肌荒れ女子注意!インスタでの肌記録投稿はオススメしない

経験談

ここ2か月間、ブログの更新もインスタの更新も止めてしまっていました。

先日歯列矯正の記事をアップしてから、またブログやってみるか!とほんの少しだけモチベが戻ってきた。

先に近況報告を話してから、タイトルについて触れていきたいと思います。

すぐに本題に入りたい方は目次から飛んでください!

後半の内容が、“肌荒れ女子注意!インスタでの肌記録投稿はオススメしない”に語っています。

スポンサーリンク

2か月間blog&insta更新ストップ

私の近況報告!興味のない方はスルーしてね。

化粧品のコンサル契約を解約

お気づきの方もいると思いますが、実はコンサル契約していた化粧品を解約しました。

化粧品の名前や詳細は伏せさせていただきますが、6月1日からコンサルタント登録と共に、その化粧品を使い始めることに。

ニキビ跡を綺麗にしたい&薬に頼らずに化粧品のみで肌を維持したい

そういう思いから、肌に合えば本格的にコンサル活動をしようと考えていたところ・・・

*

本来の目的であるニキビ跡が良くなるどころかニキビが再燃してまさかの悪化。。。

*

1か月半使いましたがどうにも肌に合わず、本当に残念な結果に。

薬(ロアキュテイン)を手放せるチャンスかと期待していましたが、結局手放せず。

せっかく勧めてくださったコンサルさんには申し訳なかったですが、こればかりは不可抗力。

自分の肌に合う化粧品に出会える確率というのは想像以上にもの凄く低いようです。

そもそも、私の肌自体、化粧品のみで維持できるレベルではないのだろう。

*

なんせ、13年間ニキビで悩まされた肌なんだから。

*

ビフォーアフター写真を見ただけで飛びついて過剰な期待をしてしまった自分が愚かだった。

*

ただ思うところもあって、

日本製品と海外製品では内容も効果も使用感も違うわけなんだから、日本製品を勧める上で海外製品でのビフォーアフター写真を見せて勧誘するのは反則だろうよ。

ブログもインスタの更新も止めた

いつの間にかインスタの投稿も、先ほどの化粧品紹介がメインになっていたので、コンサルを辞めた途端、続けている意味がわからなくなってしまった。

それと、今年(2020年)の5月からブログのPV数が一気に減ってしまったこともあり、更にモチベーションも下がってしまいましたね。

4月末から5月初めまで昔の記事をリライトしていて、以前よりも読みやすくなったのではないかと思っていたのですが・・・自己満でしたかね。

私はブログの収入メインで生活しているわけではなく、かといって慈善活動でブログをやっているわけでもありませんが、見てくださる方の存在を感じることに大変喜びを感じていました。

*

私の人生の中で唯一続いているのがブログ。

私の存在価値がここにあるかもしれないと可能性を感じたんだ。

無料ブログの時代から何度も消してはやり直してきた。

*

人を惹きつけるような面白い文章を書けるわけでもないですが、文章を書くのが苦手であっても、嫌いではないです。

嫌いではないから何年も続けられてきたわけで。

*

実は最近までブログを消してしまおうかと悩んでいました。

そう思ったのは、私は過去の自分をもう忘れてしまいたいのかもしれない。

その他にも色々あって、気分が底まで落ちてしまい、今もまだ気持ちが浮上しないのですっかり迷走中。

*

ですが、少しばかり気持ち面に変化がありました。

インスタの投稿や見るのを止めたら、ニキビが気にならなくなりました。

インスタ用にアップするニキビの写真を撮るのを止めたら、ニキビなんてどうでも良くなった。

これが現時点までの心の変化です。

インスタでの肌記録をオススメしない理由

お待たせいたしました。本題に入ります!

私がインスタでの肌記録の投稿を勧めない理由は以下のとおり。

自称スキンケアのプロからDM勧誘がウザい

私のインスタは基本的に肌記録。

昔のニキビで苦しんできた時の写真から今現在の肌の写真を載せています。

元々、ブログ集客の目的でインスタを始めた。

*

ですが、肌の写真を載せると、DMで美肌カウンセラーやアドバイザー、コンサルタントを名乗る人物やらの業者から勧誘が来るんですよね。

最初は自分のため(私のニキビのため)に親切にアドバイスをしてくれてるんだろうと思った。

でもやり取りをしているうちに気づくんですよね。

商売目的なのが見え見えで心がないんですよ。

台本やマニュアルが用意されているのか、なんだかそれに沿って話されてる感じがしました。

それと、質問に対して誠意ある答えがなく、タダではアドバイスはしないようにも感じられました。

肌記録を載せているといえど、別に求めていないのに、いきなりDM送ってアドバイスをしてくるのはどうかと思うんですよ・・・。

こちら側は少しも心を開いていない状態でのスキンケアのアドバイス。

普通に考えてけっこう失礼ですよね。求めてないよー⁇

出会い頭に『肌の調子悪いねー?』って言ってるようなものだよ。

*

肌記録としてインスタを使われている人の中には、アドバイスが欲しくて肌の写真を載せている人もいるかもしれませんが、

私が見た限り、大概プロフ欄に副業やアドバイス、勧誘お断りの文句が書かれていることが多かったように思います。

*

それと、美肌カウンセラーを名乗っている方は大体扱っている商品が同じで、勧誘のやり方も一緒。

コメントで一言絡んできたと思いきや、その後にDMでの勧誘が定番。

最初は悩みの共感から入り、次第に褒め落としてくるといったやり取りが繰り返されます。

DMが来ても相手にしなければ良い話ではありますが、それでも話を聞いてみたいなら勧誘覚悟でやり取りしてください。

私は夜中の1時か2時くらいにDMが来て勧誘された時は“何この非常識な人”って思いました。

個人的には、夜遅い時間帯まで起きている方にスキンケアのアドバイスはされたくないなあ。

美容の専門家によって主張が異なる

自称美肌カウンセラー、サロン経営者、エステティシャン、自社の化粧品を販売されている方は見ている限り、独自の美容理論を展開している方が多い様子。

肌の写真を載せていると、そういう方からのフォローが必ず来ます。

*

以前まではその方達のフォローに対して、フォローバックをしていましたが、こんな出来事がありました。

*

ある美肌カウンセラーは“弱アルカリの洗顔料はダメ(弱酸性派)”と投稿し、

同じタイミングで別の美容カウンセラーが“弱酸性の洗顔料はダメ(弱アルカリ性派)”と投稿していました。

*

どちらもフォローしている人からすれば、じゃあどっちなんだよって困惑する投稿・・・。

しかも同じタイミング(笑)

つまり、前者で言えば、アルカリ洗顔料のここがダメっていうところを引き合いに、弱酸性洗顔料を褒めているのです。

ちなみに個人的には弱アルカリ洗顔料派なのですが。

弱酸性派の主張では、アルカリ洗顔料は必要な潤いまで洗い流しすぎだということ。

逆に、アルカリ派の主張では、酸性洗顔料の洗浄力は不十分。

どっちの主張を信じるかは人それぞれですが、その辺の知識に疎い人にとっては食い違う主張に戸惑いますよね。

*

結局のところ、どっちが正しいとかはなく、使ってみて自分の肌に合えば良いんでしょうが。

例えば、乾燥肌や肌が弱い人には弱酸性の洗顔料、私のようにニキビまみれで皮脂の分泌が多いオイリー肌なら弱アルカリ性の洗顔料を使えば良いことではないでしょうか。

両者とも弱酸性はダメ、弱アルカリ性はダメと、側面しか取り上げていない、否定的な内容だったので、とても印象に残りました。

確か弱酸性派は弱酸性の洗顔料を、弱アルカリ性派は弱アルカリ性の洗顔料を販売していたからだと思います(購買戦略的な)。

こういう人には弱酸性の洗顔料の方が良いですよ!みたいにしときゃいいのに。

ブログの書き方でもそうですが、断言した文章を書いた方が読み手側にとっては魅力的な文章に見えると聞いたことがあるので、そういう手法なんでしょうかね??

肌について他人から干渉される

人間の身体の変化って皆一律同じではないから、例えば同じ薬を飲んでも同じ結果になるとは限らない。

それはスキンケアにも言えることで、自分の肌に合っても、他の人の肌に合うとは断言できないですよね。

肌について色々指摘されるのって、けっこう傷つくし、ストレスが溜まります。

これはインスタで肌記録を載せて公開している以上は避けられないかもしれません。

例えば、『前のスキンケアのやり方が肌に合っていた』『スキンケアちょこちょこ変えすぎ』『前より肌荒れているね』とか、たいして交流のない人から余計なアドバイスをもらうことも。

さらに指摘されることで、気にしていなかった部分まで気になってしまう・・・なんてこともありますね。

中には本当に善意でアドバイスをしてくださる方もいるので、それを見極めるのが意外と大変なんですよ。

*

私もブログでですが3年前くらいに似たようなアドバイスをされました。

その方に返信したかったのですが、匿名だったのでわからず。

アドバイスされた内容についてはすでに試していたことで、それでも結果が出なかったことを伝えたかったのですが・・・。

アドバイスをくださる方の中には、通りすがりで最新の投稿だけで判断して色々言ってくる方がいるのがけっこう面倒。

上っ面だけしか把握していない人にとやかく言われる筋合いはないですよね。

肌記録を載せつつも、他人から干渉されたくない方は公開設定をいじるか(フォロワーにしか公開しない)、プロフ上に注意事項を書いておくと良いと思います。

インスタは使い方次第で精神病む

以上が、インスタに肌記録を載せるのをオススメしない理由でした。

*

これはインスタだけでなく、ツイッターや他のSNSでも同じ目に遭うのかもしれませんが、

ツイッターには肌の写真を載せたことがないのでわかりません(ツイッターは基本的にダイエット垢にしています)。

*

肌記録以外にも、勧誘や営業のDMを来ることはあるでしょうが、私はインスタ上で肌記録を載せることのメリットはあまり感じなかったです。

同じ肌の悩みを抱えている者同士の交流は情報交換ができる点では良いのかもしれませんが、励まし合いは状況によっては難しいように個人的には思います。

*

今では、インスタを見る習慣自体もほぼなくなり、たまにフォローしている方の投稿にいいね!を押すだけ。

今の私にはインスタ上の見せかけの世界に浸るのが辛い。

インスタ利用者全員が副業目当て、商売目的の業者に見える。

そう見えるようになってしまったのは、

私自身もインスタ上で化粧品の販売を試みようとしていたからでもあります。

ニキビ治療に踏みきれたのはインスタのおかげ

インスタに対して否定的なことばかり書いてしまった気がしますが、ンスタで救われたこともあります。

正確にいえば、インスタの投稿を見て救われた。

過去記事でもお話したことがありますが、私のニキビはインスタのおかげで治りました。

詳しくは↓の過去記事に書いてあります。

ニキビ歴13年の私がロアキュテインを服用までの経緯と心構え
ニキビに悩まされ続けて13年目を迎えた私は2018年8月24日に難治性ニキビ治療の最後の切り札と呼ばれているロアキュテイン治療を開始しました。*長年のニキビとの闘いを終わらせる旅に出ることにしました。*ずっと躊躇していたニキビ治療をついに始

あとはニキビ治療中のモチベーション維持として、同じ治療をされている方の投稿を見ると、とても励みになりましたね。

個人的にインスタは自分が投稿するよりも、モチベーション維持の目的として見る側に徹して使うのが最高かもしれない。

今はインスタから離れてしまっていますが、再開するとしたら誰かのモチベーション維持のための役立つ投稿をしていきたいですね。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました