ニキビが原因で自殺願望を抱く人が多い現実


 

難治性の重症ニキビを抱える人の中には一度はニキビのせいで人生が狂ったと考える人がいるのではないでしょうか。

 

 

ニキビのせいで狂ってしまった人生をどうにもできずに自殺に奔ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

 

また、ニキビ治療薬の中には治療効果は高いけれど、副作用として鬱症状自殺衝動を引き起こすものもあるみたいですね。

 

私もなかなか治らないニキビを抱える一人として、一度や二度以上に自殺について真剣に考えたことがあります。

 

私のニキビについて ~ニキビ歴11年目を迎えています~でもニキビ患者の自殺の実態について触れていますが、ニキビ患者による自殺は年間でかなりの数に上るそうです。

 

なので、たかがニキビと呼ばれる時代は終わっています。

 

私も含め、ニキビのせいで苦しめられている人が実際に大勢いるのです。

 

中学生になる前後の12、13歳から約11年間、現在23歳の私はずっとニキビに悩んできました。

 

ニキビができるピークは越えましたが、いまだに完治する気配はなく、出来たり、治ったりの繰り返しで常にニキビがある状態が続いています。

 

ニキビをどうにかしようと、皮膚科の通院、スキンケア・食生活・睡眠時間の改善をしたりしましたが、ニキビを治すためにお金や時間や手間をかけても、私の肌は期待に応えてくれませんでした。

 

 

そんな私を見て、家族にはよく『そんなにやっても無駄だね』『全然治ってないね』と言われ続けきました。

 

 

挙句の果てには、『もうそのくらいにしたら??いい加減ニキビを治すことは諦めなよ』と言われ、ニキビ治療を辞めることを強要されたので、これは私の問題で私が決めることだから下手に口を出して欲しくなかったし、慰めのつもりか、視力が弱くなったのか、その話の後に『昔よりマシになった』『肌が綺麗になった』と言ってきたこともありました。

 

 

また、私がニキビを改善させるためにエステサロンやニキビ専用化粧品に高額なお金を払うのを良くは思わなかったため、何度も諦めさせるような言葉を吐かれていたので、ニキビ治療に対して積極的でない家族との溝が以前に増して深まりました。

 

 

また、ニキビ治療について色々調べていくうちに、病院のニキビ治療以外にもたまにアフィリエイトサイトが混ざって出て来たりしませんか??

 

 

例えば、『〇日でニキビを治すたった一つの方法』とか『〇年間悩んだ私がニキビから解放された方法』など。
※私が当時食いついたサイト名がこんな感じでした

 

今なら私もアフィリエイトをやっているので、サイトを開く前からタイトルの誘い文句でアフィリエイトサイトだとわかりますが、

 

その時に見つけたサイトはメルマガ登録や情報商材系のアフィリエイトサイトでした。

 

当時の私はアフィリエイトサイトだとわからずに、そのサイトのメルマガに登録してこれでやっとニキビが治る!!と思って、毎晩肌が綺麗になった時の自分を想像しながら寝ていました。

 

しかし、メルマガはいつまでも核心に迫らない内容をずっと送り付けてきたので、いつになったらニキビが治る方法を教えてくれるんだ!!っととてもじれったく思っていました。

 

そして最後の最後で、『〇万円払えば、ニキビを治す商材を送ります』という内容になり、メルマガの内容が薄っぺらいせいもあって、それを買う気にはなりませんでした。

 

 

ふざけんな。

 

こっちは藁をもすがる気持ちでメルマガ登録したのに。

 

 

こんなことまでビジネスにできるんだな、

 

 

本気でニキビに悩んでいる人の気持ちを弄んで、、、一種の詐欺行為じゃないかと思いました。

 

本当にあなたはニキビで悩んでいましたか??と聞きたくなりましたね。

 

よっぽど悪質なサイトだったのかもしれませんが、今でも同じようなサイトが溢れかえっているので騙されないでくださいね。

 

そのメルマガ以降、やっぱりニキビを治すことはできないんだと物凄く落ち込みました。

 



 

そして、

ニキビが酷すぎて、精神的に辛く、本気で死にたいと考えていた時は今から4年前の大学1回生の頃。

 

顔中が凸凹のあるニキビとニキビ跡だらけでどうしようもなかったし、『死にたい』とよく嘆いていました。

学校に行く以外はずっと家にいて、外に出る時はいつも下を向いて歩いていました。

 

そんな様子の私を見かねた母が、同僚の方に教えてもらった皮膚科に連れて行ってくれました。

 

そして、私は先生の診察を受けている最中に泣いてしまいました。

 

診察中に厳しいことを言われたり、慰められたりしたわけではありません。

 

先生が親身になって私の話を聞いてくださったので、突然抑えてきた気持ちが溢れ出して今まで自分がどれだけニキビに悩んでいたか、どれだけニキビに苦しめられたかを伝えることができたからです。

 

先生は私の話をちゃんと最後まで頷いて聞いてくれました。

 

 

私がニキビに対してどれほどの思いを注いで対処しているか知らずに、周囲の人達は私がやってることに対して疑いを持ったり、時には余計なアドバイスをしてきたりしました。

しかし、私はニキビが治ってない分、反論できなかったんですよね。

 

 

毎朝、毎晩、時々昼間にも洗顔しているというのに『ちゃんと顔洗ってるの??』とか、アドバイスしてくる人以上にニキビに関する知識をかき集めて徹底的にスキンケアをしているのに『今やってること全然効果ないね。』『もっと〇〇しなよー!!』とか言ってきたりして…

 

 

あんた以上にニキビについては詳しい。でもちゃんとやっててこれなんだよ!!』って言い返せることが出来たらどんなに楽だったでしょうか…。

 

 

SNSでもリアルでも何でもいいから、

 

ニキビを治すために精一杯のことはやっている。でも、治らない

 

ニキビのせいで人生がめちゃくちゃだ

 

いっそのこと、もう死んでしまいたい

 

と吐き出せる場所と悩みを親身に聞いてくれる場所があればかなり違うと思います。

 

本当はこの気持ちを吐き出せる相手がそばにいれば楽なんでしょうけど。

 

 

これは決して慰めて欲しいのではなくて、一人でニキビと闘う悩みや苦しみに気づいてわかってほしいのです。

 

 

ニキビ治療がどれだけ過酷で辛くて苦しくて孤独なのか…。

 

 

他人に『ニキビで悩んでいる』と言うことさえ恥ずかしくて勇気がいることなのに…。

 

 

今でも『死にたい』と呟くことは多いですが、あれからニキビのせいで本気で死にたいと思ったことはないですね。

 

 

むしろちゃんとニキビを治すまでは死にきれない!!とさえ思っています。

 

 

せめて死に顔だけでも綺麗にしたいという方がニキビで死にたいという気持ちより大きくなりました。

 

 

ニキビのない、綺麗な肌の自分の顔を見てみたいと。

 

私は肌を綺麗にするために生かされているんだと。

 

できるだけポジティブに、ポジティブに。

 

 

良い風に言えば、今はニキビのおかげで死にたいという願望から生きたいという希望に変わりました。

 

 

私はニキビを治すことに人生の半分を賭けたいと思っているし、残りの半分はニキビ以外のことを考えて過ごしたいとも思っています。

 

無趣味で他の人よりも人生の楽しみ方を知らない私ですが、ニキビのおかげで生きていく意味を見つけられそうです。

 

 

ニキビが酷くて死にたい人は綺麗な肌の自分を見てみたくないですか?

 

 

ニキビが邪魔して気づかなかっただけで『あ、意外とイケメンかも』『あ、私可愛いかも』と気づくかもしれませんよ。

 

死んだ後にやっぱりニキビを治しておけばよかったー!!と思ってもやり直すことはできませんし(;‐;)。

 

ニキビのせいで生きているのが辛くて死んで、死んだ後まで後悔してしまうのは何ともやりきれないです。

 

 

ニキビだけに目を向けずに生きていければ、もっともっと楽になります。

 

今まで見向きもしなかった違う世界が見えてきます。

 

 

与えられた人生を思う存分に生きていくことも生かされている私達の使命だと思うんですよね。

 

 

ニキビが完治していない私が言っても説得力はないかもしれませんが、何かのきっかけになれたらいいな。

 

 

ではでは、ばいならっ!!

 

この記事を書き終えた後に気づいた二の腕ニキビ

久しぶりっ

1年ぶりくらいに出来ました。

ちょっと死にたくなったよぉ★

 

【追記 2018年6月12日】

 

なかなか治らないニキビに悩んでいる方はこちら(⇒難治性のニキビ治療で必要なのは根気と気長さ)の記事を読んでいただけると少しは気が楽になるかもしれません。

 


スポンサーリンク

コメントを残す