年上中国人彼氏との恋愛で心身ともに疲れた

にきびエッセイ

いつもニキビのことばかり記事にしていますが、恋愛についてちょこっと話したいなあー。

今では恋愛に対して積極的ではないものの、決して奥手ではないつもり。

特に10代後半からは、もうむちゃくちゃな関係を持ったこともありました(黒歴史。

正当化するつもりはこれっぽっちしかありませんが、

誰だって黒歴史の一つや二つくらいあると信じたい。

その反省が今になって活かされて、自粛気味でもあるんですが(汗。

顔面ニキビで噴火していた時期にも、何人か彼氏がいました。

こんなに肌が汚い女でも、付き合ってもらえるんだなあっと当時の彼氏にとても感謝しています。

*

その中でも中国人彼氏との恋愛がいまだに忘れられません。

*

まさか、自分が外国人と付き合うことになるなんて・・・人生初の国際恋愛。

*

国際恋愛に微塵も憧れをもっていなかったけど・・・

私が大学3回生の頃、3歳年上の中国人男性と付き合っていました。

当時の私は21歳、彼は24歳。

私も彼もお互い外国人と付き合うのは初めてでした。

スポンサーリンク

出会いはラ○ホのアルバイト

出会いはバイト先のラ○ホでした。

なぜ、このバイトをしていたかというと、

ニキビで人前に出る自信がなくてとにかく隠れたかったから。

ラ○ホは場所によりますが、外国人が働いているところが多く、彼が先に働いていて、後から私が入りました。立場上は職場の先輩でした。

*

彼は中国の東北部出身の方で、19歳の時に母親が日本人男性との再婚を機に日本にやって来たそう。

なので、日本に長く住んでいて、日本語学校にも通っていたこともあり、片言な部分はあるけど日本語もペラペラ。

手足がスラーっと長くて、肌が白くて、可愛い顔立ちの男性でした。

*

自分で言うのも恥ずかしいですが、初めて顔を合わせた時から彼は私に好意を抱いていることがすぐにわかりました。

その時に彼の瞳孔がグッと開いたのに気づいたので。

でも気づかないふりをしていました。

まずは仕事に慣れたかったのと、単純に好きではなかったからです。

付き合う前の猛烈なアプローチ

そして、2回目に会った時から彼からのアプローチが物凄かった!!

ベッドメイクはかなりの肉体労働なので、ごはんをたくさん食べないと身体がもたないのですが・・・

私が出勤してくるたびにたくさんの食べ物を買って持ってきてくれました。

大体、菓子パン系のごはんを3品、飲み物2品が定番。

私が休憩をとる場所にいつの間にか食べ物と飲み物が置いてあったりしてましたね。

絶対に買ってきてくれたのは午後の紅茶のミルクティー。

それも、ミルクティーが好きだと言った瞬間からずっと。

*

平日は大学があるので、土日の週2回出勤でしたが、月8回の出勤で1回につき最低500円以上、私の食事のために使ってくれていたわけです。

最低賃金のバイトの給料の中から、付き合ってもいない私のために何千円も食事にかけてくれていました。

それだけでなく、ぬいぐるみや映画のDVD、香水など色んなプレゼントもされました。

私の会話をすべて覚えて把握した上でのプレゼントで驚きました。

さらに、仕事に関しても私が来る前に私の分までやって終わらせてくれていたり(これは後々困りました)・・・

私に好意を持っているとはいえ、ここまでしてくれる彼にすっかり圧倒されてしまいました。

ニキビだらけの私でも愛してくれる

▲2015年2月時点

私が彼を好きになったきっかけは

“この人だったら、私のダメな部分も受け入れてくれるのではないだろうか”という瞬間があったから。

その時の会話や状況ははっきり覚えていませんが、

当時はすごくニキビに悩んでいたので、

“この人だったら、ニキビを含めて私のダメなところもすべて受け入れてくれそうだ”と思ったのかもしれません。

*

それから徐々に惹かれていき、出会って2ヶ月以上経った頃に2人で同時に告白して付き合うことになりました。

最初の頃はとても楽しかった。

一緒にいるだけで幸せでした。

*

ちなみに、母親にはずっと付き合うのを反対されていました。

外国人と付き合うことに多少の心配はあるのは当然ですが、差別用語が出てくるので理由は書けません。

そんなのお構いなしで当時は付き合っていましたけど。

*

ですが、彼と付き合ってから1ヶ月後にバイトを急遽辞めることになりました。

学校が忙しくなるので、辞めるつもりではいましたが、私が言う前に勝手に彼がマネージャーに話してしまい、その流れで予定よりも早く辞めることになりました。

この彼の行動がずっと引っかかっていて、彼と喧嘩してモヤモヤするたびによく思い出していました。

中国人彼氏とのデート

デートは中国人だからといって、日本人とほぼ変わりません。

一緒に出かけたい場所を決めて遊んだり、食べに行ったりしました。

そこに国際恋愛の壁は感じなかった。

ただ、外食に関しては中華料理が多かったですね。

中華料理屋さんが落ち着くという彼の希望で、彼と遊ぶ時はいつも中華ばかり食べていました。

和食や洋食だと、あからさまに美味しくなさそうに食べていて正直困りました(汗。

おそらく、お店の雰囲気も馴染みがなくて落ち着かなかったのだと思います。

逆に、韓国料理や焼き肉は抵抗なかったようで、けっこう食べていました。

中華料理ばかりだとどうしても脂っぽい食事が多いので、とても太りやすくなって困りましたが、食事自体は美味しいので毎回食べても苦にはならなかった。

それよりも、付き合う前からずっと続いていた食べ物攻撃の方が苦痛で、何度言ってもなかなか止めもらえなかったですね。

毎回デートのたびに、何千円もかけて大量の食べ物を持ってきてくれていました。

本当に1日では食べきれない量で、しかも日持ちしない食べ物がほとんど。

デート代も彼が出してくれることがほとんどだったので、

さすがに申し訳なかったこと、食べ物を無駄にしてしまうこと、大量に食べ物を持って帰ると母親の機嫌が悪くなることを正直に彼に伝えて、やっと止めてもらえました。

中国人彼氏と付き合ったら

彼と付き合う前に、参考として中国人男性との恋愛に関する記事を片っ端から読んでいました。

一般的な中国人男性と比べて、彼の性格や価値観が合致するか調べていました。

うーん、中国人という括りなく、人それぞれだな、という結論に至りましたね。

日本人全員が同じではないように、中国人もそう。

*

以下に、付き合ってからの彼の言動をまとめてみました。

*

★付き合ってかたも、プレゼント攻撃

★常にメールや電話をしたい(連絡嫌いな私に配慮してくれていた)

★彼女の1日のスケジュールを把握したいらしい(中国人特有の考えだと彼が言っていました)

★やたらと女の子目線で物事を考える(すぐに“女の子”というワードが出る)

★私に自分の理想を押し付けてくる(すぐに“女の子はこうあるべき”と言う)

★私が着ている服や、髪型、化粧にまで口を出してくる(最終的に自分好みの服を買い与えてくる)

★基本、私の話を最後まで聞かない(私が話していても途中から話題を変える)

★いちいち説教してくる(私のためを思って)

★前の彼女との話で私を嫉妬させようとする(私が嫉妬しないのが気に入らなかったらしい)

★頻繁に母親からの電話(いちいちくだらない内容の電話をかけてくる)

★健康意識が高いのに、根拠のない医学知識を信じ込む

*

もちろん、日本人と中国人なので、文化や価値観の違いは当然あります。

全ての中国人が彼と同じ考えということもあり得ないでしょう。

*

中でも私が1番驚いたのは、彼の人生観。

“中国人は皆、親孝行するために生きている。それが全て”ということ。

当時学生だった私には、人生全てを親のために尽くすという考え方の彼が理解できませんでした。

実際の真意は違うと思いますが(汗。

結婚話が出たと思いきや、破局

付き合って4ヶ月が経った頃、大学3回生の冬に『私が大学4回生になったら、その年の1月に中国に一緒に来てくれないか??』と言われました。

結婚前提に彼の家族と顔合わせしてほしいと。

*

それまではお互い将来のことを話していたし、死ぬまでずっと一緒に居たいとお互い言いあっていました(若かったなあ)。

私の返事はオッケー。

再来年のことだったので深くは考えていませんでした。

その時になればなんとかなるくらいとしか。

ですが、ここから色々ありまして・・・その間でもいろんな場所に遊びには行きました。

*

が、付き合って9ヶ月が経ってから、彼の様子がそっけなくなり、最後に会った翌日にメールで一方的に別れを告げられました。

別れた原因は性格の不一致。

その後は電話をかけても出てくれなかったです。

最後に会った日は、いつもなら夜遅くまで一緒に過ごすはずなのにあっさり早く帰ろうとする彼に嫌な予感がしたので、帰り際に彼に何度も伺いました。

見事に嫌な予感が的中しましたね。

メンヘラ気味だった中国人彼氏

付き合っていた当時から薄々感じていましたが、彼は少し精神が不安定な状態でした。

私と付き合う前には結婚を反対された彼女と別れたり、会社の都合で仕事を辞めさせられたり、幼少期の境遇など辛い経験をしてきたこともあり、彼はどこか自分に自信がなさげでした。

そのせいで、現実から目を背けている部分も少なからずありました。

理想の自分を語る人でしたが、私からすればそのための努力をしている風にはとても見えなかった。

きっと、理想に向かって行動する勇気がなかったんでしょう。

私と別れる2か月前には無職になっていて、

“働いていないと自信がない”と言っていたくせに働かないままでした。

後から考えれば、この時に私ももっと彼に寄り添ってあげれば良かったようにも思います。

結局は自分勝手に彼の行動を制限していたのかもしれません。

メールや電話、プレゼントを拒否して、彼の率直な愛を受け止めずにしていたせいで、余計に自信をなくさせてしまった可能性もあります。

一方で、私も自分なりに彼との将来について考えていました。

一緒に中国式のマッサージのお店を出したいと話していたこともあり、某チェーンのマッサージ店で研修を受けに行ったりもしていました。

本当は大学院への進学も考えていたのですが、彼の状況から仕方なく就活する道を選びました。

別れた当初は独りよがりにそんな思いが脳内で駆け巡っていましたね。

中国人彼氏と別れた後

しかし、女という生き物は実に切り替えが早くて。

お別れメールをもらった2日後には就活を止めて、大学院進学に向けて院試の勉強を始めていました。その結果、無事合格(のちに、退学。

付き合っていた時は精一杯彼を好きでいたので、全く未練はありません。

ただ、中国語で少しでも会話できるようにすれば良かったなと後悔しています。

彼は日本語がペラペラでも、私と話すたびに頭フル回転にして日本語で喋っていたんだろうと考えると、相当疲れさせてしまっていたでしょう。

私と一緒に居て休まる時があったのかが謎。

*

中国人彼氏との恋愛を感想にすると、

彼はとても真剣に愛してくれましたが、

私には愛が重くて心底疲れました。

特に、夜遅くにデートから帰ってきた後に送られてくる彼からの長文メールがけっこう心に来るものがありましたね。

すぐに返信しないと心配されるので、日本語ごちゃごちゃの文章を読み解いて彼を傷つけない文章を考えるのがしんどかった。

本当に酷い彼女だったなあ・・・ごめんね。

*

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました