ニキビのせいで不登校になってしまった人の気持ちがわかります

にきびエッセイ

*

私は中学、高校と青春時代と呼ばれる時期を顔面ニキビまみれで過ごしました。

*

もう一度その頃に戻って人生やり直したいという気持ちに駆られる時が何度もあります。

*

すべてニキビのせいではないですが、中学生らしいこと、高校生らしいことを全力で楽しむことが出来ずにいました。

*

ニキビ面を見られたくなくて、毎日顔を下に向けていたので、通学の時は地面しか見ていませんでした。

*

幸いにも、ニキビが原因でいじめられた経験はなく・・・。

*

元々人付き合いが苦手で、友達がいなかった私は1日中誰とも喋らないまま、ずっと一人で過ごしていましたが、

私以上にニキビが酷かった子は1人ぐらい居たかもしれませんが、本当に皆肌が綺麗でした。

*

高校を卒業してからは、ニキビを気にして家に引きこもっていた時期もありましたね。

とにかくめちゃくちゃ悔いが残る10代を駆け抜けてきました。

*

そんな私も不登校経験者です。

*

中学・高校ともに不登校の時期がありましたが、その時はニキビが原因ではありませんでした。

スポンサーリンク

ニキビが原因で予備校欠席

大学受験に失敗して浪人生活を送っていた時期の話です。

高校卒業した年の4月から予備校に通い始めることになり、朝9時から夜7時までの時間割で、毎日予備校で過ごしていました。

*

私は予備校に通い始めてから毎日メイクをするようになりました。

毎日のメイクでニキビが悪化

当時からメイクは好きではなくて、あまりにもニキビやニキビ跡が酷かったので、それをファンデーションで隠す程度。

この頃は化粧下地やクリームファンデーションを塗ってしっかりニキビを隠していたので、かなり厚化粧でした。

当時は化粧品の知識もなかったので、オイリー肌の私には油分の多い化粧品との相性が悪いことを知らず・・・。

なので、時間が経つと大量に皮脂が出てドロドロに崩れてしまい、休み時間のたびにメイク直しをしていました。

確か1日3、4回くらいトイレに駆け込んで10分休憩や昼休みに急いでメイク直しをしていたように思います。

授業中はメイクが崩れていないか気になってしまい、集中できずにいました。

当然、受験勉強に身が入るわけがありませんでした。

1日に何度もメイク直しをするせいで急激にニキビが悪化し、ファンデーションを塗り重ねてもニキビやニキビ跡が全く隠れないようになってしまいました。

メイク直しが苦痛で、センター試験前の集中講座を欠席

ファンデーションを塗ってもニキビが隠れないので、次第にメイクをすることが段々無駄なように思えてきました。

しばらくしてから、午前のみ・午後のみの授業の時はマスクをしていくようになりましたね。

さすがに夏にマスクをするのは暑いし不自然なので、夏限定で渋々メイクをしていきましたがメイク自体に拒絶反応さえ出るように。

そして、センター試験が近づくにつれて、段々予備校に通うのが億劫になり、自分で勝手に通う日数を減らしていき、最終的に年明けからは通うのを完全に止めてしまいました。

*

そのきっかけとなった出来事は1月1~3日の3日間に集中講座。

この3日間は缶詰めになって朝9時~夜9時まで予備校にいなければいけない。

*

私が真っ先に考えたことは、この長い時間、一体何回メイク直しなければいけないのだろうかということ。

12時間みっちりの講座。

センター試験前の集中講座ということは、参加する生徒数も多い(実質、強制参加)。

トイレ休憩といっても10分程度の休憩なので、生徒の数に対して当然少ないトイレは混み合うし、混み合う中人を待たせてメイク直しをするなんてあり得ない。

*

2時間半でドロドロに崩れてしまうベースメイク。

最低でも、5回はメイク直しが必要だと考えると・・・どう考えてもメイク直しなんて無理。

でも、メイク直ししないまま、ファンデーションがドロドロで過ごすのはもっと無理。

*

マスクをするにしても、昼と夜ごはんの時に外して食べないといけないので、それも嫌だという・・・。

*

今思い返すと、本当に自分が情けなくなってアホかと思いますが、当時はめちゃくちゃ真剣に悩んでいました。

*

皆が受験勉強で必死の中、私はニキビのことしか考えていませんでした。

*

結局、ギリギリまで悩んでいて、当日を迎えて予備校の前までは行きました。

が、メイク直しのことを考えるとあと一歩が踏み出せず・・・。

*

結局、この3日間は欠席の電話をかけ続けて、そのまま家に帰れないので予備校に行ったふりをしてネットカフェで過ごしていました。

以降、予備校に行くことはありませんでした。

受験勉強<ニキビの結果

結果、受験は見事に失敗しましたが、なんとか滑り止めの底辺大学には受かりました。

おそらく、この底辺大学は予備校に通わなくても受かるレベルの大学だったので、予備校代を出してくれた親には本当に申し訳なく思っています。

*

もし、ニキビがなかったら、私も必死になって受験勉強をしていたのだろうか。

*

大学に入ってからも、人目を避けたくて始めたアルバイトはラ○ホのベッドメイク。

本当はこんなところで働きたくなかった。

でも、ニキビを見られるのが嫌でたまらなかった。

自意識過剰なレベルで本当に嫌でした。

幼い頃から自分に自信が持てずにはいましたが、ニキビが出来てからはまさかこんなにニキビに影響された人生を送るとは思いもしませんでしたね。

ニキビを治すことが生きる糧

ニキビを気にしてばかりいた私ですが、あまりにも治らないニキビに対して、敢えてニキビを治すことを生きる糧にすることにしました。

もし私にニキビがなかったら、この世には生まれていなかったんだぐらいに思うようにしました。

*

ニキビを治すことは私の人生のミッション。

*

それ以外は何にもしなくていいと。

ここまで来たらニキビで精神が病んでしまったと言えるかもしれません。

*

それでも、自分の人生にニキビを好意的に受け入れることで、少しでも自分を否定せずにいられるのではないでしょうか。

少なくとも、このブログを開設したきっかけはニキビでしたから。

*

最終的には、良い人生を送ることにニキビの存在は関係ないという境地にまで達したいですね。

最後にニキビが原因で不登校になってしまった方へ

こんな私がアドバイスができる立場ではありませんが、

経験者としてニキビが原因で不登校になってしまう人の気持ちはほんの少しはわかっているつもりです。

*

不思議なことに、ニキビで悩んでいる人の周りにはなぜか肌が綺麗な人が多いんですよね。

そんな人達のそばにいると、自分の肌の汚さが際立ってしまって、余計に引け目を感じてしまいやすいかと思います。

もちろん、あなたがニキビで悩んでいる気持ちなんてその人達には到底わかるはずがありません。

*

両親でさえ、ニキビに悩んで学校に行けなくなった子供の気持ちを理解するのが難しいのです。

中学生や高校生はニキビが出来やすい上に各方面に対して多感な時期。

両親もその時期を通過してきた大人になったはずなのに・・・。

*

長々と綴りましたが、無力な私には不登校の子供を学校に行く勇気を沸かせることはできないでしょう。

なので、学校に行きなさいとも言いません。

ニキビが原因のいじめを受けているのなら、なおさら。

いじめっ子と長時間同じ空間で過ごすのも耐えられないでしょう。

*

ただ一つ言うとするなら

自分の人生をニキビにとらわれすぎないでほしい。

10代という限られた貴重な時間をニキビにばかり悩んで無駄にしてほしくない。

その時にしか経験できないことを思う存分体験してほしい。

*

ニキビのことしか考えてこなかった私のような失敗人生を送らないでほしい。

最後に、ニキビがあっても、自分の人生はすべて自分自身の責任ですからね。

*

一瞬一瞬を大切に生きていける自分であってほしいと心から願っています。

*

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました