ニキビ歴13年の私がロアキュテイン治療を始めて7か月後

ニキビ治療

ニキビ歴13年の私がロアキュテイン治療を始めて6か月後の続き。

この記事では、

2018年8月24日にロアキュテイン治療を始めてから7か月後の経過を記録しています。

これでロアキュテイン治療の経過記事は最後になります。

※閲覧注意※

ニキビのドアップ写真を多数載せているので、この先は自己責任で読み進めてください。

特にこれといって書くことがないので、7か月目を迎えてから出来たニキビを少し載せておきます。

▲182日目
▲191日目
▲197日目
▲196日目

ニキビが出来るといっても、昔とは比べものにならないほど小さなニキビ。

しかも治りが早い。薬を塗らなくても、2日くらいで引っ込んでくれます。

質の良いニキビしか出来なくなりましたね 笑。

ちなみに、写真のニキビは全部綿棒で中の膿や皮脂を押し出しました。

スポンサーリンク

ロアキュテインを飲み続けて200日目突破

▲207日目
▲207日目
▲207日目
▲207日目
▲207日目
▲207日目
▲207日目
▲207日目

地黒寄りの私でも、こんなに肌が白かったっけ??と錯覚してしまうほど、ニキビがないと全然肌の白さが違うんですね。

自己流のボタニカルハーブエステジェルの使用法

ボタニカルハーブエステジェル60g

私のブログでは何度も登場しているボタニカルハーブエステジェルの使い方で、この頃ハマっていた自己流のやり方を少し紹介させてください。※後で調べたら公式サイトに敏感肌向けのやり方として載っていました。

洗顔後にボタニカルハーブエステジェルを塗って、20分後に洗い流すやり方。

洗い流さなくても良いものですが、個人的には洗い流した方が肌にチクチク感や赤みが残らないし、毛穴がもっと引き締まる感じがするんですよね。

ボタニカルハーブエステジェルを使う時はこのやり方で使うようになりました。

1週間ぶりにロアキュテイン服用時のニキビの状態

▲208日目

治療開始して5か月後からは、先生の指示で肌の様子を見ながらロアキュテインを飲んでいます。

208日目にはこめかみにニキビが大量発生したので、これ以上悪化させたくなくて1週間ぶりにロアキュテインを服用することに。

服用間隔をMAXで1週間空けることが出来た。

毎日服用を止めた当初はすでにロアキュテインに依存してしまっているところがあって、自分で調整して飲むのにはそれなりに自制心が必要でした。

ロアキュテイン治療を開始して7か月後の結果

そして、ロアキュテインを飲んで7ヵ月を迎えました。

6か月後と比較しても、それほど変わっていないので、治療1か月後と比較してみることにしますね。

(上)が1か月後、(下)が7か月後です。

▲31日目
▲217日目
▲31日目
▲217日目
▲31日目
▲217日目
▲31日目
▲217日目
▲31日目
▲217日目
▲31日目
▲217日目

治療1か月後はロアキュテインの悪化現象で治療前よりもニキビが酷い状態でした。

比べてみると、7か月後の方が明らかにニキビやニキビ跡が改善されているのがわかるかかと思います。

ここ1、2年で残ったニキビ跡なら、ロアキュテイン治療だけでかなり薄くなるように感じましたが、私の場合は頬やあごニキビはもう何年間も出来ては治りを繰り返して残ったニキビ跡なので、残念ながら1クールのロアキュテイン治療だけでは改善が難しいようでした。

ロアキュテイン治療中の血液検査

私が通っていた病院では肝機能の状態を見るために2か月に1回採血されました。

ロアキュテインの血液検査項目は白血球、赤血球、ヘモグロビン、血小板、総蛋白、ビリルビン、AST、ALT、γ-GT、ALP、LD、コリンエステラーゼ、LAP、尿素窒素、クレアチニン、推算GFR、尿酸などです。

血糖値やコレステロール、中性脂肪は検査されません。

私の場合、初診時の血液検査で総ビリルビンの数値が基準値より少し高かったのですが、それ以降の検査では特に異常ありませんでした。

1クール終了後、1年が経ちました

自己調整用のロアキュテインを処方してもらったのは合計2回。

1回目は1クール終了後に、1か月分を服用間隔を空けながら3か月かけて飲みきりました(5か月後の記事に記載)。

2回目に処方してもらったのは2019年4月ですが、2020年4月2日時点ではまだ1シート分残っています。

肝心のニキビですが、出来にくくなったとはいえ、ニキビが出来ます。

でも、出来るニキビ自体は過去に出来たものより小さい上に治りが早いので、塗り薬だけでも十分対処できます。

ニキビが出来るタイミングもだんだんわかってきました。

ロアキュテイン治療前は本当に何をしてもどんなに気を付けても特大ニキビが容赦なく出来ていましたが、ロアキュテイン治療後は明らかに不摂生な生活を送っている時にニキビが出来る程度に留まりました。

例えば、暴飲暴食や甘いものを食べすぎたり、夜遅くまで起きてたり、便秘気味だったりする時。

私の場合、この中でも夜遅くまで起きていて睡眠時間が短いと、次の日にはおでこやこめかみにニキビが必ず出来ます。

ロアキュテインだけに頼ろうとすると、治療終了後にはニキビが出来にくい状態を維持することは難しいと身をもって感じています。

ロアキュテイン治療中に最低限の健康的な生活習慣を身につけることをぜひお勧めします。

治療終了後も、不摂生な生活を送り続けていた私は暴飲暴食で激太りした体型を戻すべく毎日奮闘しています。

一度染みついた悪習慣を断ち切るのは相当な努力が必要なので、自分に厳しくなって地道に頑張っていくしかありません。

そして、以前ほどではないですが、今でも肌の変化を見るためにニキビの写真を撮ったり、ロアキュテインを飲むたびに必ず服用した日付を記録しています。

ロアキュテイン治療前は一生ニキビ地獄を味わうのかと嘆いていて、仕事に行く前や寝る前に毎日泣いていた私ですが、今では当時の辛かった気持ちも忘れかけています。

もうニキビで泣くこともなくなりました。

鏡に映る自分を殺したくなくなりました。

多少のニキビも許せるようになりました。

ロアキュテインが私の心を救ってくれました。

ロアキュテイン治療に踏みきるのに1年以上かかりましたが、私の中ではとても大きな決断だったので、時間がかかってしまったけど遠回りしたとは思いません。

私に勇気をくださった、ロアキュテイン治療中のインスタ投稿各々にはとても感謝しています。ありがとうございました。

まだまだ人並み程度の綺麗な肌になるには程遠いですが、これからも気長に付き合っていきたいと思います。

長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました