口ゴボ女、キレイライン矯正を始めて7か月後

キレイライン矯正

先日、最後のマウスピースの型取りに行ってきたよー!

最後と言っても、3クール分のマウスピースの型を作ることになるそうだ。

私が選んだ治療プランは治療期間が約9か月間の7回コース(約25万円)なので、

4クール目に入った時点で治療の半分が終わったよ。

いよいよ治療も後半戦に突入だぁ。

あと2か月後には治療が終わっているはずだけど、その倍はかかりそうだ(汗。

マイペースすぎる私のマウスピース矯正、

キレイライン矯正を始めて7か月後のレポ~~~!

スポンサーリンク

キレイライン矯正5回目の来院(型取り)

4回目の来院は前回から約5か月ぶり。

2021年に入って初めてクリニックに行った。

これまでの治療スケジュールでいくと(1クール目~4クール目まで)、

▲キレイライン矯正治療スケジュール(1クール目)
▲キレイライン矯正治療スケジュール(2クール目~4クール目)

1日の装着時間20時間以上をきちんと守っていれば、

2クール目のソフトを使ってから、約2か月後には最後のマウスピースの型取りになる。

でも、私はちゃんと守っていなかったから、

しっかり歯を動かすために倍以上の期間を延長してマウスピースを装着し続けたんだ。

2月8日から装着していた4クール目のソフトも結局延長して、

本来3週間でいいところを、来院する3月25日まで約1か月近く延長した。

*

ちなみに、写真の【▲ご来院】はマウスピースの型取りのことで、

その後に出来上がったマウスピースをもう一度受け取りに行かないといけない。

今まで来院した回数は、初回のカウンセリング込みで、合計で5回。

*

5回目の来院時の流れは、1クール目のソフトが終わった後の3回目の来院での型取りと同様。

口ゴボ女、キレイライン矯正を始めて2か月後
口ゴボ女がキレイライン矯正を始めて2か月後の記録。3回目の来院時、果たして1クール目のソフトマウスピース3週間装着後の歯は動いているのか。治療スケジュールがマイペース気味ですが、キレイライン矯正を始めて1か月後に1クール目のハードマウスピースに移行。ハードマウスピースの着け心地やアフタ(口内炎)発生、4回目のホームケア...

口の中に機械を入れられてスキャンされたり、口を開けながら器具を持って写真を撮られたり。

これ、めっちゃ苦手だった・・・。

診察椅子の目の前が全面鏡張りだから、口を器具で思いっきり引っ張って開けてる自分の姿が映って思わず吹き出しそうになった。

*

モニターで機械でスキャンして取り込んだ今の歯の状態を見せてもらった。

1日20時間以上守れていないけど、その分日を伸ばして装着し続けたので、しっかり歯が動かせているそうだ。

キレイライン前の写真と比較すると明らかだった。

特に上の歯の左右3~4番目の変化が著しかった。

というか、この部分の歯の傾きはあまり気にしていなかったんだけど、すっごく改善していてびっくり!

下の前歯も全クールが終われば完全に整うと思うし、今でも見た目はもう完璧に近い。

でも、肝心の上前歯2本の傾きは思っていたよりも変化なかったのが残念だった。

歯茎が後退するのはブラッシングのせい?

口ゴボ女、キレイライン矯正を始めて6か月後
口ゴボ女がキレイライン矯正を始めて6か月後の記録。キレイライン矯正を始めて歯肉炎が悪化した話やそのケア方法、4クール目のソフトマウスピースに突入したことをまとめています。今更だけど、マウスピース矯正を選んだことに後悔中。ワイヤー矯正にしておけば良かった!

(↑)前回の記事にも書いたけど、歯肉炎が気になっていたので、

マウスピース矯正で歯肉炎が悪化したり、歯茎が後退したりするのか歯科衛生士さんに聞いてみた。

その結果、“マウスピースで歯茎が後退したり歯肉炎になるのは考えられない”そうだ。

実際にキレイライン始める前と今の歯ぐきの状態を比較してもらったら全然変わっていなかった(安心)。

マウスピースがどうのこうのよりも、歯磨き(ブラッシング)の強さのほうが影響するらしい。

そんなにガシガシ力を入れて歯磨きしなくても大丈夫と言われた。

歯は綺麗に磨けていると褒めていただけてめちゃくちゃ嬉しかった(涙。

これで治療を終えても良いと言われた

モニターと診察で今の歯の状態をチェックしながら、

医師に、“これでほぼ完成型です。ここで治療を終えても良いので、残りの治療代は返金しますよ”と言われた。

これは最初のカウンセリングの時に、4回コースを勧められたこともあって納得したんだが・・・。

私的にこの結果ではけっこう不満で・・・、

*

前歯の傾斜もだけど、もう少し前歯を引っ込めたい!

*

でも、医師には、

このくらい前歯が出てるのは当たり前だし、そもそもまっすぐに生えた前歯なんてない。

今の状態で口腔内の歯ぐきの形も綺麗なアーチ状なので、これを崩してまでは無理だが、下の前歯が当たらない程度でもう1~2mmだけ前歯を下げることはできますよ

ただし、今までよりも劇的な変化は見込めないと忠告された。

それでもお願いしますと伝えて、治療を続けることにした。

*

出来上がったマウスピースは郵送可能だそうで(なんでだろう?)、受け取りに行く必要がなくなった。

最後の診察は7クール目が終わった時点で、

今後まだ続けるか、これで終わるか(最後に後戻り防止のマウスピースを受け取る)を決めることになる。

これはまだ先のことだが、丁寧に説明してもらった。

キレイライン矯正7か月後の口ゴボの変化

キレイライン矯正を始めて7か月が経った!

口を思いっきり開けた時の歯の状態(正面&横)のビフォーアフター(↓)。

この上の前歯2本の長さを最終的に削ってもらおうかなって考えている。

*

肝心の口ゴボの変化というと・・・

撮る角度が定着していなくて比較しづらくて申し訳ない。

撮る角度は統一出来ていないけど、多分変わってない。

キレイライン矯正を始めて7か月が経ったけど、口ゴボの変化はなし。

今後の歯の変化があまり見込めないというなら、もう変わることはないかもしれないけど、

私は整形経験者だから余計に思うところがあって、

前歯1~2mm下げることの差はそんなに小さくないように感じるんだ。

ほんの少しの変化でも期待してみたいなぁ。

私はワイヤー矯正を諦めてしまったし、キレイラインで口ゴボが治らなくてもそれなら別に良い。

ワイヤー矯正にしておけば良かったなと度々思うけど、今できる限界のことがやれたなら満足。

また気になったら、その時に熱量を注ぐから。

キレイライン矯正前と7か月後の口ゴボ比較

口ゴボの変化を再確認するために、キレイライン矯正前と矯正後7か月経った時と比較してみた!

矯正前(2020.8.25)の写真は顎を突き出して撮っていて、矯正後(2021.3.25)のほうは顎を引いてる。

本当にわかりづらいけど、変わっていないと思う。

矯正を続けていて感じたことは、口を閉じる意識を持つようになったこと。

昔よりも口元が引き締まった感じはするかな?

前の写真で顎を突き出しているのもその証拠だと思うし。

私は鼻炎持ちだから、どちらかといえば口呼吸になりやすいんだ。

それが気になってから、家にいる時や寝る時は口呼吸防止テープを貼っている。

*

(↓)は、完全な横顔がじゃないけど、いつもと違う感じのアングルで撮ってみたやつ。

口元ブスには変わりないけど、気にするほどでもないかもしれない。

これに大金賭けるほうがお金も時間も労力の無駄になるように段々感じてきた。

それよりも肌のほうを先に治せよと言われかねない。

*

ちなみに、キレイライン矯正を始めるずっと前の横顔写真を見つけたから、それでも比較してみようかな(↓)。

この時(2019.8.20)は鼻の整形をしてないから、これまた比較しづらいけど(笑。

鼻の整形箇所は鼻先(鼻尖形成)!

わかりにくいけど、口呼吸防止テープ(サージカルテープ)を貼ってるよ。

横顔の写真を撮る時は口に力を入れないように、意識しないで自然な状態で撮ってるからその辺はすべての写真で統一出来ている(後はアングルを改善しないといけない)。

約2年前と現在を比べても、キレイライン矯正による口元の変化は感じられないな。

まぁ、最後までキレイライン矯正をやり遂げるさ!

過剰な期待はなしにこれからも1か月後のレポを書いていくね。

口ゴボの原因は口元の皮膚の厚み?

上顎が発達してるには違いないけど、歯列矯正や整形で骨格を変えるような大掛かりなことはもう諦めているから、

それ以外でできることを探したところ、

最近思ったことは口ゴボではあるはずだが、唇周辺の皮膚が分厚いように思う。

上唇をべろんっとめくると、思っていたよりも口元が出てない(ように見える)。

この口元の厚みを減らしたら、口ゴボが多分今より目立たなくなる気がするんだよね。

今度、BNLS注射(脂肪溶解注射)を打ちに行く予定だから、その周辺の皮膚の厚みが改善出来そうか相談してみる。

またその時はブログにアップするね。

*

ではでは。


コメント

タイトルとURLをコピーしました