パニック障害

内面コンプレックス

ノロウイルスが流行る時期が怖い嘔吐恐怖症の苦悩

嘔吐恐怖症はパニック障害の一種で、私は幼い頃から嘔吐恐怖症に悩んでいた。自分が吐くのも、他人が吐くのを見るのも嫌だ。嘔吐や吐瀉物の文字を見るだけで吐き気がする。特にノロウイルスが流行る時期が地獄でしかない。嘔吐恐怖症にとってゲロは心が病んでしまうほどの影響力がある。清掃系の仕事に就いてから、徐々に嘔吐への恐怖は薄れてきたようだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました