整形初心者が鼻尖形成手術を受けて1年後の後悔

経験談

2020年の1月に鼻尖形成手術を受けてから今で1年が経った。

2019年に受けた二重埋没手術を含めてこれが2回目の整形だ。

*

私は整形に関しては“整形しよう”と思い立ってから実行までの流れが速いように思う。

悩む期間は長いんだけど、

整形しよう⇒病院探し⇒予約⇒手術が二重手術の時も1、2か月以内だった気がする。

*

整形するならできるだけ半永久的な効果のある手術を受けたいが、

二重埋没の時は先生が渋って切開してくれなかったので、とりあえず埋没で我慢した。

今後二重に関しては、埋没が取れたタイミングで全切開しようと決めている。

*

鼻尖形成(鼻先を細く尖らす)を受けた理由については、過去記事で長々と語っている(↓)。

https://wp.me/p96aPc-3XW

鼻尖形成は半永久的な手術だから後戻りすることもない(溶ける糸などのプチ整形は例外)。

それでも術後の仕上がりは今のところ目も鼻も満足している。

決して失敗ではない。

が、鼻尖形成に関しては後悔というか、ちょっと面倒なことになってしまった・・・。

スポンサーリンク

鼻尖形成手術を受けて後悔したこと

術後しばらくは整形した高揚感で満たされていたので、デメリットに気づくのが遅かった。

どれも実際にやってみないとわからなかったことばかりだ。

多分、鼻尖形成を受けて後悔した人の中で、

以下のことを挙げている人は少ないと思う(というか、私は見たことがない)。

本当は鼻の写真を載せたかったんだけど・・・、

鼻の毛穴、角栓、赤み、ニキビがヤバすぎて目が散るかもしれないので止めとく。

以下は私にしか当てはまらないデメリットかもしれないが、紹介する。

ニキビを潰しにくい

私はニキビ肌&オイリー肌なので、鼻にニキビや角栓が出来やすい。

鼻尖形成前から、朝の洗顔前と夜の入浴前にはニキビや角栓を綿棒で押し出すのが習慣だった。

これをしなければ洗顔だけでは皮脂や汚れをしっかり落とせない。

私にとっては欠かせないスキンケアルーティーンだか、鼻尖形成後から困ったことになった。

特に鼻先や鼻の頭に出来たニキビや角栓が潰しにくい。

あまり強い力を入れると鼻先が真っ赤になるし、無理やりやると一時的に鼻全体が腫れる。

私の元々の鼻は鼻先が丸っこくて全然出ていなかったが、鼻尖形成後に細くなった鼻先が少し出た。

その部分にニキビや角栓が出来ると、綿棒で押し出すのに苦労する。

今まで気づかなかったけど、鼻先が思いのほかふにゃふにゃしている。

綿棒で押すと鼻先が潰れるんじゃないかと思うくらい。

整形前はこんなんだったかな?もう覚えてないや・・・。

だから寝る時も顔を下に向けて寝るのが怖いので、絶対仰向けで寝るようにしている。

鼻毛が飛び出る

これは鼻尖形成をしてからの1番の悩み!

鼻毛が飛び出やすくなった!(涙。

鼻尖形成って、鼻先が若干上向きになる。

アップノーズっていうのかな?

これをブタ鼻と表現する人もいるんだろうが、私はそうは思わないし、むしろ気に入っている。

横からだと、鼻筋の真ん中辺りから盛り上がって見える。

ちなみに、鼻尖形成手術はオープン法という術式で受けたよ。

鼻先が上向きになったせいで、おそらく鼻先に鼻毛が密集したようだ。

だから、鼻毛が飛び出やすくなったんだと思う。

これねぇ・・・めちゃくちゃ悩んでる!

今はマスク生活で隠せているけど、いきなりマスクを外せと言われたら躊躇してしまう。

鼻毛が出てたらどうしようって(涙。

これを機に鼻毛カッターも買ったんだけど、位置的に使いにくい。

鼻の奥なら全然使えるんだけど、鼻先の鼻毛はケアしにくいなぁ(汗。

今は眉毛を整える用の小さなハサミでチョキチョキ切っているよ。

たまに髪の毛よりも太い極太の鼻毛が飛び出てて泣きたくなる(涙。

鼻くそが鼻先に溜まる

鼻先に鼻毛が密集しているということは、

汚い話、そこに鼻くそが絡まりやすいんだ。

鼻尖形成手術の完成は術後半年かかるが、

それまでは鼻腔内に出来た傷口が完治していないのでたまに膿が出たり、臭くなったりする。

鼻くそとは違って膿の塊や血が滲んだかさぶたが傷口部分に張りつく。

術後半年が過ぎればそれもなくなって、今度は正真正銘の鼻くそが溜まるようになった。

溜まりすぎると鼻の中が臭くなるし、詰まりやすくなって息苦しいので定期的に綿棒で掻き出している。

私はアレルギー性鼻炎持ちなので、余計に鼻の中が敏感なんだと思う。

多分副鼻腔炎も持ってると思うので、頻繁に鼻の中が膿が溜まったような臭いがする。

鼻くそを出す時はいつも綿棒で出しているけど、

鼻尖形成後からは極力鼻の中を弄りたくないので、

鼻の中が臭くなったら掻き出すようにしている(これが鼻くそが溜まった合図だと思うので)。

鼻が太る(浮腫みやすくなった)

鼻尖形成後から“鼻が太る”感じが何度かあった。

正確にいえば、“浮腫み”だろうが、太ったという表現の方がわかりやすいかもしれない。

手術以前は“鼻が太る”という感覚を味わったことがなかった。

私は過去に太ってダイエットで10kg落とした時でさえ、

鼻が太った・痩せた感覚はなかったんだけど、

鼻尖形成後から体重変動が5kg程あったが、鼻が太ったと感じた時が何度もあった。

特に連日ドカ食い(過食)し続けて、ふと鏡を見た時にそれに気づくパターンが多い。

“鼻が太った”ってどんな感じかというと、私の場合、整形前の鼻に近くなる。

だからゾッとする・・・。

あれ?元に戻ってしまったのかな??!!って。

鼻尖形成は鼻先を細くする手術だけど、

鼻先が高くなるから目の錯覚で鼻筋があるように見える。

だけど、鼻が太るとこの鼻筋が消える。

これがけっこう焦るんだよね~~~。

鼻が太ったと感じる時は私は特に何もしない。

一瞬、焦るんだけど何もしない(笑。

多分、浮腫んでるだけだし、その状態は1日の中でかなり変動するから。

*

以上が、私が鼻尖形成手術を受けて後悔したことでした。

*

後悔というと大袈裟だけど大きな後悔ではないし、むしろ手術を受けて良かったと思ってるよ!

ただ、ちょっと面倒くさいなぁ~と感じてる(笑。

鼻がかまってちゃん状態で(笑。特に鼻毛のケアが怠れない・・・。

顔の写真を載せていることも多いので、鼻毛が出てたらごめんよ~~~。

これらは少数派の悩みかもしれないけど、

これから鼻尖形成手術を受けたいと考えている人の参考にほんの少しでもなればと思う。

*

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました