生理痛が重いのでフリウェル配合錠LD「モチダ」で月経困難症の治療を開始したが・・・

経験談

今回の記事は過去記事をリライトして更新しました。

内容は女性にとっては悩ましい生理痛の話で、2018年4月当時の出来事です。

生理痛の話とは少し逸れますか、皆さんは子宮頸がん検診を受けたことがありますか⁇

私は20歳になってから、ほぼ毎年子宮頸がん検診を受けています。

19歳頃から膣カンジダで何度も再発と治療を繰り返していたので、20歳を迎えてすぐに1回目の子宮頸がん検診を受けました。その時の結果は異常なし。

しかし、2回目の検診結果がクラスⅢaと診断されて以来、クラスⅡbに戻るまで経過観察で何度も通院して、クラスⅡbに戻ってからは4か月に1回子宮頸がん検診を受けるように言われてきました。

本当は2019年の10月に検診を受けに行くはずだったのですが、横着してしまい・・・2020年に入ってからはまだなので、5月中に受けにいけたら行こうと考えています。

ちなみに、私の地域では、2年に1回は公費負担になるので800円で受けることが出来ますよ(ありがたい)。

スポンサーリンク

昔から生理痛が重かった

子宮頸がん検診の診察を受けている最中に、ずっと前から生理痛が酷いことを話していたのを先生が覚えていたそうで、月経困難症の治療を無理やり勧められました。

月経困難症とは、月経期間中に月経に伴って起こる病的症状のこと(※フリウェル配合錠LD服用手引きにて)だそう。

要するに、生理のせいで日常生活に支障をきたしている状態ということですよね??

月経前症候群(PMS)のけがある私ですが、主な生理痛は下腹部の痛みと排便痛。

場合によっては、腰痛や胃が気持ち悪くなったりしますね。

生理痛が酷い時はロキソニンやセレコックスという鎮痛剤を、胃薬と一緒に飲みます。

生理1日目は必ず1日2回は鎮痛剤を飲んでいて、酷い時は2日目、3日目までお世話になることもありました。

中学1年生の時に生理が始まってから、毎回生理痛に悩まされてきましたが、それでも鎮痛剤を飲んで30分後には痛みがなくなっていつも通りに動けていました。

生理痛が悪化したのは20歳前後

しかし、20歳を迎える前後から、生理痛の頻度や痛みが増してきました。

生理の周期も早いので、月に2回来ることも。

特に大学を卒業してからは鎮痛剤を飲んでも効くのが遅かったり、効き目も悪かったり、1日何度も鎮痛剤を飲まないといけなかったり。

出血量が減っていくはずの4日目、5日目にも、鎮痛剤を飲んだりもしていました。

本当に酷い時は布団に入って脂汗をかきながら悶え苦しむレベルで、その場合は鎮痛剤を飲んで1時間以上経ってから徐々に痛みが治まってくるのです。

機能性月経困難症と診断された

月経困難症治療の前に、触診やエコー検査で診てもらった結果、卵巣や子宮には特に問題がなかったので、機能性月経困難症と診断されました。

私の生理痛は子宮内膜症などの病気が原因で引き起こされた生理痛ではないということ。

私の母も出産前までは生理痛が重いタイプだったので、生理痛は体質やら遺伝やらが関係してるのでしょうか。

月経困難症治療薬としてフリウェル配合錠LD「モチダ」を処方

▲フリウェル配合錠LD「モチダ」

半ば強引に処方されたフリウェル配合錠LD「モチダ」はルナベル配合錠LDのジェネリック医薬品で、いわゆる低用量ピル。※避妊目的での使用不可

保険適用で1シート21日分で、3500円程でした。

服薬管理ができるケースにいれておくと使い勝手が良い。

▲フリウェル配合錠LD「モチダ」

飲み方を簡単に説明すると、生理中から決まった時刻に1日1錠を21日間飲み続けて、7日間薬を飲むのを休むという流れ。

1日飲み忘れても、飲み忘れ分の飲み方もちゃんとパンフレットに書かれていました。

食事の有無関係なく、好きな時に飲んで大丈夫。

私は生理が終わって3日が経った頃に処方されたのですが、先生の指示でもう飲み始めて良いといわれました。

フリウェル配合錠LD「モチダ」の副作用

副作用についての詳しい説明はなく、最悪のケースである血栓症についてだけ聞かされました。

血栓症を引き起こすリスクのあるタバコについての喫煙の有無で処方を即決されたのですが・・・私が曖昧な態度だったのがいけなかったのでしょう。

後から調べてみると、血栓症以外にもかなりリスクがある薬であることを知りました。

その中でも、私が1番気になったのは子宮頸がんの悪化の可能性嘔吐

おかしくないかーっと思ったのは、子宮頸がん検診を受けた当日の処方なんだけど。

しかも、内診台で処置しながら、この薬勧めてたやんか。

なぜ処方したー?!っと超焦ったのを覚えています。

ただでさえ、軽度異形成の細胞あり(クラスⅢa)と診断されたことがあるのに。

謎すぎる。

もう一つ、嘔吐は嘔吐恐怖症だから嫌なだけ。

低用量ピルを飲んでいる方のブログには、つわりのような症状が出るって書いてあったし。

病院から帰って1時間後・・・処方してもらったことをものすごく後悔しました。

月経困難症治療を10日で断念

▲フリウェル配合錠LD「モチダ」

2018年4月11日からフリウェル配合錠LD服用開始。

飲むか迷いましたが、せっかくお金を出して買ったので飲むことに。

これで次の生理痛が軽くなったら助かると考え直したので。

1シートだけでは効果は出なさそうですが、副作用が出ないことを祈りながら・・・

決まった時刻でないと効果が出にくいようなので、私はいつも夜10時に飲んでいました。

実際に飲んでみてわかったこと

飲み始めた翌日から朝起きた時に身体が火照った感じがしていました。

次第に、夏と同じくらいの暑さを感じるようにも。

その火照りのせいか、いつもなら朝起きてすぐにでも食べられるのに、まったく食欲がわかず気分が悪いくらい。

その後、空腹ではないのになぜかいきなり食欲が増してきて食べてしまうようになりました。

そして、飲み始めて5日目には、生理痛よりも少し軽いくらいの下腹部痛が1日中ずっとありました。

実際にフリウェル配合錠LD「モチダ」を飲んでいる間に出た症状は、生理痛に似た下腹部痛、イライラ、火照り(暑い)、胸の張り、倦怠感、ニキビの悪化、食欲が増した、など。

上記の症状は身体が慣れるまでの症状なのかもしれませんが、このまま続けていいのか段々不安になってきました。

中でも、ニキビの悪化とイライラが耐えられませんでした。

低用量ピルを服用すると、ニキビが悪化するor改善される、などの話をよく聞きますが、私の場合、せっかく良くなりかけていたニキビが悪化に傾きました。

顔以外に、頭皮、首、背中にまで、しこりタイプのニキビが出来てしまいました。

それと、普段あまりできなかった箇所にまでニキビが出来たこともけっこうショックで。

ニキビを治すことに人生かけていた時期だったので、予期せぬ生理痛治療のためにニキビが悪化するのは気持ち的に許せなかったです。

そのせいもあったのかもしれませんが、イライラがもう本当に凄かったですね。

生理前のイライラのように、無性にイライラして愚痴を吐きすぎて自分が嫌になり死にたくなりました。

服用を開始して11日目に、先日受けた子宮頸がん検診の結果を聞きに再び受診。

その際に、今まで出てきた症状についてや、このまま飲み続けると子宮頸がんのリスクが上がるのではないかということまで念入りに話をした結果、服用を止めることになりました。

先生も“過去に子宮頸がんひっかかったことあったね”と思い出したかのように(←は??)話していましたが・・・違うだろ。

ちなみに、子宮頸がんの検診結果は異常なしでした。

ちょうど10錠飲んだところで、飲むのを止めると5日以内に生理(消退出血)が来るそう。

実際には、止めて2日後にはおりものに血が混ざるようになって、生理前の状態になりました。

消退出血後、次に来た生理は予定日より4日遅れましたが、いつもよりも生理痛が軽く感じたので、少し飲んでいただけでも効果は出るのでしょうかね・・・。

“1シート飲まないと生理が来ない”“途中で止めてはいけない”というサイトをちらほらと見かけましたが、先生に相談したところ、特に問題ないということでした。

また、“生理の日をズラしたい”などで、服用を再開したいなら、飲むタイミングを支持するとも言っていました。

その半年後・・・ある日突然生理痛が軽くなった

2018年11月頃、当時24歳後半。

生理が1か月以上来なかった時期がありました。

おそらく、仕事が忙しくてストレスのせいだろうと考えてはいましたが、今まで月に2回生理が来ることも多かったのに、飛ぶこと自体が初めてでした。

最終的には妊娠を疑い始めた頃、約1か月半ぶりに来た生理に一安心。

しかも、生理痛が全くなかったのです。

鎮痛剤を飲まずに過ごした生理期間なんて今までにないことでした。

なんと!!

これ以降、鎮痛剤を飲まなくても大丈夫なくらい、生理痛が軽くなりました。

出血量も昔よりもかなり少なくなりましたし。

体調がすぐれない時や不摂生な生活を送っていると、生理の負担も変わってきて鎮痛剤が必要な場合もありますが、それでも生理中でもかなり楽に過ごせるようになりました。

歳を重ねたことによる、ホルモンバランスの変化でしょうか。

とりあえず、もう低用量ピルのお世話になることはないかも。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました