昨日、自宅マンション内で痴漢に遭った話+痴漢対策

内面コンプレックス

本来のブログの主旨とは外れていますが、ぜひ読んでいただければと思い更新しました。

特に女性の方や子供に読んでほしい内容になっています。

*

2017年10月当時の話で、タイトル通り、私が痴漢に遭った実話です。

*

スポンサーリンク

2017年10月22日深夜に痴漢に遭遇した経緯

昨日、といっても今日の午前1時半頃に自宅のマンション内で痴漢に遭いました。

その日は台風の影響で私が住んでいる地域は1日中ずっと大雨で、午後5時から午前0時までバイトでした。

ちょうど昼のシフトから夜のシフトに変わって2か月が経過した頃でした。

自宅からバイト先までは電車と徒歩で通っていて、

大体帰りは終電に乗って、自宅の最寄り駅には午前1時前に着いていました。

いつもは通らない帰り道

この時お腹が空いていたのと、次の日が急遽休みになったこともあり、いつもは寄らないコンビニに行って食べ物を買いました。

コンビニを出て、傘立てを見ると、自分の傘が盗られていたので、仕方なく頭にタオルをのせて歩くことに。

コンビニから家まで約10分。

ここから先の道は住宅街で暗くて、人通りが少ない道へ。

晴れていた夜は星空を眺めながら上を向いてキョロキョロして歩くのですが、この日はザーザーの雨の中、傘を差していないこともあり足早に歩いていました。

夜中にもかかわらず、なぜか人が乗ったまま駐車している車を何台か見かけました。

珍しいなと思いつつ、バイト中にミスしたことを思い出しながら少しボーっとして歩いていました。

マンションの住人かと思いきや

自宅のマンション敷地内に着いてエントランスを通った時に後ろに誰かいることに気づきました。

あれ??マンションの人かな??こんな時間帯に会うなんて珍しいなぁ

と思った瞬間、

*

*

私の方に向かって走ってきて、いきなり後ろから抱きつかれました。

*

抱きつかれてギャーッと叫ぶ私の胸に直に触れてきて、もう一方の手で私の口を塞いできました。

*

落ち着いた低い声で、

*

お と な し く し ろ

*

と言われましたが、それでもひたすら叫んでいました。

*

床に伏せる体勢で、お願いですからやめてください、と何度も言いました。

が、その間、男は一切手の動きを止めなかったです。

物音のおかげで危機一髪

しばらくしてどこからか物音がしたせいか、その男は逃げていきました。

逃げた後ろ姿を見ましたが、顔は見ていません。

おそらく、その男も私の顔はわからないと思います(暗かったしマスクをしていたので)。

後ろ姿と逃げ方から比較的若い人だという印象。

そして、抱きつかれた時にガタイの良さからも、それほど年配の人ではないように感じました。

痴漢男の割り出し

直後はパニックで泣いてばかりいましたが、後から冷静になって考えてみたことです。

どこからつけられていたのかわからない

男は、あの大雨の中、一体どのタイミングでついてきたのでしょうか。

*

傘を持っていなかったこと、身体に触れてきた感じで濡れていなかったこと。

*

私の推測ですが、おそらく車の中にいたんじゃないかと思います。

マンション内に駐車場がありますが、もしかしたら無断駐車をしていた車があったのかもしれません。

*

最悪、考えたくはないですが、マンションの住人の可能性もあります。

しかし、私が歩いていた時にそばを通った車が1台もなかったことから、途中に見かけた駐車していた車の人達ではなさそう・・・。

防犯カメラの前で襲われた

疑問に思ったのは、なぜ歩いている最中には襲わず、マンションに入ってから襲ったのでしょうか。

マンションの中は響きやすいので、叫ぶと気づかれるかもしれない状況になるというのに・・・。

*

しかも、襲われた場所はマンションのエレベーター付近で、目の前に防犯カメラがあったのです。

*

それだったら、人通りの少ない道を歩いている時に襲った方が加害者側からしたら断然有利だと思うんですよね。

*

なぜそうしなかったのでしょうか。

*

それとも、最初からマンションの敷地内に潜んでいて、周囲の状況を伺っていたのかもしれません。

たまたま女の私が一人でいるのを見かけて絶好のタイミングだと思って襲ってきたのかも。

男が逃げた物音の正体

当然ですが、夜中ということもあり、叫んで助けを呼んでも誰も来てくれませんでした。

ただ、男が去って静まり返った時に近くの部屋のドアが開いて、その隙間から顔を覗かせて私に尋ねてくる女性がいました。

その人はおそらく一部始終を聞いていて、ドアを開けるのも怖かったはず。

叫んでいて気づかなかったのですが、きっと、物音の正体は彼女だったのでしょう。

恐る恐る彼女は私に話しかけてきました。

警察に行ってくださいと、一言。

その時は冷たく感じた言葉でしたが、あの物音がなかったら私はヤられていたかもしれません。

この出来事がきっかけで、自分の身は自分で守らないといけないと思い知らされました。

夜道の痴漢対策として有効な方法

この出来事を通して私が身をもって学んだことは、自分自身の防犯意識の甘さ、警戒心のなさ、自己防衛のなさです。

*

どんなに防犯をしても避けることができない事態もありますが、私の場合はこれらすべてが欠けていました。

*

痴漢に遭遇して以降、夜のシフトで働くのは止めて、しばらくの間は今まで歩いていた道や外に出ることさえ、怖くなってしまいました。

夜に人と会うこともなるべく避けるようになって、本当に出歩かなくなってしまいましたね。

夜道を歩くことが好きだったのに、今では遅い時間帯はダッシュで帰ります。

*

そこで、夜道の痴漢対策に有効な方法をいくつか挙げてみました。

帰りが遅くなる場合は、最寄駅から自宅まで短い距離でも自転車やタクシーを使う

例えば、駅近くの駐輪場に月額を払って自転車通勤したり、駅前のタクシーを利用してできるだけ一人で夜道を歩くことは避けた方が良いです。

どちらかといえば、家の前で降ろしてくれるタクシーの方オススメ。

私のマンションだと、駐輪場の場所がどうしても駐車場を通らないといけないので、車の中に連れ込まれないようにするためにも止まっている車のそばも通らないほうが良い。

*

お金よりも自分の命を守ることが大切ですよ。

*

常に警戒しながら歩く

自転車や電車、車から降りてから家に入るまでは絶対に歩きますよね??

自宅から数メートルでも気を抜かずに警戒しながら家に入ってください。

人通りが多い道や街灯が多い道を通る

これは基本中の基本。

昼夜関係なく、人通りの少ない場所や暗がりで周囲から死角となる場所は変質者や不審者が寄り付きやすいので、人通りが少ない裏道は絶対に避けてください。

肌を露出した服や胸やお尻が強調された服を着ない

痴漢に遭った当日の私の服装は、首周りがすっきりしていて、身体のラインがわかる生地の薄い半袖に、作業着用のズボンを履いていました。

全身黒色で目立たない恰好をしていたので、決して痴漢が好みそうな露出の激しい服装ではなかったはず。

*

このことから言えることは、

服装に関係なく、変質者は襲ってくる可能性があります。

*

なので、夜は極力肌の露出を控えた方が無難。

Tシャツ1枚で出歩くより、その上にパーカーやコートを羽織ったりして肌を見せない方が安全です。

防犯ブザーは1つではなくて、大量に持つ

防犯ブザーは1つよりも何個か持っていた方がより周囲に異常がある・危険がある・緊急性があるということを伝えることができます。

私は人通りの少ない暗い道を通る時は手のひらに防犯ブザーを握りしめて歩いています。

カバンから鍵を出しやすいようにする

夜道だけではなく、家のドアの前、マンションの出入り口や部屋のドアの前でカバンから鍵を探している時に後ろから襲われる可能性もあります。

なので、鍵はカバンからすんなり出せるようにしておくと、スムーズに家に入れるので、家の前でもたつくこともありません。

痴漢に遭った時は遠慮しないで大声で周囲に助けを求める

もし痴漢に襲われた場合、周囲に助けを求める時は“助けて”と叫ぶよりも、より具体的に“警察を呼んで”“110番”の方が周囲に即状況がわかるので良いらしいです。

たとえ誰も助けてくれなくても大声を出した方が、相手への威嚇にもなるし、もしかしたら誰かに気づいてもらえるかもしれません。

怖くて声を出せないかもしれませんが、勇気を振り絞って諦めずに出せるだけの声を出して下さい。

*

自分の身は自分で守る意識を強く持ってください。

*

逆恨みが怖くて被害届は出さなかった

私は実家に住んでいるので、帰ってすぐに家族に話しました。

痴漢に遭った直後は、不安と恐怖に支配されている感覚に襲われていました。

コンビニで買ったごはんを食べても味がせず、寝ようとしても何度も何度もあの時の状況が頭に浮かんで眠れませんでした。

せっかくの休日も警察に被害届を出すかどうかで1日中迷っていて、それ以外は何もする気が湧かず。

私の他にも現場近くで同じ思いをした人がいるなら被害届を出すべきなのでしょうが、逆恨みされることもあるようで怖くて被害届を出すのに抵抗を感じていました。

*

今回は大事には至らなかったですが、もし凶器を持っている痴漢魔だったら・・・と考えるだけで恐ろしいです。

自分がまさか痴漢に遭うなんて・・・一生経験することはないだろうと他人事のように感じていたのに。

性犯罪被害相談の窓口に電話

悩みに悩んで考えた末、その翌日、警察に匿名で相談しました。

性犯罪被害相談にのってくれる窓口に電話をかけたところ、女性警官が対応してくれました。

痴漢に遭った状況を詳しく説明した後に、被害届を出そうか迷っていることを話したところ、被害届を出さなくても事件として調査してくれるそうでした。

ただし、その場合は最終的に被害届を出すという形になるようでしたが。

*

私が被害届を出すことを躊躇している1番の理由は、犯人の逆恨みです。

しかも自宅のマンション内で痴漢に遭っているため、警察側がこちらの情報を伝えなくても既に自宅を知られているわけで。

犯人からすれば、私が誰なのか、すぐに特定できる可能性が高いのです。

その女性警官には、“被害届を出す場合は最終到着点を考えておく必要がある”と言われました。

つまり、被害届を出すだけでは終わりではないということで、安易に被害届を出すこともオススメできないようでした。

*

結局、私は被害届を出さない代わりに、自分が住んでいる地域のパトロールを強化してほしいことを念押しして、話を終えました。

*

万が一、被害届を出す場合の話もしてくださり、供述調書という書類を作成する上で、被害に遭った時の状況を詳しく説明し、話に基づいてその時の状況をダミー人形で再現するそうです。

当時の私は電話越しであの時の状況を話しているだけでも声や身体が震えて仕方がなかったのです。

それを警察官を目の前にして対面で話すのにもかなり抵抗があり、とても勇気がいることだと思いました。

少なくとも、これも私が被害届を出さなかった理由の一つになりましたね。

*

*

一体、この世の中に痴漢を犯す人間にどれだけの被害者が泣き寝入りをする羽目に遭っているのでしょうか。

*

*

この出来事を心に留めて、自分の身は自分で守る意識を日々忘れないように、気を強くもって生きていくことを自分自身に誓いました。

*

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました