触ると痛いこもりニキビ(しこりニキビ)の対処法と治し方

にきびエッセイ

ロアキュテイン治療でニキビから解放された私ですが、過去の私の顔面はこもりニキビだらけで、長い間奴らとともに過ごしておりました。

*

ニキビにはいろんなタイプがありますが、

私の経験上、その中でも1番厄介なのがこのこもりニキビだと断言します。

▲2017年8月18日

写真のように、正面から見るとニキビがあるかわかりにくいですが、触ると皮膚の下に何かが埋もれているような感触(しこり)があります。

*

私はこれを、こもりニキビ、または、しこりニキビと呼んでいました。

あとは、紫ニキビって言い方も。

*

この記事ではニキビの中で最も治りにくくて悩ましいこもりニキビ(orしこりニキビ)の対処法と治し方について紹介します。

*

※医学的な説明や根拠はなく、私の経験談がメインとなる話です。

※ニキビのドアップ画像を載せているので、気分が悪くなるかもしれません。

※以下の対処法を試される方は自己責任でお願いします。

ご了承ください。

スポンサーリンク

こもりニキビとは??

こもりニキビは毛穴の奥で炎症を起こして、時間をかけて徐々に肌の表面に出てきます。

こもりニキビの中には、自然に消えていくものもありますが、悪化するとニキビの色が紫色や赤黒い色になります。

この場合はニキビの中に膿や血が溜まり、次第に内部で大きく膨れ上がって徐々に表面に出てくるのがほとんど。

*

↓の写真で説明すると、フェイスラインに近い○のこもりニキビは、皮膚が赤くなっていて少し盛り上がっていて、実際はまだ表面には出てきていない状態です。

▲2018年3月13日

が、触ると痛みがあって、グリグリとした巨大なしこりを感じていました。

それが2日かけて、↓のように炎症を起こして完全に表面に出てきました。

▲2018年3月15日

この手のニキビには芯がないことが多く、毛穴の奥深くで炎症を起こしている状態なので、対処しにくい上になかなか治りにくいです。

炎症を起こしたニキビがある時は、皮膚科では内服薬として抗生物質を処方されるかと思いますが、

こもりニキビ関しては抗生物質を飲んでもあまり効き目がないように感じました。

こもりニキビが出来る原因

10年以上もニキビと付き合ってきましたが、いまだにこもりニキビが出来る原因はわかりません。

ただ、10代の時よりも20歳を超えてからこもりニキビが頻繁にできるようになりましたね。

思春期の時とは違い、ニキビのタイプや出来る場所もガラリと変わったので、これはホルモンバランスの乱れと関係しているのかも。

こもりニキビが出来やすい場所

私の場合、眉間、こめかみ、あご、フェイスラインにこもりニキビが出来やすかったです(個人差があります)。

こもりニキビが出来たら??

さて、肝心のこもりニキビの対処法と治し方ですが、ニキビの中に溜まった膿を出すことで一気に治りが早くなります。

*

こもりニキビは繰り返しできやすいニキビであると同時に、

クレーターや色素沈着などのニキビ跡が残りやすいタイプでもあるので、

こもりニキビを放置することは正直いってオススメできません。

*

早い段階で何らかの対処をしておいた方が良いかと。

本来ならば、ちゃんと皮膚科に行くことが1番良いのでしょうが、おうちでも簡単に出来ますよ。

その下準備として、中に溜まった膿を出しやすい状態にする必要があります。

※試してみたい方は完全に自己責任でお願いいたします。

下準備

用意するものはニキビの塗り薬と絆創膏(or医療用テープ)。

ニキビの塗り薬は油分の多いもの以外なら基本的に大丈夫。

私はベンザックジェル2.5%(ベピオゲルのジェネリック医薬品)やダラシンTゲル1%を使っていました。

*

こもりニキビの中に溜まった膿を出しやすくする1番簡単なやり方はニキビの塗り薬を塗って絆創膏を貼るだけ。

これを何度も繰り返しながら、ニキビの表面が黄色くなるまで待つ。

大体1日、2日で膿が出せる状態になっているかと思います。

*

これは、いわゆる湿潤療法というやり方で、

敢えてジュクジュクした状態を作り出すことで、ニキビの表面が柔らかくなります。

痛みを伴わずにニキビの膿を出したい時の定番のやり方ですね。

*

絆創膏を貼っておくだけでも、ニキビの状態によっては早く膿を出せる状態にまでもっていくことが出来ますよ。

*

これを行なうタイミングとしては、寝る前がオススメ。

上手くいくと、翌朝にはニキビが潰れて膿が出てきて絆創膏が汚れているはずです。

こもりニキビの膿出し

下準備が終わったところで、いよいよ中の膿を出します。

次に用意するものは綿棒。

*

ニキビの表面が黄色くなってきたら、綿棒で押し出します。

市販の角栓プッシャーを使うとかなり痛いのでオススメしません。

綿棒なら、めっちゃ力を入れても痛くないですよ。

*

間違っても針で無理やり穴をあけて膿を出すことは絶対にダメ!!(←経験者)

*

昔、鼻にこもりニキビが出来た時に細い針で穴を開けて膿を出してしまって、その後広範囲に赤みが残ってしまいました。

ちゃんと下準備が整った状態なら、膿出しの成功率100%。

こもりニキビにおすすめのアイテム

【第2類医薬品】たこの吸い出し 10g

先ほどの紹介したやり方でも十分かと思いますが、

一刻も早くこもりニキビを治したい場合は、町田製薬の“たこの吸い出し”という商品を使ってみてはどうでしょうか。

ニキビの膿を出すのにぴったりのアイテムですよ。

*

私は何回か使ったことがありますが、こもりニキビの中心部に少し多めに重ねづけして塗っておくと、1~2日くらいで自然に膿が出てきます。

この時も、絆創膏や医療用テープを貼っておくと膿が出てきやすいですよ。

*

当時の写真があったので載せておきますね~。

確かに・・・効果は感じられるのですが、

使うたびにいつも、扱いにくいなあ・・・と面倒くさく思っていました。

*

緑色でかなり硬くてネチャーっとしたテクスチャーなので、

付属のチップで取るのも難しいうえに、上手く肌に塗りにくいし、洗顔の時にもこすらないと落ちないのでなかなか大変でした。

*

たこの吸い出しには皮膚の角質を柔らかくするサリチル酸が含まれいるため、塗り過ぎると肌がピリピリして敏感になってしまうので、

アルコールやピーリング作用のある化粧品との併用は止めた方が無難。

私はどうしてもあのテクスチャーが苦手だったので、数回使用してさよならしました。

ミネラルファンデーションがニキビ改善に貢献

ニキビが出来ている時のベースメイクについて、

こもりニキビがまだ表面に出て来ていない状態ならば、凹凸も炎症もあまり目立たないので、ファンデーションだけでもけっこう隠せるのではないかと思います。

*

不思議なことに、ニキビの膿を出した後にミネラルファンデーションを塗ると、普段よりも早く炎症が治まっている時が何度かありました。

この時使用していたミネラルファンデーションはオンリーミネラル でした。

ミネラル成分が肌の修復に働きかけていたのかもしれません。

こもりニキビ(しこりニキビ)の対処法と治し方のまとめ

以上のことをまとめると、

こもりニキビは早い段階で何らかの対処をしておくことが重要で、

皮膚科に頼るのもいいですが、自分でなんとかする場合は上記の方法が簡単にできる対処法だと思います。

*

無理やりニキビを潰して膿を出すことは絶対にしないでください。

膿を出しやすい状態になるまで待ってください(それを上記の方法で説明しています)。

*

こもりニキビの中の膿を排出させる状態を作り出せれば、自然と膿が出てくるのを待つのも良し、綿棒で押し出しても良し、なのです。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました