても良いと。

それを良い風に感じるかは個人差があるような。私は少し無責任な気がしたけど。

*

私はその場ですぐに契約して(一旦持ち帰って考えても良いとも言われました)、

初回のカウンセリングでかかった費用は、初診料3500円とコース契約料金253000円でした。

これ以降は料金がかかってこないので、診察券だけ持って手ぶらでOK。

ちなみに、マウスピースが出来上がるのに時間がかかるため、カウンセリング後にすぐに治療が始まりません。

キレイライン矯正での口ゴボ改善

えー、衝撃なことに、

カウンセリングを受けた時に口ゴボについて聞いたのですが、なんと口ゴボが通じず・・・。

受付に座っているカウンセラーの方って、歯科衛生士さんなんでしょうかね??

その方が、レントゲンを撮ったり、見積もりや相談にのってくださったりしたのですが。

*

キレイライン矯正の公式サイトには口ゴボについて触れているのになぜだろうか。

*

口ゴボが通じなかったので、口元が出ているので下げたいというニュアンスで伝えると、前歯が原因で口元が出ているなら口元がすっきりするということ。

シミュレーションを見せてもらった時にかなり口元の印象が変わるように思ったので、キレイライン矯正を始めること決めました。

キレイライン矯正2回目の来院

▲キレイライン矯正2回目来院時にもらったもの

完成したマウスピースの受け取りが8月24日。

お盆を挟んだので、受け取りまでに通常よりも時間がかかりました。

この日はマウスピースのはめ方や外し方を教えてもらったり、2種類(ソフト・ハード)のマウスピースを使う期間やホワイトニングジェルの使い方、注意事項など詳しく説明してもらいました。

それと、自分の歯の模型もいただきました。

▲キレイライン矯正初診時の歯の模型
2020年7月21日

これは結構面白い。

コレクションしたくなるし、これがあれば変化がわかりやすくて良いですね。

治療が進むにつれて溜まっていくと思うので、図鑑に載っているヒトの進化みたいにいつか並べたい。

この日から矯正開始となりました。

キレイライン矯正始めてすぐに後悔

つい先日始めたところなのでなんとも言えませんが、いくつかの点ですでに後悔しています。

*

まだ1日しか経っていないのに予想以上に不便!!

人前でこの口元を晒すのは正直無理。

*

今はソフトのマウスピースを使っていますが、常に口の中に物を入れている状態(正確に言えば、歯にはめ込んでいる状態)というのはかなりストレスを感じますね。

歯がゆいというか、初めてマウスピースをはめた時はかなり痛かった。

それに喋りにくい。

力を入れないと口が閉じられない。

あごに梅干しが出来る。

口元がさらに前に出て見える。

外す時が歯が抜けるんじゃないかくらい激痛が走る。

後々経過記録を書きたいので、ここではあまり詳しく書きませんが。

1日20時間装着しないといけませんが、

今のところ、続けられるかかなり不安な気持ちが大きいですが、

矯正中でもできるだけストレスのない生活を送れるようにこれから模索していこうかな。

キレイライン矯正の経過記録は1か月後ごとに更新していく予定。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました