歯列矯正中の人中短縮手術①~経緯とカウンセリングと手術当日~

整形

今年(2022年)8月末に人中短縮手術を受けてきた!

人中短縮と同時に受けた目頭切開は後日更新します。

ずっと待ち望んでいたので無事に手術が終わって良かった。

*

今回は人中短縮を受けた経緯、カウンセリング、当日の手術~帰宅後までを順番に話していく。

スポンサーリンク

歯列矯正中に人中短縮手術を受ける理由

口ゴボを治したくて現在進行形で歯列矯正治療中。

歯列矯正に関しては別の記事で詳しく語っているけど(↓)

今回で2回目の歯列矯正で、

今年(2022年)3月から上下に表側ワイヤー矯正をしている。

https://wp.me/p96aPc-6v6
口ゴボ女、口元ブスを諦めきれず表側ワイヤー矯正を始めたよ!
今度こそ口元を治す!2020年8月から1年以上キレイライン(マウスピース矯正)をやっていたが口ゴボは変わらず、悩んだ末に2022年に入ってから本格的に表側ワイヤー矯正を始めた。

口ゴボ女、口元ブスを諦めきれず表側ワイヤー矯正を始めたよ!

ワイヤー矯正後は唇が薄くなって鼻下が伸びる?

ワイヤー矯正を始めるにあたって、

経験者のブログや動画を色々見漁っていた。

どの人も矯正治療後の口元は見違えるほど綺麗になっていた。

口元が整えば、顔全体も整って見えるし、

何よりも締まりのある口元が利口そうで私好み!

私は間抜け面で馬鹿そうに見えるのが嫌なので、

キリっとした知的な顔立ちにめちゃくちゃ憧れている・・・。

*

ただ、どの人も歯列矯正後は

唇が薄くなって鼻下が伸びていたのが気になった。

“伸びている”という表現は違うかもしれないが、

飛び出ていた口元が引っ込んだことで直線的になって、

鼻の下が以前より長く見えるようになった感じかな?

それと、めくれあがっていた唇が中に引っ込んで薄くなって、

口元が寂しい印象になった(悪く言えば老けて見える)のも気になった。

それで余計に鼻の下も長く見える気がした。

今後ダウンタイムを確保できるかわからない

めちゃくちゃ個人的な理由だけど、

私の職場はコロナが流行ってから休みの融通がある程度利くようになった。

もし今後コロナが終わったら(終わることはないかも)、

長期の休みを確保できないかもしれないので、

今のうちに長いダウンタイムが必要な手術をしておきたいというのが本音。

本来ならば、矯正治療後に受けるべき手術ではあるだろうけど、

多分その頃には休みを取るのは難しくなりそうな予感がする・・・。

この先人中が伸びるかもしれない不安

私の人中は元々そんなに長くなく(おそらく平均くらい)、

高校生の頃に鼻下が短いことを友達に指摘されたことがあった。

その時は馬鹿にされたような気がして嫌だったが、

歯列矯正をするまでは鼻下の長さを気にしたことがなかった。

鼻下よりもあごの長さの方が気になっていたくらい・・・。

ただ、先のことを見越して人中短縮をしておきたいと思った。

私と似ている口元の人が歯列矯正後に明らかに人中が長くなっていたので、

多分確実に伸びると思う!

歯列矯正中の人中短縮のカウンセリング巡り

先に目頭切開のカウンセリング記事をアップしているので、

目頭切開ラインのアートメイクを入れた後悔と目頭切開手術のカウンセリング
2021年6月に目頭切開ラインのアートメイクを入れて直後は気に入っていたが後悔したので、2022年になってからアートメイク除去のために目頭切開のカウンセリング巡りをしてきた時の話。

目頭切開ラインのアートメイクを入れた後悔と目頭切開手術のカウンセリング

実は3箇所を同時に手術する予定であったが、

カウンセリングの結果、目頭切開と人中短縮の2箇所の手術になった。

そして、カウンセリングは今年6~7月にかけて3件の美容クリニックを渡った。

*

手術のメインが人中短縮だったので、

いつもは1件だけしかカウンセリングに行かないが、

今回は慎重に決めた。

*

どのクリニックでも、

歯列矯正で唇が薄くなる可能性と人中が伸びる可能性を考慮して、

出来る時に人中短縮の手術をしておきたいことは伝えた。

そして、3件ともに歯列矯正中でも人中短縮は可能。

私の希望は中縫いの糸が吸収糸であることが絶対条件だった。

1件目は人中短縮手術の”名医”がいるクリニック

人中短縮を測ってもらった際に1.6cmで、

長さ的には手術適応ではあるけど特別必要ではないらしい。

自分で測った時は1.3cmだったので意外と長かった。

*

中縫いの糸が非吸収糸を使っているらしく、

今までの経験上、糸が残っても問題なかったと言っていた。

人中短縮手術で鼻の穴や小鼻が広がることは絶対にない!と言い切っていた。

本当にそうなのだろうか?

この先生の症例ではないが、

実際にダウンタイムを終えても広がったままの人もいたし・・・。

余程手術に自信があるのだろうという感じ。

*

私的に断言する人はあまり信用できないし(まさかの事態に対応できなさそう)、

先生の態度も相談しにくい雰囲気だったので、

何かトラブルが起きた時に言い負かされるような気がした。

カウンセリングの流れで1番最後に人中短縮の話になったので、

もっと聞きたいことがあったが切り上げられた。

しかも40分以上待たされたのに。

先生が目頭切開で悩みすぎて時間がかかったせい。

*

全然関係ないけど、

先生の声、ハリポタで出てくるスネイプ先生(吹き替え)に似ている・・・。

それと、インスタの文面と実際の先生の雰囲気が違いすぎて詐欺だと思った。

クリニックのスタッフが書いているのかと思いきや、本人らしい。

*

なので、ここで手術をするのは止めた。

2件目は以前手術でお世話になったクリニック

去年(2021年)に受けた二重全切開とМ字リップ形成(切開)の執刀医の先生に相談してみた。

皮膚むしり症による唇の傷跡を隠したくてМ字リップ形成手術を受けてきた
皮膚むしり症の私は唇むしり症でもある。過去の唇むしりのせいで残った傷跡の修正をしたくて、М字リップ形成手術を受けてきた!М字リップ形成(切開)の術後1か月間の記録(ダウンタイム)を載せています。
自力二重に限界を感じた人の二重整形記録~埋没から全切開~
2019年6月に埋没を受けて2年以上経った2021年10月に二重全切開の手術を受けた時の話。埋没二重が取れてしまう前にやっておきたかった。経緯、カウンセリング、埋没糸の抜糸、手術の様子、半年間のダウンタイムの経過記録、完成まで。

*

手術の適応ではあるけど、こちらでも特別必要ではないらしい。

中縫いの糸は非吸収糸を使っているが、取り寄せれば吸収糸でやるのも可。

ただし、吸収糸の場合、吸収される際に炎症を起こすので、

その時には鎮静剤?が必要になるそうだ。

非吸収糸が将来的に感染の原因になるというのは間違いではない。

ただ、美容医療(特に人中短縮)はここ50年間の症例が少ないので、

後々のリスクを予想することが難しいと言われた。

それと、施術代が高い所は大体吸収糸を使っていることが多いそうだ。

*

人中短縮による鼻の穴や小鼻の広がりは個人差があって、

内部処理については皮膚に厚みがあれば筋肉まで処理するということ。

3件目は形成外科専門医が執刀の有名クリニック

人中の長さは1.4cmで特別長くも短くもない状態なので、

切除範囲は最大3mm。

歯列矯正中でも手術は可能だが、短くしても伸びるらしい。

でも、手術前の状態に戻るというわけではない。

矯正後はやはり鼻下が伸びるそうだ。

人中短縮をすれば、今よりももっと唇の富士山型が目立つそうだ。

中縫いの糸は全手術で吸収糸を使っていると話していた。

*

私の鼻は土手があるので鼻の中に傷跡を隠すことは無理。

小鼻が広がるかどうかはデザインによるそうだが、

人中短縮で小鼻が広がった時に小鼻縮小を考えたら良いとのこと。

*

先生からすれば、

鼻下の長さよりも外側人中の長さや口角の下がり具合のほうが気になるそうで、

そのせいで中顔面が長く見える。

もし私が中顔面の長さを気にして人中短縮を考えているのなら、

解決策は人中短縮よりも、

糸リフト(コグリフト)でフェイスラインを引き上げて、

頬の凹み部分にヒアルロン酸注射をした方が良いと勧められた。

これは予想外の提案だったので正直びっくりした。

頬の凹み部分に肉厚さを求めるのは好みによるそうだ。

ヒアルロン酸以外にも脂肪注入でも可能だが、

まずはお試しでヒアルロン酸で様子見するのが良いと提案された。

*

2件目、3件目はとても丁寧にカウンセリングをしてくれた(ちなみに2件目3件目は女性医師)。

その結果、2件目の美容クリニックに決めた。

決め手はカウンセリング時の相談のしやすかったこと、

以前の手術の傷跡が綺麗だったこと、

値段が相場よりも安かったこと。

*

3件目は手術前の検査が面倒くさかったのと、

目頭切開を引き受けてもらえなかったから止めた。

人中手術当日の様子

2か月前にカウンセリングを終えていたので、

手術日までとても長く感じた。

写真は手術の前日に撮っておいた。

▲人中短縮術前(2022.8.28)
▲人中短縮術前(2022.8.28)
▲人中短縮術前(2022.8.28)

手術当日の朝に人中の長さを測った。

人中の長さは鼻下(直で鼻柱~М字のくぼみ)1.3~1.4cmで、

外側(口角まで)2.5~2.6cm。

術前カウンセリング

人中短縮は土手がある場合、

傷口は土手を超えない方が傷口が目立たない(綺麗に治る)など、

美容外科の世界では掟のような何かがあるそうだ。

私は土手があるので、土手の前に傷口が出来るらしい。

*

先生曰く、私の人中は今でも長くないので、

歯列矯正後でもおそらくそんなに長く見えないそうだ。

ガミースマイルかと聞かれたので、

ガミー気味であることを伝えて、

口を閉じれるかのも考慮して最大3~4mmの切除でいくと説明された。

術後の小鼻の広がりは通常一時的に広がって元に戻るそうだ。

人中短縮手術の様子

洗顔して手術室に移動。

下書きにけっこう時間がかかっていたが、

人中短縮の下書きが鼻毛が出てるみたいで面白くて

空気を読めずに吹き出してしまった。

今回の手術は前回と同様に音楽はかかっていたが、笑気麻酔はなかった。

目頭切開も人中短縮もすべて局所麻酔のみ。

手術の順番は目頭切開⇒人中短縮。

*

人中の局所麻酔が目頭よりも痛くて、

範囲も広いせいか追加で何度も入れてもらった。

大体、糸で縫合している時に麻酔が効かなくなってくる。

手術時間は人中のほうが圧倒的に長くて

1時間程かかっていたと思う。

麻酔をされても血が流れる感覚はあった。

何度も何度もガーゼで押さえつけられた。

*

手術中、先生が暑いと空調を下げた時にほこりが舞ったのか、

鼻がムズムズして無性にくしゃみがしたくなったが、必死で我慢した(涙。

途中、電気メスで中を焼いていたような焦げ臭い臭いがした。

*

先生が一時退出して時間を置いてから、再度手術開始。

中縫いと外縫いの間が長く空いていた気がする。

もしかしたら途中でカウンセリングが入ったか、トイレに立っていたのかも?

最後は顔に付いた血をアルコールで拭き取ってもらって、薬の説明を聞いて終了。

多分12時頃から始まって14時半に終わったと思う。

人中短縮手術後の様子

手術直後から人中がかなりジンジンして痛かった(涙。

上唇まで腫れている感覚があって鏡を見たら驚いた。

目頭切開もしてるから、もう顔全体が腫れすぎて・・・正直ショックを受けた・・・。

これで家まで帰れるのか・・・マスクやメガネをしていても不安だった。

帰りの途中でエスカレーターから落ちかけてヤバかった((汗。

お腹も空いていたしフラフラしながら家まで帰った。

サーチレーションをつけた左手の指が痺れてたまらなかった。

術後1時間半経過

16時頃に帰宅(↓)

家に着いた時点では人中の痛みはほぼなくなって、

薬を飲もうか迷ったけど必要なかった。

電車に乗っている時に血が垂れてくる感覚があったが、もう固まっていた。

縫合糸が血のかたまりで溜まっている。

かなり腫れているけど、短くなって良かった。

麻酔の感覚しびれなどは

帰りの途中からなくなったので意外と早かったかも。

腫れが引いたらどんな感じになるか楽しみ♪

*

夜ごはんを食べる頃には麻酔のだるさが抜けてきた。

この日は朝から寝不足のせいで、

鼻や耳が詰まったりして体調が良くなかった。

手術中にあんなに寝ていたのに逆にしんどくて辛かった。

術後当日から3日間は夜に抗生物質を飲んだ。

術後5時間半経過

ごはんを食べていたら、人中からだんだん血が出て来た(↓)

若干ジンジンしてきた。

術後8時間経過

傷口を触らなければ当日から洗顔OKなので、

手術部位は水で洗い流す程度にした。

特に沁みたりはしなかった。

*

上唇が腫れて、上下の側面の歯がほぼ磨けない・・・。

これ以上口を開けたらブチっとしそうだし、

実際に縫合糸がブチっといった(汗。

食べるたびにこまめにうがいするしかない。

歯列矯正中に虫歯になったら困るので、

こまめにうがいとコンクールジェルでうがいするしかない!

ちゃんと癒着するまでは綺麗に歯を磨けなさそうだ。

血が滲んで出て来た。

やっぱり歯列矯正中に人中短縮を受けたのはまずかったかも・・・と少し後悔した。

*

以上が、人中短縮手術の当日でした。

ダウンタイムの様子は術後1か月を過ぎたら更新する予定(↓)

歯列矯正中の人中短縮手術②~1か月間のダウンタイム~
今年(2022年)8月末に目頭切開と共に人中短縮の手術を受けてきたので、術後1か月間のダウンタイムの経過を紹介!歯列矯正(表側ワイヤー矯正)中で想像以上にダウンタイムが大変だったのと、中縫いの糸(吸収糸)が飛び出てきたトラブルもあり。

*

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました