ニキビ歴13年の私がロアキュテイン治療を始めて1か月後

ニキビ治療

この記事の内容は2018年8月時点のお話で、以前更新した記事をリライトしています。

ニキビ歴13年の私がロアキュテインを服用までの経緯と心構えを先に読んでいただけると、内容が理解しやすいかと思います。

ニキビ歴13年の私がロアキュテインを服用までの経緯と心構え
ニキビに悩まされ続けて13年目を迎えた私は2018年8月24日に難治性ニキビ治療の最後の切り札ともいえるロアキュテイン治療を開始しました。長年のニキビとの闘いを終わらせる旅に出ることにしました。ずっと躊躇していたニキビ治療をついに始めた時の

この記事では、2018年8月24日にロアキュテイン治療を始めてから1か月後の経過を記録しています。

記録して残していたメモと写真を照らし合わせて、当時の様子を書きました。

※閲覧注意※ニキビのドアップ写真を多数載せているので、この先は自己責任で読み進めてください。

ロアキュテインは1日1回1錠、夕食後に飲んでいました。

ロアキュテイン以外にも、ニキビに良さげなサプリメントも色々と摂取していました。

ニキビの状態によって、別の皮膚科で処方されていたデュアック配合ゲルや個人輸入で入手したベンザックジェル(ベピオゲルのジェネリック医薬品)、ドラッグストアで購入したイオウカンフルローションをその日の気分で使い分けて塗っていました。

その他のスキンケアは何もしていません。

ロアキュテインだけの効果を確かめたかったので、保湿は一切しなかったです。

あごニキビの変化が1番わかりやすかったので、あごニキビの写真多めです。

▲ロアキュテイン治療前

ロアキュテインを飲み始めて、さっそく翌朝から肌の変化を実感しました。

起床直後の肌はいつも皮脂でベッタベタの油田状態でしたが、普段よりも皮脂があまり出ていない感じがしました。

それに、1日を通して肌がベタつきにくく、テカリにくかったです。

こんなに早く効果を感じることができるなんて、、、すでに只者ではないロアキュテインの威力に若干ビビりました。

▲3日目
▲5日目

朝起きると、↑のようにニキビが潰れて出血した後にかさぶたになっていることなんてルーティーンでした。枕が血で汚れていることなんて当たり前でしたね。

ロアキュテインを飲んで6日目の時点では新たなニキビは出来ていません。

▲6日目

↑は仕事から帰ってから撮ったもので、疲労全開の肌に毛穴の凹凸とニキビのブツブツ感があまりにも酷くて見るに耐えなかったです。

この角度から撮った写真って、肌の汚さがより際立つのでいつも死にたくなります。

▲7日目
スポンサーリンク

ロアキュテイン治療を開始して1週間経過

▲8日目

ロアキュテインを飲んで1週間が経ち、顔を含めて常にオイリーだった首や耳周りのベタつきを感じにくくなりました。

たった1週間の服用ですが、分泌される皮脂の量が明らかに減ってきたようでした。

ロアキュテインを飲む前から出来ていたニキビも良くなってきましたが、これはロアキュテインではなくて、ニキビの塗り薬の効果かもしれません。

▲8日目

ロアキュテインを飲んで6日目あたりから、唇の乾燥が目立ってきてリップクリームを塗って対処していましたが、8日目には唇をこすり合わせると突っ張るという症状が出てきました。

▲9日目
▲9日目

右から見ても、左から見ても・・・あごの輪郭が変形しているのがわかるほどの大きなニキビがあるのがわかりますよね。

私の場合、しこりタイプの大きな炎症ニキビがあごに出来やすいです。

こういうタイプのニキビは治りが悪い上に、ファンデーションを塗っても凹凸は全然隠せないので、潔く諦めて仕事の時は剥き出しのまま過ごしていました。

ここまでハードなニキビが出来た時には、一度開き直って晒すことにしました。

▲11日目

↑はあごに炎症を起こしたこもりニキビが多発していたので、ベンザックジェルを塗っているところ。

この日は仕事が休みだったので、1日3回ベンザックジェルを塗ってニキビを殺しにかかりました。

▲14日目

↑のニキビの凸感は過去最高。あごから角が生えてるみたい。

第2のあご誕生。

膿が出せそうなニキビは毎回綿棒で押し出していました。そうしないと、炎症が酷くなってニキビがもっと大きく膨れるので。

ロアキュテイン治療を開始して2週間経過

▲15日目

ロアキュテインを飲んで2週間が経って、全体的にニキビが徐々に減ってきてはいますが、特にあごのニキビだけは一向に治まってくれない状態でした。

▲16日目
▲16日目

ロアキュテイン治療を開始して3週間経過

▲21日目

ロアキュテインを飲んで3週間が経った頃にはロアキュテインを飲み前よりも膿をもつニキビの数も減ってきてはいましたが、それでもまだまだ炎症を起こしたニキビがたくさんある状態でした。ただ、あごだけはそんなに変化なし。

▲21日目
▲21日目

(↑)これでも14日目の時よりニキビが落ち着いている状態。

▲23日目

↑は綿棒で膿を出して、後から血が出てきた様子。

そんなに大きくないニキビだったのにこんなに出血するんですよ。

▲25日目

↑は膿を出した後に変色したあごのこもりニキビ。

押し出すほど溢れ出てくる膿の量に毎回ゾッとします。

▲26日目

当時の職場の人にこの変色したニキビのことを聞かれて戸惑ったのを覚えています。

あごをケガしたと思われていて恥ずかしかったなあ・・・パッと見、打撲に見えますしね。

▲28日目

この前日あたりから顔全体がビニール肌のようになってツルツルに。

トレンチノインを塗っていた時のような肌になったけど、ヒリヒリしたり、乾燥しすぎるってことはなかったです。

▲28日目
▲28日目

(↑)いつ出来たか不明の頬にあるニキビは、実は巨大なこもりニキビで、中の膿を出すタイミングをはかっていて・・・

▲30日目

翌日と翌々日後に3回に分けて膿を出し切りました。予想以上に膿が出てきて自分でもめっちゃ引いた。

▲30日目

ついでに鼻の頭に出来たニキビの膿出しも。

ロアキュテイン治療を開始して1か月後の結果

そして、ロアキュテインを飲んでようやく1か月目を迎えましたが・・・。

▲31日目
▲31日目
▲31日目
▲31日目
▲31日目
▲31日目
▲31日目

ロアキュテイン治療を開始して3週間後まではあごを除いて、全体的にニキビの数が減ってきたように感じていましたが、その1週間後の1か月時点では顔中に炎症のあるしこりニキビとこもりニキビだらけになってしまいました。

良くなってきていると思ったのにまさかの悪化でショックでしたが、これが噂で聞いていたロアキュテインの飲み始めに出てくる一時的な悪化現象なのかと自覚。

ただ、顔のベタつきやテカりは以前よりも明らかに抑えられているので、分泌される皮脂の量自体は減ってきているようでした。

朝起きてすぐの肌も、もう皮脂でテッカテカのベッタベタではありません。

特に首や耳の周りのベタつきが解消されたのでとても快適に過ごせるようになりました。本当に1日中、サラサラのままです。悩みが一つ減って嬉しかったです。

▲31日目

この日も前日に引き続き、頬の巨大こもりニキビの膿出しをしました・・・何度も膿を出しているというのに、まだまだ膿が出てきて本当にしぶといです。

▲31日目

ロアキュテイン治療前からの習慣でしたが、特にこの頃は毎日頻繁にニキビの膿を出していた記憶があります。

朝の洗顔前やお風呂に入る前には膿が溜まっていそうなニキビを綿棒で押し出していました。

もしかしたら、この1か月間が過去MAXでニキビが頻発していた時期だったかもしれません。

ですが、気持ちの面では意外と精神不安定にはならなかったです。

転職して仕事が忙しくてそれどころではなかったのもありますが・・・ロアキュテインで絶対に良くなると強く信じていたし、一時的にニキビが悪化するのも覚悟していました。

この時期を乗り越えると必ず良いことが待っていると期待しながら、インスタを見ながら治療のモチベーションを保っていましたね。

以上がロアキュテイン治療を開始して1か月後の記録でした。

もっと当時のことを記録しておけば良かったなあと書きながら後悔しています。

2か月後の記録に続きます。

ニキビ歴13年の私がロアキュテイン治療を始めて2か月後
ニキビ歴13年の私がロアキュテイン治療を始めて1か月後の続き。この記事では、2018年8月24日にロアキュテイン治療を始めてから2か月後の経過を記録しています。最初の1か月間よりも記録が少ないので、写真でしか当時の状況を伝えられないですがで

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました