嘔吐なし下剤コントロール型の過食症になって2年が経った現状

経験談

非嘔吐過食症になって約2年が経ちました。

現在26歳で、正確にはいつから過食症になったのかはわかりません。

記憶では、確か2018年の今頃だったように思います。

この記事では、私が過食症になった経緯と今の状況についてお話させていただきます。

※現在進行形のため、過食症の解決策は載せていません

※本人の苦しい状況や自己分析した結果を綴っているため、ご理解のある方のみお進みください

スポンサーリンク

過食症になる24歳までの経緯(ざっくり)

元々食べることが大好きで、生きている中で食べてる時が何よりも1番幸せだと感じていました。

1日中食べ物のことばかり考える日もあるくらい、食に対する執着は人一倍あったのではないかと自分でも自覚しています。

高校卒業後は1年浪人して食品系の大学に進学。

大学1回生の頃には周りに感化されて始めたダイエットで-10kg落としたこともありました。

食事制限ダイエットで10kg落とした後に現れた健康被害
ほんの少し前まで過食症非嘔吐に物凄く苦しんでいた私ですが、過去のダイエット話でモチベーションを上げようかと思って、今回の記事を書くことにしました。*2020.5.2現在の体重が48.7kg(身長154cm)で、過食する頻度は少し落ち着いてき

大学卒業後は大学院に進学しましたが、色々あって退学(これはまた別の記事でお話します)。

それからはずっとフリーターとしてアルバイト生活を送っていました。

私が過食症になったきっかけ

2018年7月、当時24歳の私は2年働いたバイト先を辞めて転職し、ビジネスホテルでの客室清掃に従事することに。

過酷な現場で2か月間で-7kg

経験された方にはわかると思いますが、客室清掃(ベッドメイク)はかなりハードな肉体労働。

ベッドメイキングだけでなく、バスルームの清掃もあります。

客室清掃自体は経験ありでしたが、前のバイト先でも同じだったように慣れるまではキツイ。

この当時は朝食も昼食も抜いていました。

朝食は食べても、ミルクティーとお菓子のみ。

昼食は10時から16時30分までのシフトで、その間は休憩なし。

忙しい日は17時半くらいまで残業して帰る時も。

なので、私は昼食はいつも持ってきていませんでした。

帰ってからも、疲れすぎて食欲が湧かず、夜ごはんでさえあまり食べれなくなってしまいました。

そこで働き始めて1か月後には4kg落ちていました。

しばらくこの状況が続いて、別の店舗に異動になってさらに忙しくなった時には体重が39kg台まで落ちていました。

入社前は46kg台だった体重が、2か月後には39kg台(身長154cm)に。

周囲の人にも体型の変化に気づかれるくらい痩せていきましたね。

仕事着のズボンもぶかぶかになって、ワンサイズ下げたり。

食べなきゃ死ぬと身体が叫んだ

体重が39kg台になった時に、頭の中か、身体の叫びなのか、

“食べなきゃ死ぬ”

っていう声が聞こえてきた。

それからは夜ごはんは朝昼を補うように意識して食べるようになってからは体重の減少は止まった。

このままではもう耐えらないと身体から警告が出ていたんだと思う。

甘いものが過食の起爆剤に

次第に、帰りによくコンビニでお菓子を買うようになった。

最初は小袋に入ったちょっとしたお菓子1つくらいでした。

*

昼食抜きで働いているとやっぱり甘いものが欲しくなる。

家に着くまで空腹がもちそうにない。

この時多分超低血糖状態にあったのかもしれない。

*

仕事を頑張った自分へのご褒美。

帰りの電車を待ちながら、ホームで買ったお菓子をつまむのが楽しみだった。

今考えるとこれが過食への幕開けでした。

食べても食べても体重が増えない喜び

体重の減少は止まったものの、いくら食べても体重が増えないのが嬉しかった。

実際は昼食を抜いた分、身体を動かしまくっているのだから、何もしないで体重が維持出来ているわけではない。

最初は食べられなくて顔までゲッソリしてしまった身体も少し落ち着いて、まだ痩せてはいるものの自分にとってはちょうど良い身体の細さだったので、

この体型をキープしたいとさえ思いました。

体重が増えることへの謎の焦り

今まで食べられなかった時期の反動なのか、

夕食にプラスして、食後のデザートにコンビニで買ったデザートやお菓子が何品かつく日も増えました。

そうしているうちに、仕事で消費したカロリーよりも食べるカロリーの方が上回ってきて、徐々に体重が増えていきました。

入社して4か月後の11月には、体重が44kgくらいに戻って焦った記憶があります。

一度痩せた身体を見ると、それが心地よくなり、手放したくなくなる。

増えていく体重にどんどん嫌悪感を抱くように。

甘いものが辞められない

喉が渇いた時の水と同じくらい、働いた後に食べる甘い物が美味しかった。

特にチョコレート。

職場の人にたまにもらっていたチョコレートには中毒性を感じるくらい。

▲フルグラ+ハーシーズのチョコソース

一時期、フルグラにハーシーズのチョコソースをかけて食べるのにハマって大変だった記憶があります。

その中に、割った板チョコを混ぜたりとアレンジもして。

とにかく甘いものを毎日食べていましたね。

特に2019年に入ってからは、仕事終わりは家の近くにあるローソンに通うように。

ローソンのスイーツって、コンビニの中で1番美味しくて甘さが強い気がする。

母と食べに行った時にはお店で何品も甘い物を選んで食べて呆れられてしまいました。

▲くら寿司のデザート(写真は一部)

深夜の夜食に見事にハマった

2019年に入ってからは、どんどん食欲にエンジンがかかってきた。

次の日が休みの日は夜遅くまで起きてごはんを食べることも増えていった。

実は夜食自体、あまり経験したことがなかったんです。

夜シフトで働いていた時は、深夜に帰ってきて食べることはあっても、夜ごはんの後に別でごはんを食べるということは全然なかった。

どちらかといえば、今まで健康的な食生活を送ってきた方だと思います。

ジャンクフードや甘いもの、脂っこいものに極端にハマるということもなかった。

理由はずっとニキビに悩まされてきたので、ニキビに悪い食事や生活習慣を送ることにとても抵抗があったから。

ですが、当時ニキビ治療で強力な薬を飲んでいたこともあり、ニキビが改善してきたので気が緩んだのでしょう。

深夜のカップラーメンの旨さを知ってしまった。

ここまでの話は単に身体が食べ物を必要としていた、orちょい食べすぎレベルだと思います。

仕事が肉体労働である以上、普通より食べてしまうのは仕方ない。

この時点では、食欲が爆発しているけど、過食とは思わなかった。

本当の過食症の恐怖はこれからだった

再び転職するも悪化する過食

再び転職することになった2019年4月には体重が入社前と同じ46kg台に戻っていました。

身長154cmの私にとっては、この体重は普通体型で、見た目的にも問題はない。

でも、身体の調子が良いと感じるのは43~44kgで、見た目的にも1番理想。

体重が増えてからは何度もこの体重まで落とそうと奮闘していましたが、食欲のコントロールが出来ない状態にありました。

この時は確かめちゃくちゃ甘い物を欲していた。

空腹満腹関係なく、甘い物を食べずにはいられなかった。

再就職先が今の職場なのですが、仕事に慣れるまではかなりハードではあったものの、慣れれば前の職場よりもかなり楽になった。

にもかかわらず、過食は悪化する一方でした。

▲非嘔吐過食症のローソンでの購入品(一部)

食べる量も増えたので、いくら働いても体重は減らなくなった。

この頃はWワークで週1回休みがあるかくらいでまあまあしんどかったはずなのに、その分食べていたから体力は落ちなかったし、全然痩せなかったですね。

休みを犠牲にしてご褒美で食べるという感覚だったので、我慢して働いた分もっと食べれると思い込んでいた節もあったんだと思います。

働けば食べることが許される、自分の中でのルールが存在していたのかも。

1か月のローソンで買うデザート代だけで、1万円を超える時もあった。

休みの前日に下剤服用

休みの日の体重コントロールはどうしていたか。

仕事がある日は過食しても体重は大して増えなかったけど、休みの日は過食した分だけ体重が増える。

過食による体重増加の罪悪感から、嘔吐に奔ってしまう

あるいは、

過食症=“吐く”という埋め合わせ行為ありきで考えている方も多いかと思いますが・・・

私は嘔吐恐怖症なので、絶対に吐きません。

食べてどんなに後悔してしまってもどうしても吐けないのです。

↓の記事では嘔吐恐怖症につい熱く語っています。

ノロウイルスが流行る時期が怖い嘔吐恐怖症の苦悩
突然ですが、嘔吐恐怖症という言葉を知っていますか⁇誰かと会話の中ではなかなか話題には上がらないので、知っている人は限定されているでしょうが・・・。*嘔吐恐怖症とは、自分が吐くことや他人が吐いているところを見ることに恐怖を感じるという、パニッ

体重が増えることよりも、吐く方の恐怖の方が圧倒的に上回ります。

なので、下剤をよく飲んでいました。

昔10kg落とした時も最初は下剤を使っていたけど、下剤に頼る時はあくまでも便秘の時だけだった。

この頃になると、食べる→下剤で調整する(出す)、という思考しか結びつかなかった。

下剤の量は状況に合わせて飲んでいたので、無理な量を飲んだことは一度もないです。

ですが、食べる量が増えるにつれて、確実に下剤を使う頻度が増えていったのは確実。

休みの日の前夜から休みの日丸一日かけて過食するので、休みの日の前日に下剤を仕込んでおくのがいつものパターンでした。

食べ物への執着が増した

仕事のある日の朝はとにかく寝たいので、あまり食べません。

食べたとしても、飲み物とお菓子か、食パン1枚くらい。

大体休みの日に丸一日過食しているので、体重コントロールのために仕事のある日は朝と昼は飲み物以外口にしないようにしていました。

休みの日の前夜に食べ過ぎて、たまに休みの日の半日は断食したりしていましたが、我慢できず結局夜には爆食することが多かったです。

過食する時はいつもカロリーを気にしないで自分が食べたいと思うものしか食べないようにしています。

妥協して安い食材やカロリーが低いデザートを選ぶと、余計に執着してしまって満足しないのです。

ずっと食べ損ねた食べ物のことばかり考えてしまって、胃の中に入れるまでずっと執着してしまって辛いから。

食べても食べても満たされない

お腹がはち切れる寸前、胃が壊れそうになるまで、

満腹を超えるまで食べるようになったのは2020年に入ってから。

それまでは甘い物を大量に食べていたので、甘さにやられて気分が悪くなった時点で食べるのを止めていた。

▲非嘔吐過食症の食事(一部)

甘い物の次にハマったのが炭水化物。パンや麺類だ。

相変わらず、甘い物は止められなかったけど、ごはん系の炭水化物に切り替えたら全体的にもっと食べられるようになった。

中でも小麦粉系の炭水化物は中毒性があっても、もっともっとと欲しくなる感覚に襲われる気がする。

量を食べられるようにはなったけど、徐々に胃の限界や満腹感もわかってきた。

甘い物ばかり食べていた時はこの辺の感覚がいまいちわからなくて、底なしの状態というか、食べている時がハイに近い状態だったから。

ですが、ごはん系の炭水化物を食べる量が増えてきてからはそれが明確にわかってきた。

それでも、自分が納得するまで食べ続けた。

しばらくすると段々何を食べたらいいのかわからなくなりました。

時には食べていた途中で止めて捨てて、別のものを作って食べたりもしていた。

いつの間にか冷蔵庫の前から離れられなくなった。

嫌なことや不安なことがあると過食衝動に駆られる

自暴自棄で過食に奔ることってあまり自分の中ではなかったと思う。

衝動的に食べたいと思っても、とりあえず口に食べ物を放り込んでおくとかはなかった。

少し前までは気分や感情次第で過食に奔るということはなかったのです。

過食=頑張っている自分のためのご褒美くらいの感覚でした。

頑張っているというか、我慢している自分へという方が合っているかもしれませんが。

いつ頃からか、嫌なことがあるとむしゃくしゃして過食に奔るようになってしまいました。

私の場合、嫌いな人と一緒に働いた日や周囲の人に雑に扱われたと感じた日に過食に奔る傾向にあるようです。

なんでそうなったのかは不明ですが、イライラと空腹感が共存して繋がってしまったのでしょうか。

相変わらず、仕事のある日は朝昼抜くので。

夜中まで過食or夜中に起きて過食

先にも書きましたが、夜中に食べるごはんが最高に美味しく感じるのです。

特に次の日が休みならなおさら。

休みの日の前夜は夜7時から食べて夜中の12時まで食べている時も多くて、過食が治まらない時はまだ食べたりなく感じて夜中の4時にカップラーメンを食べることもありました。

これがすっごく美味しく感じた。

でもこの時ばかりは自分って異常なのかもしれないって思った。

今では夜中まで食べることは完全になくなりましたが。

ダイエットと過食のくり返し

私の身長は154cmですが、過食を始めてから46~50kgの間を行ったり来たりしています。

大体1kgずつ段階を踏んでいって、46→47、47→48・・・というように増えていく感じですね。

仕事がある日は過食しても大体1.1~1.7kg近く落ちているので、仕事のおかげで体重がそこまで増えなくて肥満にならずに済んでいます。

それでも痩せたくてたまにフラフープで30分くらい運動することも。

過食しすぎて仕事に行っただけじゃ落とせないと思った日は懺悔の運動(フラフープ)をやっていましたね。

*

が、今年(2020年)の2月から新型コロナの影響で出勤日数が大幅に減ってしまい、家に引きこもることも増えてからさすがに体重をキープするのが難しくなりました。

仕事がなくても過食が止められずにいた。

▲フィットネスバイクSTEADY

そこで3月末から楽天でフィットネスバイクを購入してから、仕事がない日はいつもこれで運動して体重が増えないように維持することに。

仕事がどれだけハードだったかを思い知らされましたね。

フィットネスバイクを3時間くらい漕がないと食べた分の体重を減らすことが出来ないのです。

3時間で大体900kcalを消費するのですが、これがかなりキツい。

それでも運動に拘束される時間が勿体ないと思えば、体重維持のみならず過食も治るのではないかと思いましたが無駄でした。

*

そして、コロナの自粛で5月、6月と2か月間仕事がなかった時。

私のツイッターでは、5月からダイエット垢として1週間ごとに体重の記録を更新していました。

本気でダイエットをしようと決意して、しばらくは順調に体重を減らすことが出来ていて過食することもなかったのですが、何かあったのでしょうね(覚えていない)。

今でも体重記録が残っているので、見てくださればわかるかと思います(敢えて消しません)

過食欲が爆発して元の過食の毎日に戻ってしまいました。

ダイエットをしてる時は別に無理して過食を抑えていたわけではなく、上手くコントロール出来ていた方だと思っています。

本当に健康的な生活を送れていたのに、なんでかな。

過食症になって2年が経った今(2020.9現在)

この記事を書くにあたって、当時の食事をもっと記録しておけば良かったと後悔しています。

言い訳すると、食事の写真を撮る余裕がなかった、すぐに食べてしまいたかった。

文章だけ読むと、全然普通の人じゃんって思ってしまうなあ。

自分で過食症に仕立てているのかもって。

全然大したことないじゃんって書いてて思いましたね。

*

私が過食症になってしまったのは、多分一時的に39kg台まで体重が落ちた時から始まっていたのかもしれない。

身体が飢餓の状態にあると、食べ物を摂取してエネルギーを作らなきゃっ、生命を維持しなきゃって身体が望んだのだと。

それって、一種の拒食の状態と似てるよね。

拒食症から過食症になる人は多いって聞いたことがあります。

あとは低血糖症から来る症状(シュガーハイ)と言われることも。

*

私は元々の性格か、過食になってから形成された考えか、

常にゼロにしたい、空っぽにしたい、全てなくしたい、という風に思ってしまいます。

あ、この考えとは矛盾していますが、部屋は物で溢れているんですがね。

*

本当に自分は過食症なのだろうか。

*

摂食障害になる人の性格に私は一つも当てはまりません。

最初に転職した職場では、摂食障害を克服された人が2人いらっしゃいました。

1人は拒食症からの過食を克服、もう1人は拒食症を克服。

お二人とも雰囲気がとても似ていて、真面目で忍耐があって、周囲への気遣いができる優しい方という印象でした。

勝手ながら、この2人なら摂食障害に陥りやすい人の特徴には当てはまるかもと感じました。

*

確かに食べている時が幸せなのですが、最近は食べ終わった後がすごく疲れる。

たま50m全力疾走してきたくらいの体力の消耗を感じる時があります。

食べて栄養補給しているはずなのにね。

*

過食になった経緯からごく最近のことまで長々と書きましたが、

過食のレベルは今の方が格段に上がっているように感じます。

過食する頻度も増えたし、昔よりもいっぱい食べられる。

今では、短時間でパン1斤食べた後に、麺類全て制覇して、甘い物を食べることができるんだ。

少し時間を空ければもっと食べられます。

お腹は苦しいですが、言い表せない渇望感があるのです。

*

休みの日に過食して1日で2.3kg増えたこともありましたね。

ついこの前、8月30日には体重が50kgに到達。

下剤だと排出されるまでに腸を通ってある程度体内に消化・吸収されてしまうので、吐くよりも太ると思う。

それでも体重がある程度でとどまっているのは、仕事とフィットネスバイクのおかげかな。

じゃないと、50kgなんてとっくの昔に通過しちゃってますね。

*

私はまだ食べ物を美味しいと感じられる状態ではあります。

相変わらず、食べることが唯一の楽しみ。

食のこだわりというか、(ある程度栄養面を考慮しつつも)自分が食べたいと思う物しか食べません。

何でもかんでも手あたり次第食べるというところまでは行きつけないようで。

*

ただ食べた後の後悔(体重が増える後悔)よりも、脱力感があってすごく疲れる。

それに加えて、胃や膵臓が痛い、食道が焼ける、口の中が下水道臭い。

もう食べるの辞めたいってなっても次の日にはリセットされる。

それが辛い。苦しい。

食欲というか、自分を抑えること、封じ込めることができないことが何よりも辛い。

摂食障害の克服で、自分が決めた、自分との約束は破らないっていうのが1番難しい。

*

最近は浣腸に手を出すようになった。

そんなに頻繁に使っていなかった下剤だけど、相性が悪いのか、ただの食べすぎなのか、お腹の調子がおかしくなってきた。

時々お腹の左側が熱くなってしぶるように感じます。

そういう時は浣腸の方が意外と使い勝手が良いことに気づいてしまった。

*

過食を辞めたいと思っても、過食するのが楽しみでもある。

ただ、食べることに囚われてコントロールできないのが辛い。

これは一生を賭けての課題なのかもしれない。

*

同じ話ばかり繰り返してしまって読みにくかったらすみません。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

過食症の何の解決策にもなっていなくてごめんなさい。

*

同じような流れで過食症になってしまった方、いらっしゃいますか⁇

少し前にTVでやっていた過食症治療で催眠療法を知りましたが、あれってどうなのでしょうか⁇

できれば一人で治したいところですが、

過食症の治療には第3者による介入がもしかしたら必要なのかもしれないと思う時があります。

先ほどお話した摂食障害を克服された人達は恋人の支えや病院でのカウンセリングで治療されたそうなので。

昔、TV番組で紹介された摂食障害の例でも、恋人や友人の存在に支えられて克服することができたと放送されていた記憶があります。

私にはどちらもいないので無理な話ですが・・・

2020年が終わるまでに過食症改善について前向きに検討していきたいと思います。

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました